挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

1118/1532

30-28 対戦、解析

「勝ったか……」
 ガリク・アッシュは小さく溜息を漏らした。
「これでなんとか予定どおりだな。あとは手腕次第だ」

 その呟きは、『不可視化(インビジブル)』で姿を消し、監視を続けていた『エルム』から老君へと知らされた。
 それにより、ジックスとガリクに繋がりがあることは判明した。残るは目的である。

*   *   *

 午後3時。
 表彰式は終わったが、若干時間が余り気味だ。1回目なのでそのあたりの調整が不十分なのは仕方がない。
「何か余興でもしますか」
 大会役員は相談をし、そんな結論を出した。
「『崑崙君』、何かやってもらえないだろうか?」
 仁にそんな打診が来た、その時。
「できますれば、『模擬戦』をお願いしたく」
 ジックスが申し出た。
 これは仁に取って、望んだとおりの展開である。この機会に『ファントム』の解析を行えるのだから。
「では防具を」
「いや、防具はなしでいいでしょう。武器が木剣なら」
「まあ、そうですな」
「採点をするわけではないですしね」
 ということで、武器は木剣、防具はなしで『模擬戦』を行うこととなった。

〈皆様! これより、優勝した41番『ファントム』と、今大会審査委員長である『魔法工学師マギクラフト・マイスター』ジン・ニドー氏のゴーレム『スチュワード』による模擬戦を行います!〉
 この告知に、会場は沸き、帰ろうかと腰を浮かした人たちは再び腰を下ろしたのである。

『スチュワード』も『ファントム』もロングソードを手にしている。条件は同じだ。

(さて、『ファントム』の詳細を解析することができるか)
 蓬莱島にいる仁も、この一戦に期待している。
(武技は……そうだな、ショウロ皇国の一般兵士レベルでいいだろう。あとは身体能力だけでいこう)
 技術は盗めるが、身体能力は盗めない、という判断による仁の指示である。

『では、始め!』
 様子見のため、『スチュワード』は待ちの体勢である。
 対して『ファントム』はゆっくりと近付いていく。
 2体の間合いが2メートルを切った時、『スチュワード』が踏み込んだ。
 かあん、という軽い音が響く。ロングソード同士がぶつかり合った音だ。
 その音から察するに、2体ともさほど力は入れていないことがわかる。
 そして一当てした後、2体は1メートルほど飛び下がって再び対峙した。

〈双方様子見といったところですね〉
〈そのようです。しかし、速度は2体ともかなりのものでした。様子見でこれですと、本気で戦ったらどうなることでしょうね〉
〈楽しみですね!〉

「『魔法工学師マギクラフト・マイスター』のゴーレムか。これは願ってもないチャンスだ。ジックス、うまくやれよ?」
 と、ガリク・アッシュ。
「ジン・ニドー氏か。彼とは以前、エゲレア王国の遺跡で会ったことがあるんだよ。あの頃から卓越した魔法工作士(マギクラフトマン)だとは思っていたが……」
 と、ルコール。
(ジンさん、何か考えていることがあるんでしょうね。だったら見逃さないようにしないと)
 そしてヴィヴィアンも、この一戦に注目した。

 試合場の2体は、しばらく対峙した後、右回りにゆっくりと回り始めた。
 それがかなり速くなった、と見ている者が思った瞬間、があん、という音が響いて動きが止まる。
 見れば、横薙ぎに振るった剣同士が衝突し、鍔迫り合いをしていたのだ。
 その力は互角に見える。
強靱化(タフン)』と『硬化(ハードニング)』を掛けられた剣がしなり、どれだけの力が加わっているか、見ている者にも想像がつくほど。
 そして、ほぼ同時に木剣が砕け散った。

『止め!』
 運営の掛け声で一時停止した2体は代わりの木剣を受け取り、再度向かい合う。
『始め!』
 試合再開だ。
 今度はいきなり踏み込み、互いに剣閃の応酬。
 カカカッ、という軽い音が連続して響く。
「すげえ……」
 観客の誰かがふと漏らした言葉。
〈すごい剣撃です! 準決勝、決勝と比べても勝るとも劣らない!〉
〈さすがの一言ですね。……いや、これは双方に言えることです。ジン・ニドー氏は『魔法工学師マギクラフト・マイスター』の名に恥じず、ジックス氏も優勝者として。双方、最高レベルの技術者と言えましょう〉

*   *   *

「……あの解説者は何を見ているの? あれで最高レベルだって」
 蓬莱島では、魔導投影窓(マジックスクリーン)を見つめていたエルザが不服そうな呟きを漏らす。
 仁の実力を過小評価されたことへの不満だ。
 そしてその言葉どおり、『スチュワード』の出力はまだ30パーセント程度である。
「だが、向こうもまだフルパワーじゃなさそうだぞ」
 フルパワーを出してしまうと、木剣が保たないということもあり、2体は互いに加減をしているのである。

「まあまあ。時間を稼げるのは悪いことじゃない。かなりデータが取れたぞ」
 その分、相手も『スチュワード』の武技や動きを分析し、身に着けてはいるのだろうが、武技はショウロ皇国の一般兵士レベル、動きは出力30パーセント。
 得る物の方が大きい仁たちである。
「ふむ、思った通り、鎧の材質は『欠片』と同じ、発泡させた軽銀だな。そこに流体金属を含浸させているようだ」
 鍔迫り合いという至近距離で解析できるのである。かなり詳細なデータが送られてきていた。
「そして動きを見ていればわかる。あの鎧、中は空洞に近い。だから軽いんだろう」
 慣性の法則はこの世界でも有効である。重ければ、動いている物体を止めるためにはより多くの力が必要になるのだ。
「それに、重心がやや高いようだ。頭部だけは空洞じゃなく、制御核(コントロールコア)魔力貯蔵庫(マナタンク)が詰まっているのかも知れない」
 その場合、頭部が急所となってしまうデメリットがあるが、あれだけの動きができるなら、そうそう頭部に一撃を喰らうこともなさそうである。
「とすると、中に『流体金属』を満たすと重くなる?」
 エルザの推測は正しい。仁は頷いて見せた。
「そうだろうな。あとは、その流体金属が何かわかれば言うことはないんだがな」
 だが、さすがにそれは難しい。
 仮に『分析(アナライズ)』を使ったとしても、仁が知らない材質では、結局何もわからないのだから。
「それに、あれだけの動きを生み出す魔力素(マナ)をどこから得ているのか、それも気になる」
魔力反応炉(マギリアクター)』を搭載した『スチュワード』と同等の動きを維持できるエネルギー源。
 たとえ、出力30パーセントであったとしても、これだけもの時間、稼働できるのは評価できる。
「侮れないな」
 改めて自戒する仁。
 試合場では2体の戦いがますます白熱しつつあった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ