挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

31 結婚式篇

1178/1568

31-45 銀のスプーン

「できた」
 およそ3時間後、仁とエルザは『メリーゴーランド』を完成させた。
 回転速度、音、仁から見てまずまずの出来である。
「わあ、楽しそうな音」
 からんころんからんころんと鳴りながらくるくる回るメリーゴーランドは、見ていて飽きない。
 色も原色に近い明るい色をふんだんに使い、子供向けとしたつもりの仁。
「よし、これを量産して、カイナ村にも『出産祝い』として配ろう」
「ん、いいと思う」

 そして仁たちは20個のメリーゴーランドを作った。
「よし、赤ちゃんがいる家に配るとするか」
 仁がそう言うと、ハンナが配る、と言いだした。
「あたしが配ってきてあげる。おにーちゃんとエルザおねーちゃんは休んでていいよ」
「え、そうか? ……じゃあ礼子、荷物持ちをしてあげてくれるか?」
「はい、わかりました。ハンナちゃん、行きましょう」
「うん!」
 今新生児のいる家は全部で7軒。礼子がメリーゴーランドを6つ、ハンナが1つ持ち、2人は出掛けていった。

*   *   *

 残された仁は、また別の贈りものを思いつく。
「それに加えて、ラインハルトのところには銀のスプーンも贈ろうか」
「?」

 仁が言いだした『銀のスプーン』とは、現代地球での『銀のスプーンをくわえて生まれてきた子どもは幸せになる』という言い伝えによる。
 また銀には魔除けの力があると信じられ、神聖なものとして使われてきた経緯があるのだ。

 というようなことをエルザに説明する仁。するとエルザは俄然やる気を見せた。
「それ、素敵。是非、私に作らせて欲しい」
「ああ、いいとも。それじゃあエルザに頼もう」
「ん、任せて」
 デザインに関して、仁はエルザを信頼している。
 銀92.5パーセント、銅7.5パーセントの銀合金、925銀別名スターリングシルバーを仁は用意した。
 それをエルザが加工する。
「『変形(フォーミング)』」
 銀の塊が一瞬淡く光り、形を変えていく。
 そしてスプーンが出来上がった。
「おお、いいな」
 全体的に丸いデザインで、柄の部分にはランドル家の紋章が刻まれている。
「離乳食を食べさせるときにも使えるな」
 記念として使わずにしまっておく人もいるようなので、どちらでもOKなものとしたようだ。
「これをきれいな箱に入れて届けるとしようか。ええと、時間は……」
 カイナ村では午前11時30分。時差は約3時間なので、カルツ村は午前8時30分頃のはずだ。
「大丈夫そうだから行ってくる」
「待って。私も行く。だからハンナちゃんとレーコちゃんが帰ってくるまで……」
「ああ、そうだな」
 エルザの言葉に仁も全面的に同意した。

「ただいまー、おにーちゃん、おねーちゃん」
「ただいま戻りました」
 それから10分ほどでハンナと礼子が帰って来た。
「お帰り。それじゃあ、ちょっとこれを渡しに、ラインハルトの所へ行ってくるよ」
「うん、行ってらっしゃい、おにーちゃん」
「はい、お伴します」
 ハンナと礼子はそれぞれの答えを返す。
 というわけで、仁とエルザはハンナに見送られて、ラインハルトの領地であるカルツ村、『蔦の館(ランケンハオス)』へと移動したのであった。

*   *   *

「やあ、ジン、エルザ! よく来てくれたね!」
 テンションの高いラインハルトが2人を出迎えた。
「エルザ、おかげさまでベルチェももう起きられるようになったよ」
「そう、よかった」
 エルザの治癒魔法で、ベルチェの身体は健康になっていたのだが、愛妻家のラインハルトは大事をとっていたのである。
「それで名前も決めたんだ! 聞いてくれるかい?」
「ああ、もちろんさ。……で?」
「『ユリアーナ』。『ユリアーナ・ランドル』だ」
「『ユリアーナ』か。いい名前じゃないか」
「ん、『ユリ』ちゃん。可愛い」
「そうだろうそうだろう!」
 ラインハルトは上機嫌だ。
「それで、これ、俺たちからのお祝いだ」
 仁は、まずメリーゴーランドを渡す。
「何だい、これ?」
 当然の質問。
「これは天井から吊して、こうするんだ」
 仁は、適当な場所にメリーゴーランドを吊るし、動かして見せた。
 からころからころ、からんころんからんころんとリズミカルで軽妙な音が鳴る。
「おお、面白いな!」
「赤ちゃんをあやす玩具なんだよ」
「なるほど! ジンのいた世界にはこういうものがあったのか! ありがとう、ジン、エルザ!」

 その間にエルザは、スプーンに『ユリアーナ』と追加で刻んでいた。
 そして、
「ライ兄、これも私たちから」
 と言って差し出した。もちろん、きちんと梱包し直して、である。
「おお、ありがとう! ……これは?」
「銀のスプーン。ジン兄のいた世界では……」
 と、伝承を説明する。
「なるほど、そうか! ありがとう、ジン、エルザ! ……ああ済まん、ベルとユリに会ってやってくれ!」
 そこで仁とエルザはラインハルトにより、館の一室に案内された。
「あ、いらっしゃいませ、ジン様、エルザさん」
「やあ、ベルチェ」
 ベルチェはもう床を離れていて、赤ん坊……ユリアーナをあやしているところであった。
 ユリアーナは天蓋付きの寝台に寝かされていた。今は起きているようだ。
「ベル、仁たちからこれをもらったよ」
「まあ、何ですの?」
「『メリーゴーランド』っていうんだ。これはこうして……」
 ラインハルトは早速天蓋にメリーゴーランドを取り付けた。そして一言。
「『動け』」
 すると、メリーゴーランドはゆっくりと回り始めた。同時に軽やかな音が鳴り始める。
「まあ!」
 目を見張るベルチェ。
 ユリアーナはきゃっきゃっとはしゃぎだした。
「おお、喜んでるみたいだ」
「まだ目は見えていないと思うけど、音は聞こえているだろうからな」
 ご機嫌そうなユリアーナを見ていると、仁の顔にも自然と笑みが浮かんでくる。
 そしてそれは隣にいるエルザも同じようだった。
 ラインハルトとベルチェも、2人の愛の結晶を見つめ、幸せそうに微笑んでいたのである。

 ベルチェも、名前入りの銀のスプーンをその由来を聞いて喜んでくれたのは言うまでもない。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ