挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

1121/1565

30-31 直球

「ふむ、フレシアスと、ジダン、か。私は聞いたことがないな。『崑崙君』はどうだ?」
「はい。ジダン、というのはジダン・ケーシー氏のことですか?」
「そ、そうです」
 仁(の分身人形(ドッペル))が姓まで告げた瞬間、ジックスの目が泳いだ。
「ほう、『崑崙君』が知っているとは、そのジダン・ケーシーという人物は相当の者なのかな?」
「いえ、世間の評価は知りません。ただ、自分の知り合いの友人でして」
「なるほど。そういうことか。いや、世間は狭いな」
 事情を知らないセザール王は笑っている。
「は、はあ」
 逆に、ジックスは少し顔色が悪い。
 ここで仁は、さらに追い打ちをかけることにした。分身人形(ドッペル)の口を借りて、探りを入れることにしたのである。
「話は変わりますが、『ファントム』の鎧は見たことのない素材でできているようですね」
「ええ、まあ」
 歯切れの悪い答えが返ってくる。さらに仁は話題をころっと変えてみる。
「ジックス殿は、何が目的でゴーレム競技(ゴンペテイション)に参加したんですか?」
「え?」
「飛び入り参加までしたからには、目的があったんだと思いますが」
「……」
 主目的は、ゴーレムに技術を習得させることだろうと思っているが、その先が今もってわからないので、ストレートに尋ねてみることにしたのだ。
 するとジックスは、ゆっくりと口を開いた。
「……『ファントム』の実力を知りたかったことが1つ。そして『ファントム』の性能を世間に知らしめることが2つめ」
 いきなりセザール王の前で片膝を付くジックス。
「それによって、仕官したく思います。これが3つめです」

*   *   *

「ふむ、仕官目的だったか。それなら、ガラナ伯爵よりセルロア王国の方がいいよなあ」
御主人様(マイロード)、残るは動機ですね』
 蓬莱島では分身人形(ドッペル)を通じてジックスの話を聞いた仁と老君が話し合いをしていた。
『私としましては『ファントム』を売り込んで研究費を稼ぐつもりかとも思ったのですが』
「ああそうか。賞金目当てじゃなかったか」
ゴーレム競技(ゴンペテイション)』の賞金はさほど高くない。
 仁は興味がなかったから一々覚えていないが、
「ジン兄、優勝は10万トール、準優勝は5万トール、だった」
 エルザが覚えていてくれた。
 約100万円相当では、研究費としては少ないだろう。
 優勝賞金100万トールだった、エリアス王国のゴーレム艇競技と違い、ゴーレム競技(ゴンペテイション)はどちらかといえば名誉のため、そして有力者とのコネを作るためのものなのだ。
「仕官か……だが、セザール王がジックスを認めるかなあ」
 彼の飛び入りを認めた役員や貴族の名を覚えた、と言っていた王である。
 仁は成り行きを見届けることにした。

*   *   *

「ふむ、仕官か。なるほどな」
 かつての『アルファ』であるドナルド・カローをも上回る技術者ということで、絶対の自信があるのだろう。
「まあ、それはこういう宴会でする話ではないな。明日、改めて行おうではないか」
 セザール王はジックスのぎらついた目をさらりとかわす。
「は、それでは明日、よろしくお願いします」
「うむ。約束は守る。午前9時に迎えをやろう。どこに泊まっている?」
「……実は宿が間に合わず、馬車で寝泊まりしようかと思っておりまして」
 これを聞いたセザール王は、そばにいたお付きを呼び、何事かを囁いた。
「この第二迎賓館の客間を貸そう。その者に付いて行くがいい」
「は、ありがとうございます」
 ジックスは王のお付きの一人に連れられて宴会場を出て行った。

「さて『崑崙君』」
 セザール王が仁(分身人形(ドッペル))に向かって言った。
「済まぬが、明日、貴公も立ち会ってもらえないだろうか」
「それは構いませんが、陛下の真意は? 雇うのですか?」
「……それはこの場では言えぬ。だが、目的のために手段を選ばない、というのは好かぬ」
 飛び入りと、それを認めた連中のことだろうと仁は見当を付け、それ以上聞くことを止めた。

*   *   *

 一方、ヴィヴィアンたちは和やかに食事をしていた。
「ほう、君は魔法工作士(マギクラフトマン)ではなかったのかね」
 ルコールが少し驚いた顔で言うと、ガリク・アッシュは小さく頷いた。
「本業は錬金術師です。魔法工学(マギクラフト)も少々齧ってますが」
「そうね。両方できると何かと便利そうよね」
 ヴィヴィアンは、自分の知人にも『魔法工作士(マギクラフトマン)』と錬金術師がいる、と告げる。
「ほほう! 何という方ですか?」
 聞かれたヴィヴィアンは余計なことを言ってしまった、と少し後悔するが時既に遅し。
「えっと、錬金術師はトア・エッシェンバッハ。魔法工作士(マギクラフトマン)はその奥さんでステアリーナ」
 それで仕方なく友人とその旦那さんの名前を教えた。
「それはすごい! ショウロ皇国でも指折りの錬金術師ではないですか。それにステアリーナ……もしかして、かつて『ガンマ』……いや、『ベータ』だった方ですよね?」
 ガリクは2人の名前を知っていたようだ。
「ええ、そうです」
「これは、すごい方とお知り合いになれたものです!」
 機嫌良くワインをあおるガリク。
 そんな彼に、ルコールが爆弾発言をかました。
「つかぬことを尋ねるが、ガンノ・アッシャーという人物を知らないかね?」
「ぶほっ!」
 飲みかけていたワインを吹き出すガリク。
 気管に入ったらしくげほげほと咽せ、口の周りをナプキンで拭く。息が荒い。
「ど、どこでその名前を?」
 少し涙目になっている。
「私の友人にジダン・ケーシーという者がいてな。そいつの弟子だったらしいのだが突然姿を……」
 そこまでルコールが喋ったところで、
「あ、急ぎの用事を思い出した。今日はごちそうさま。またどこかで会いましょう」
 と言って席を立ち、そそくさと出ていってしまったのだった。
「何だ、あいつは?」
 訳がわからない、と首を傾げるルコールと、顔をしかめ、頭を抱えているヴィヴィアン。
 ヴィヴィアンとしても、ここまでルコールが腹芸のできない人間だとは思っていなかったのである。

 ヴィヴィアンは『語り部』であるがゆえに、人との付き合いもそれなりにあったため、ガリク・アッシュが怪しいと当たりを付けていた。
 それで、どのように探ろうかと考えていたところ、ルコールが直球ど真ん中の質問を口にしたというわけだ。
「……まさかルコールがここまで馬鹿正直とは」
 小さく溜め息をついたヴィヴィアンであった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 お知らせ:これは予約投稿です。
 29日から31日まで所用で実家に帰っておりますのでレスできません。御了承ください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ