挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

31 結婚式篇

1148/1535

31-15 朝

「……ん……」
 ふと、エルザは目覚めた。時刻は午前4時半くらいか。
 障子越しに夜明け前の薄明かりが感じられる。
 隣を見れば、安らかな顔で仁がまどろんでいた。
「……私の、だんなさま」
 小さな声で呟き、エルザは仁に身を寄せ、もう一度目を瞑った。

 朝の日射しが顔にあたり、仁が目を覚ませば、時刻は午前5時半。
 夏の日はもう昇っており、外は明るくなっている。今日もいい天気のようだ。
 仁はゆっくりと身を起こした。
 隣を見れば、幸せそうな顔でエルザが眠っている。
「これからよろしく、俺の奥さん」
 誰にも聞こえないような声で呟いた仁は、エルザの額に掛かる髪を指先で避けてやる。
 プラチナブロンドの髪に障子の隙間から漏れる日が当たり、美しく輝いた。
「……んぅ?」
 目に光が入ったか、エルザも目を覚ます。
「あ……ジン、兄?」
 隣にいたはずの仁が見あたらず、顔を動かせば、起き上がった仁と目があった。
「おはよう、エルザ」
「……お、おはよう、ございます」
 昨夜のことを思い出してか、エルザの顔に朱が差した。
 つられて仁も少し顔を赤らめる。
「……起きようか」
「……ん」
 ゆっくりと起き上がる仁。
 エルザは毛布を身体に巻き付けている。
 その気持ちを察し、仁は一足先に服を着た。
「一風呂浴びてくるよ。エルザもどうだ?」
「……うん……ちょっとあとから、行く」
 恥ずかしそうに俯いたエルザを後に、仁は部屋の外へ。
 それを見たエルザは起き上がり、ゆっくりと服を身に着けた。

 着替え一式を持ち、蓬莱島温泉へと向かう仁とエルザ。
『家』の風呂場は手狭なので、外の温泉へ向かう。
 大きな温泉は研究所の横手にあるのだ。
「おはようございます、お父さま、エルザ様」
 玄関にいた礼子が2人に声を掛けた。
「おはよう、礼子」
「おはよう、レーコちゃん」
「お風呂ですか?」
「ああ。朝風呂に入ってくる」
「行ってらっしゃいませ」
 とはいえ、玄関から20メートルも歩けば温泉だ。
 仁が脱衣所に向かうと、エルザの足が止まった。
「どうした?」
「……あ、い、一緒に、入る、の?」
 顔が真っ赤である。
「……駄目か?」
「あ、明るいと、あの、その」
 真っ赤な顔で慌てるエルザも可愛いと思う仁であるが、あまり弄るのも可哀想と、
「わかったわかった。今日は別々に入ろう」
 と声を掛ける。
「……ごめん、なさい」
「気にするな。ゆっくり行こう」
「……ん」
 というわけで、男湯と女湯に別れて入る仁とエルザであった。

「あー、いい湯だ」
 温泉好きな仁は朝湯に入るのが大好きである。
 ひとしきりお湯に浸かった仁は、露天風呂の方に入ることにした。
 ここは室内と露天、双方を楽しめるようになっているのだ。
『仁ファミリー』のメンバーもいない、礼子も入ってこない、こんな日は滅多にない。
「やっぱり朝風呂はいいなあ」
 朝の光を浴びながらお湯に浸かるのは格別だ、と仁は手足を伸ばした。
 と、板仕切りに隔てられた女湯で水音がした。
「……エルザ?」
 今、湯に浸かっているのは仁の他にはエルザしかいない。
「……うん」
 板仕切りの向こうから返事があった。
「いいお湯だな」
「……うん」
「空が青いな。今日もいい天気だ」
「……うん」
 板仕切り越しでも恥ずかしいのか、いつも以上に歯切れの悪い返事だ。
 そんなエルザが愛おしい、と思う仁である。
「あまり長湯しているとのぼせるぞ。俺はそろそろ上がるよ」
「……うん」
 仁はそう告げて浴槽を後にした。
 脱衣所で身体を拭き、備え付けの『(ブリーズ)』を発生させる魔導具……『送風機』で涼む。
 残念ながらコーヒー牛乳、フルーツ牛乳の類は常備されていない。飲めるのは水だけである。
「冷たい水も美味いなあ」
 いい具合に汗が引っ込んだところで服を着て外に出れば、礼子が待っていた。
「お父さま、そろそろ7時になります。皆様、おいでになるまであと30分くらいです」
「ああ、そうだな」
 朝食は一緒に食べることになっているのである。
 そんな話をしているとエルザも出てきた。
 風呂上がりの、桜色に上気した顔が可愛い。
「お、ちょうどいい。もうじきみんな来るから、研究所で待っていよう」
「ん」
 2人は寄り添って研究所へ、その後を付いて行く礼子であった。

*   *   *

「やあ、ジン!」
「おはよう、エルザ!」
 予定の時刻になり、他のメンバーが崑崙島からやって来た。
「今日もいい天気だな」
 という者があれば、
「エルザ、寝不足してないかい?」
 などとからかう者もいる。
 共通しているのは、2人への友情だ。
 人里離れ、世間と隔絶した蓬莱島であるが、仲間同士の絆は温かだった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ