挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

31 結婚式篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1173/1683

31-40 クライン王国の工夫

 6、7、8という夏の三か月は夏時間ということで他の季節より1日短いため、8月は29日で終わりである。
 その29日、仁たちはクライン王国にいた。

「ジン、久しいのう」
「世界会議以来ですね」
 王城に着いたあと、応接室に案内された仁たちは、リースヒェン王女からの接待を受けていた。
 もちろん、実際に給仕を行うのは侍女達である。
「そうじゃな。……アーネスト様はお元気じゃったか?」
「はい。今は熱心に魔法工学を学ばれてます」
 周囲の目もあるので、敬語と砕けた口調の中間くらいの話し方をしている仁である。
「エルザ、おめでとう」
「ありがとう、ございます」
「おかげで父上もその後は食に気を使っておるのでな。調子もいいようじゃ」
「それは何よりです」
 そんな当たり障りのない話を交わしながら、一同お茶を飲んでいると、更なる来客があった。
「『崑崙君』、失礼する」
 第2王子のアーサーであった。
「これからの段取りを説明したい」
 この王子が進行役らしい。
「前夜祭として、今夜王城の大広間で小規模なパーティ。明日が本番で、朝の9時に王城を出て、市内をパレードしてから王城に戻り、そのままうたげに……」
「やっぱり宴会があるのか……」
「それはそうじゃよ。それが目的じゃから」
「ですよねえ……」
 たまには披露宴抜きの国はないかと思う仁であるが、そもそも披露宴のために各国を巡っているのである。
 そんなことを考えるあたり、かなり思考回路が疲れているようだ。

「……で、明後日は本当の内輪だけで後夜祭という名目のお茶会を予定。以上」
「……わかりました」
 どうしても、各国のやり方が似てしまうのは仕方ないようだ、と、仁は諦観を持ったのである。

*   *   *

「何か変わった趣向とかあるかと思ったんだが……いや、期待しているわけではないよ」
 リースヒェン王女とアーサー王子がいなくなり、仁とエルザ、礼子だけになった時。
 仁がそんなことをぽつりと呟いた。
「エゲレア王国ではゴーレムの芸をいろいろ見せてくれたけれど、あれは例外かもしれない」
 それにエルザが答える。
「そうなんだろうけどさ……一番面倒、というか苦痛な、貴族達からの挨拶だけは分身人形(ドッペル)に任せているんだから文句も言えないか」
 これには、各国貴族の情報を老君に記録してもらうという側面もある。
 自分が逆にもてなす立場だったとしても、そうそう奇抜なことを行うわけにもいかないだろうと考え、仁は仕方ないことだと自分を納得させたのである。

*   *   *

 そして、夜になった。
「へえ……」
 大広間に足を一歩踏み入れた仁は、そこが新たな飾り付けで彩られていることに気がついた。

 ところでクライン王国は、この年の冬から春にかけて飢饉一歩手前にまで追い込まれており、その財政はかなり厳しい状況である。
 実際、代替わりして友好国となったセルロア王国から5億トール(およそ50億円)の借金をしているのだ。
 そのため、飾り付けは華美ではない。
 だが、よく考えられ、計算された飾り付けがなされている。

 例えば、飾りの数は多ければゴテゴテして見え、少なければ貧相に見える。
 普通は見栄もあって多めに飾ることが多いのだが、そこを工夫、考えて、最適な個数にしてある点。

 また、配置にも、美しく見えるやり方がある。『リズム』を感じさせるように配置するのがそれだ。
 一定間隔では、隙間が空いていると間延びして見えるが、微妙に間隔を変えていくと、その隙間が意味を持つようになってくる。
 いわば『空間』を感じるようになるのだ。

 そして、色。
 膨張色と呼ばれる暖色系の色と、収縮色といわれる寒色系の色をうまく組合わせることで、部屋の閉塞感を減らせたりもする。

 そうした工夫が随所になされていることに、仁は驚いていた。
 仁は高校での芸術科目として工芸を選択したので、こうしたテクニックを、デザインの初歩として授業で聞いたことがあった。
 が、デザインの苦手な仁は、応用がうまくできずにいたのに、この異世界でそれを実際に行っていることに、素直に感心したのである。

 そうして飾り付けられた大広間には、以前仁が作った汎用ゴーレム10体が並んでおり、仁たちが入っていくと一斉に深くお辞儀をした。
 以前、イナド鉱山で秘密裏に採掘を行った際に、その半数が失われてしまったが、残った10体を大切にしているところを見せたかったのだろうと思われる。
 更に、工学魔法『明かり(ライト)』を使い、仁とエルザ、そして従者である礼子に、いわゆる『スポットライト』が当たるように演出されている。
(新しい試みだな……アーサー王子の発案かな?)
 このようなことを考えつくのはアーサー第2王子ではないか、と心の中で考えている仁であった。

 そうした、細かな工夫を見出すことに専念していると、いつの間にかうたげは進んでいく。
 前夜祭ということで、仁の知っている顔ぶれが多い。
 アロイス3世をはじめ、アーサー第2王子、リースヒェン第3王女、といった王族。
 宰相のパウエル、ジャクソン・レッド・バドス産業相、クラロト・バドス・ケーリス魔法相、ファダス・ロフス・フェアグラム防衛相ら重鎮たち。
 近衛女性騎士隊隊長ジェシカ・ノートンと副隊長グロリア・オールスタット、シンシア・カークマン、ティファニー・バルダックといった女性騎士は、警備をしつつも場に華やかさをもたらしている。
 そして男性騎士としてハインツ・ラッシュ、ベルナルド・ネフラ・フォスター、マルタフ・クラッセ等が警護に当たっている。 
 ところで第1王子は地方巡行中という話であった。

 ハープに似た弦楽器が静かな音楽をかなでるなか、立食パーティ形式での前夜祭だった。
 仁もエルザも、それなりに料理を口にできているのでほっとしている。

「ジン、エルザ、楽しんでくれておるか?」
 リースヒェン王女がやって来た。
「はい、おかげさまで」
 公の場なので敬語を使う仁である。
「それはよかった。兄が必死に考えて指導しておったのじゃ」
「これリース、そういうことをばらすんじゃない」
 そこへアーサー王子もやって来て、苦笑しつつリースヒェンをたしなめた。
 この兄妹の仲は良好なようだ、と、他人事ながら、仁は少しほっとする。家族が仲違いしているのを見るのは嫌いなのだ。
 そんな仁は、少し離れたところにグロリアの姿を見つけた。
(そういえばフリッツ……義兄さんから頼まれていたっけ)
 エルザも同じことを思っているらしく、グロリアの方を見つめている。
 視線に気が付いたのか、グロリアが仁たちの方へとやって来た。
「ジン殿、エルザ殿、このたびはおめでとうございます」
 型通りの挨拶をしたあと、グロリアは手にしていたワインのグラスを掲げた。
「お2人のこれからに幸多きことを」
「ありがとう」
 仁は礼を言い、エルザは……
「……グロリアさんはまだ?」
 と、ストレートなセリフを投げ掛けた。
「ぶふぉっ……げほげほげほっ」
 ワインを飲みかけていたグロリアは盛大に咽せた。
「し、失礼した。お許し願いたい」
 顔を赤らめつつ謝罪するグロリア。
 その様子を見て、これは脈ありかな、と思う仁であった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160520 修正
(誤)ところで第1王子は地方巡業だという話であった。
(正)ところで第1王子は地方巡行中という話であった。

(旧)「世界会議ぶりですね」
(新)「世界会議以来ですね」

(旧)仁は高校での芸術科目を工芸にしたので、
(新)仁は高校での芸術科目として工芸を選択したので、
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ