挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

31 結婚式篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1172/1686

31-39 誘う仁

「ジン、なんだか疲れた顔しているね。各国を回るのって大変なのかい?」
 マーサ宅でお昼をご馳走になっている仁。
「ええ、まあ。なんというか、柄じゃないというか」
 そう言った仁の顔を見て、マーサは苦笑した。
「わかる気がするねえ」
「おにーちゃん、お疲れ?」
 ハンナも心配そうである。
「ああ、でも大丈夫だよ。それなりに慣れてきたし」
「ならいいけど……」
 まだ心配そうな顔をするハンナに、仁は微笑んで見せた。
「それより、ハンナとマーサさんに、ちゃんと話をしないと」
「あたしにもかい?」
「ええ。ほら……」
 仁は、披露宴が全部済んだあと、『新婚旅行』に行く話をする。
「ああ、前にそんなこと言っていたねえ」
「で、具体的に話をしたいと思いまして」
「え? ジン、本当にいいのかい? お邪魔だろう?……エルザちゃんもそれでいいのかい?」
 今まで黙ったままのエルザに話を振るマーサ。
「はい。というより、是非、来て下さい」
 にっこりと笑ってエルザは答えた。
「……うちの人は、ずっと孤独でした。ですから、『家族』を大事にしたい、と思っているのです。マーサさん、ハンナちゃん、一緒に行きましょう」
「お、おい」
 内心を推し量られて慌てる仁。
「……違った?」
「いや、違わない……けどさ」
 そんな仁に、マーサが笑いながら告げた。
「ジン、あたしたちの前で格好付けなくていいよ。……エルザちゃん、わかったよ。一緒に連れて行っておくれ」
「はい!」

「それで、具体的な話ですけど……」
大きな……巨大な船を2隻用意し、その1隻に仁の知り合いたちを乗せて行くと、具体的に話をする仁であった。

「はあ……巨大な船、ねえ。なんて言うか、やっぱりジンだねえ。ハンナは知っていたのかい?」
「ううん、知らないけど、おにーちゃんにはいろんな乗り物に乗せてもらってたから驚かない」
「ごめんなさい。実は……」
 仁は、これまでもハンナをこうやってあちこちに連れて行っていた、と打ち明けた。
「ふふ、そんなことで文句は言わないさね。ハンナは賢い子だから、見聞を広めてくれるに越したことはないしねえ」
「ええ、本当に」

 さらに、日程についても説明する仁。
「予定では、9月9日に出発します」
 いない間のことはメイドゴーレムの『サラ』がなんとでもしてくれるだろう。
 もちろん、二堂城や蓬莱島からもサポートが入るのは間違いない。

*   *   *

「……やっぱり、ジンだねえ」
「わあ、すごい」
 ハンナとマーサは、仁の工房の地下にある転移門(ワープゲート)を使い、蓬莱島に来ていた。
 仁は、この機会に2人を正式に『仁ファミリー』の一員としたのである。
 そして、数々の魔導具や設備、ゴーレムたちを見て驚いていた。
「これが仲間の証です」
 マーサに黄色と白のマーブル模様の腕輪を渡す。
 ハンナには黄色の腕輪を既に渡してあった。
「ありがとうよ、ジン」
 マーサはそれを左の腕に着けた。
「えへへ、おにーちゃん、おねーちゃん、おばあちゃんとお揃い」
 ハンナも腕輪を眺めて喜んでいる。

「乗っていく船はもうすぐ完成しますから」
「……ジンだしねえ。いちいち驚かないよ」
 研究所やゴーレムたちをざっと紹介したが、マーサはさほど驚いた風ではなかった。
 このあたり、肝が太いと言えばいいのか。
(旧レナード王国の血?)
 などと考えている仁である。

「早く行ってみたいなあ!」
 ハンナははしゃいでいる。
「……この歳になってこんな日が来るとはねえ」
 マーサは嬉しいのやら驚いたほうがいいのやら、複雑な心境のようだ。
「ああそうか、ミーネくらいしか知ってる人はいないか……」
 その点はちょっと心配というか、申し訳ない気がする仁である。
「サキ姉は知ってるんじゃない? それにリシアさんがいる」
 エルザが言い添えてくれるが、知っているとはいえ、リシアは新貴族でトカ村の領主であるから、気易くは話せないだろう。
 サキやラインハルトも、カイナ村に来たことがある、というレベルだし、と仁は少し悩む。
「……ジン、そんなに心配してくれなくても大丈夫だよ」
 悩んだ顔の仁を見かねて、明るい声でマーサが言った。
「気を使われるのは逆なんですけど」
 と仁が頭を掻きながら言うと、
「何言ってるんだい。あたしは仁の親代わりなんだから、いちいち細かいこと気にしなくていいんだよ」
 と、笑い飛ばすマーサであった。

*   *   *

 今日のところはあまりゆっくりもできないので、仁たちはカイナ村に戻って来た。
「今日はありがとうよ、ジン」
「いえ、どういたしまして」
「おにーちゃん、おねーちゃん、明日頑張ってね」
「ああ、うん」
 ハンナにまで応援されるほど、嫌そうな顔をしていたのか、と仁は今更ながら気が付いて苦笑した。
「でもまあ、リースヒェン王女が何か気を配ってくれたらいいな、と思う」
「ああ、俺もそう思った」
 そんなこんなでカイナ村の空は暮れていくのであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160519 修正
(旧)(ミロウィーナさんとも会わせてみたいなあ)
 とも。そのあたりは実際に旅行に行けば叶うだろう。
(新)(削除)
 28-23でミロウィーナ、カイナ村に行ってました orz

(旧)「ごめんなさい。実は何度か連れ出してました」
 仁は、これまでもハンナをあちこちに連れて行っていた、と打ち明けた。
(新)「ごめんなさい。実は……」
 仁は、これまでもハンナをこうやってあちこちに連れて行っていた、と打ち明けた。

 入れ替え
 面目次第もございません。31-05 親代わり で、既に新婚旅行の話をマーサたちにしておりました。
 ですので、当該部分を大きく修正します。
 ストーリー的にはまったく変わりません。
 会話の内容が変わります。
(旧)「それより、ハンナとマーサさんに、話があるんだよ」
「あたしにもかい?」
「ええ。実は……」
 仁は、披露宴が全部済んだあと、『新婚旅行』に行く話をする。
「へえ、いいね。楽しんでおいでよ」
「わあ、行ってみたいなあ!」
「うん、行こう」
「え?」
 仁はハンナとマーサを交互に見て、
「一緒に行こう、と誘いに来たんだ」
 と言った。
「おにーちゃん、いいの?」
「ジン、いいのかい? お邪魔だろう? そもそも聞いたことないよ」
「ええ、実は……」
 大きな……巨大な船を2隻用意し、その1隻に仁の知り合いたちを乗せて行く、その話をする仁であった。

「はあ……なんて言うか、やっぱりジンだねえ。ハンナは知っていたのかい?」
「うん!」
「ごめんなさい。実は……」
 仁は、これまでもハンナをこうやってあちこちに連れて行っていた、と打ち明けた。
「ふふ、そんなことで文句は言わないさね。それより、今回はあたしも連れて行ってくれるのかい?」
「はい、是非来て下さい」
 いない間のことはメイドゴーレムの『サラ』がなんとでもしてくれるだろう。
 もちろん、二堂城や蓬莱島からもサポートが入るのは間違いない。

「そうだねえ……エルザちゃんはそれでいいのかい?」
 今まで黙ったままのエルザに話を振るマーサ。
「はい。というより、是非、来て下さい」
 にっこりと笑ってエルザは答えた。
「……うちの人は、ずっと孤独でした。ですから、『家族』を大事にしたい、と思っているのです。マーサさん、ハンナちゃん、一緒に行きましょう」
「お、おい」
 内心を推し量られて慌てる仁。
「……違った?」
「いや、違わない……けどさ」
 そんな仁に、マーサが笑いながら告げた。
「ジン、あたしたちの前で格好付けなくていいよ。……エルザちゃん、わかったよ。一緒に連れて行っておくれ」
「はい!」

 こうして、ハンナとマーサも旅行に行くことが決まったのである。

*   *   *

「……やっぱり、ジンだねえ」
「わあ、すごい」
 ハンナとマーサは、仁の工房の地下にある転移門(ワープゲート)を使い、蓬莱島に来ていた。
 仁は、この機会に2人を正式に『仁ファミリー』の一員としたのである。
「これが仲間の証です」
 マーサに黄色と白のマーブル模様の腕輪を渡す。
 ハンナには黄色の腕輪を既に渡してあった。
「ありがとうよ、ジン」
 マーサはそれを左の腕に着けた。
「えへへ、おにーちゃん、おねーちゃん、おばあちゃんとお揃い」
 ハンナも腕輪を眺めて喜んでいる。
(新)「それより、ハンナとマーサさんに、ちゃんと話をしないと」
「あたしにもかい?」
「ええ。ほら……」
 仁は、披露宴が全部済んだあと、『新婚旅行』に行く話をする。
「ああ、前にそんなこと言っていたねえ」
「で、具体的に話をしたいと思いまして」
「え? ジン、本当にいいのかい? お邪魔だろう?……エルザちゃんもそれでいいのかい?」
 今まで黙ったままのエルザに話を振るマーサ。
「はい。というより、是非、来て下さい」
 にっこりと笑ってエルザは答えた。
「……うちの人は、ずっと孤独でした。ですから、『家族』を大事にしたい、と思っているのです。マーサさん、ハンナちゃん、一緒に行きましょう」
「お、おい」
 内心を推し量られて慌てる仁。
「……違った?」
「いや、違わない……けどさ」
 そんな仁に、マーサが笑いながら告げた。
「ジン、あたしたちの前で格好付けなくていいよ。……エルザちゃん、わかったよ。一緒に連れて行っておくれ」
「はい!」

「それで、具体的な話ですけど……」
大きな……巨大な船を2隻用意し、その1隻に仁の知り合いたちを乗せて行くと、具体的に話をする仁であった。

「はあ……巨大な船、ねえ。なんて言うか、やっぱりジンだねえ。ハンナは知っていたのかい?」
「ううん、知らないけど、おにーちゃんにはいろんな乗り物に乗せてもらってたから驚かない」
「ごめんなさい。実は……」
 仁は、これまでもハンナをこうやってあちこちに連れて行っていた、と打ち明けた。
「ふふ、そんなことで文句は言わないさね。ハンナは賢い子だから、見聞を広めてくれるに越したことはないしねえ」
「ええ、本当に」

 さらに、日程についても説明する仁。
「予定では、9月9日に出発します」
 いない間のことはメイドゴーレムの『サラ』がなんとでもしてくれるだろう。
 もちろん、二堂城や蓬莱島からもサポートが入るのは間違いない。

*   *   *

「……やっぱり、ジンだねえ」
「わあ、すごい」
 ハンナとマーサは、仁の工房の地下にある転移門(ワープゲート)を使い、蓬莱島に来ていた。
 仁は、この機会に2人を正式に『仁ファミリー』の一員としたのである。
 そして、数々の魔導具や設備、ゴーレムたちを見て驚いていた。
「これが仲間の証です」
 マーサに黄色と白のマーブル模様の腕輪を渡す。
 ハンナには黄色の腕輪を既に渡してあった。
「ありがとうよ、ジン」
 マーサはそれを左の腕に着けた。
「えへへ、おにーちゃん、おねーちゃん、おばあちゃんとお揃い」
 ハンナも腕輪を眺めて喜んでいる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ