挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

1125/1476

30-35 問答、そして

 練兵場では、2体の戦いがいよいよ激しくなっていた。
 唐竹、袈裟、逆袈裟、横薙ぎ、突き。
 上から、下から、右から、左から。
 ありとあらゆる方向から攻撃を繰り出し、また繰り出された攻撃を防御する2体。
 正に互角であった。

「兄貴、このままじゃ埒があかないんじゃ?」
「……」
 ジックスとガンノはもう1体のゴーレムの影でぼそぼそと話をしている。
「確かに、これほどとは思わなかった、このままでは、我々のゴーレムの優位性が証明されない。さて、どうするべきか」
「俺が思うに、国王陛下が見ている前でゴーレムを量産して見せたらいいんじゃないかと思うんだ」
「なるほど! 今までとは比べものにならないほど速く、強力なゴーレムが誕生するところを見せるというんだな」

「ううむ、『崑崙君』のゴーレムと互角に戦えるということは恐るべきことだな」
「陛下の仰るとおりですな」
 その会話は、仁(の分身人形(ドッペル))の耳に入った。
 蓬莱島にいる仁は、相手の手の内解析もここまで、と、『スチュワード』に予定どおり全力を出していくよう指示を出した。

「お、おお!?」
 観戦している者たちは皆……仁たちを除いて……目を見張った。
『スチュワード』の動きがさらに加速したのである。
 まさに『目にも止まらぬ速さ』。
「くっ! まだ余力があったか! だが、そんなもの、『ファントム』なら……!」
 だが、それは不可能。
 技術ならば習得できるが、今『スチュワード』が見せているのはあくまでも基本性能だからだ。
 出力を上げた『スチュワード』の攻撃は凄まじいの一言に尽きた。
 今まで互角に見えた打ち合いだったが、今となっては『ファントム』は防戦一方。
 それでもこれまで習得した技術を使い、本体に一撃を喰らうことは避けている。

「技術対性能、というわけか」
 歯噛みをしながらジックスは忌々しそうに呟いた。
 だが、現実は彼にとって酷であった。
 さらに『スチュワード』の速さが増し、力も加わったのである。
『ファントム』の全力がどれほどか知るため、『スチュワード』が徐々に出力を上げているのだ。
「そんな馬鹿な! いったい、あのゴーレムはどれほどの力を秘めているというのだ!」
 完全に劣勢になった『ファントム』。
 そして『スチュワード』は確実に『ファントム』を追い詰めていた。

「あっ!」
 誰かが声を発した。
 その瞬間、『ファントム』の持つ鉄の棒が宙を舞ったのである。
 そして、『ファントム』の頭部目掛け振り下ろされ、ぶつかる寸前でぴたりと止められた鉄棒。
 誰が見ても『スチュワード』の勝ちであった。

*   *   *

「思ったより奴の出力は大きかったな」
『スチュワード』の40パーセントと同等という解析結果が出ていた。
『その技術も侮れません』
 なにしろ、『スチュワード』の出力を70パーセントまで上げて、ようやく圧倒できたのである。
「お父さま、これで約束どおり、あのゴーレムの構造を調べられますね」
「ああ、そうだな」
 礼子の言葉に、仁は頷く。その顔は期待に溢れていた。

*   *   *

「それまで! 勝者、『スチュワード』!」
 セザール王が離れたところから勝利宣言を行う。
 ジックスとガンノは悔しそうな顔をしている。
「残念だったな、2人とも」
 第一軍事省長官ラゲードが労りの言葉を掛ける。
「相手が悪い。『崑崙君』のゴーレムと競おうというのが間違いなのだ。とはいえ、あれ程の接戦を繰り広げたことは誇ってよいぞ」
 第一技術省長官のラタントも声を掛けた。
「戦闘専用にするのはもったいない。その汎用性を生かし、役に立てたいものだ」
 と、最後にセザール王も2人に声を掛けた。
「……」
 ジックスもガンノも唇を噛みしめている。
「『崑崙君』!」
 ガンノが声を上げた。
「貴公は、それだけの力を作り出せるのに、なぜそんな立場に甘んじていられるのだ!」
「え?」
「その力があれば世界を征服することだってできるだろうに!」
「……征服してどうする?」
 必死なガンノの声に対し、仁(の分身人形(ドッペル))は平静な声で答えた。
「人には分というものがある。自分には支配者は向いていないよ。世の中を変えるならもっと別の方法があるし」
 支配による急速な改革、押しつけの政策は必ずどこかで破綻する、と仁(の分身人形(ドッペル))は続けた。
「その支配者がいなくなったら元の木阿弥、というのも困るしな」
「……モクアミ?」
 言い回しが理解できなかったようで、ガンノが聞き返す。
 セザール王たちも『?』という顔をしていた。
「……元々の状態に戻るのは困るしな」
 言い直した仁。
「何が正解かなんて、自分にはわからない。一つ言えることは、自分は自分の役割を果たすことだ」
「……それが、単に強力なゴーレムを作ることなのか?」
「ん? 違うぞ。『スチュワード』はああ見えても、家事全般をこなせるし、簡単な魔導具なら製作することだってできる」
「なん……だと……?」
「あ、あの戦闘力の他にもそんな能力が……?」
 驚いたらしく、ジックスも口を挟んだ。
「戦闘力はおまけだ。もっとも、今回ゴーレム競技(ゴンペテイション)があるというのでちょっとパワーアップさせてあるが、基本『スチュワード』は汎用ゴーレムだから」
「……」
 分身人形(ドッペル)の口を借りて語られる飄々とした仁の言葉を聞き、ジックスとガンノは少々毒気を抜かれたようだった。

 しかし、気を取り直したらしいジックスが、感情を押し殺した声でセザール王に告げた。
「陛下、あと一つ、我々がお持ちした技術をお見せ致します。それにて最終判断をなさって下さい」
 そしてガンノの顔を見た。それだけで彼は何をすればいいか悟ったようで、そばにいたゴーレムに何事か指示を出す。
 そのゴーレムはゆっくりと歩いて行き、馬車に積まれた樽を一つ運んできた。
 そしてもう一度。
 両脇に2体の鎧を抱えて戻って来たのである。

「では、お見せ致しましょう」
 仁(の分身人形(ドッペル))をじろりと睨んだあと、ジックスとガンノはそれぞれが鎧を抱え上げて見せた。
「これは単なる鎧です。中は空っぽ。少々特殊な素材で作られてはおりますが」
 持ち上げても関節部分が外れないので、その点だけでも特殊であることはセザール王にもわかる。
 おまけに、彼等が軽々と扱っているところを見て、軽いのだろうということも推測できた。
「これを、この樽に入っている『液体金属』に浸け込みます」
 ゴーレムが蓋を開ける。
 その中身こそ、仁が知りたかった『流体金属』であった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160403 修正
(旧)「……木阿弥?」
(新)「……モクアミ?」

 20160404 修正
(誤)ジックスとガリクはもう1体のゴーレムの影でぼそぼそと話をしている。
(正)ジックスとガンノはもう1体のゴーレムの影でぼそぼそと話をしている。

 20160611 修正
(旧)もっとも、今回ゴーレム競技(ゴンペテイション)で演武させるためちょっとパワーアップさせてあるが、
(新)もっとも、今回ゴーレム競技(ゴンペテイション)があるというのでちょっとパワーアップさせてあるが、
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ