挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

1117/1566

30-27 付いた決着

古き戦士(アルトクリーガー)』が奥の手を出せば、『ファントム』もまた、妙技を見せた。
〈おおっと! 双方、さらに加速しましたあ!〉
〈素晴らしい戦いですね。まさに空前にして絶後です〉
 司会と解説の声も上ずっている。
 観客も拳を握り締め、手に汗を握り、声を限りに声援を送っていた。

「『ファントム』! そこだ! 行っけぇ!」
「『古き戦士(アルトクリーガー)』! 負けるな! やっちまえ!」
 セルロア王国民の気質なのか、こうした戦闘シーンには血が騒ぐのだろう。
「陛下、まれに見る名勝負ですな」
 セザール王の親衛隊隊長、カーク・アットも目を見張っている。
「うむ。引退したとはいえ、元『アルファ』のドナルドが作りしゴーレムと互角以上とは……」
「陛下、時代が変わりつつあるのでしょう」
「そうかも、知れぬな」

 試合場では、その『強靱化(タフン)』を掛けた敷石をも粉砕する勢いで、2体の戦いが行われている。
『風』を纏って速度を上げている『ファントム』と、予備の魔力貯蔵庫(マナタンク)を動員して出力を上げている『古き戦士(アルトクリーガー)』。
 その戦いは互角に見えた。
 が、戦いが長引けば長引くほど、『古き戦士(アルトクリーガー)』には不利である。
 蓄えられた魔力素(マナ)が尽きれば、その動きは鈍ってしまう。
 一方、『ファントム』は、どのような動力源を持っているのか不明だが、まだまだそれは尽きる気配がなかった。
 そして、均衡が崩れる。
 予備の魔力貯蔵庫(マナタンク)の備蓄が減ってきたのだろう、『古き戦士(アルトクリーガー)』は、わずかずつ動きが鈍くなってきた。
 対する『ファントム』の動きは衰えない。

(うぬぬ、ジックスといったか、侮れない奴だ)
 試合場脇で見つめるドナルド・カローの額に汗がにじんだ。
(在野にこのような技術者がまだ埋もれていたとは、世界は広いな……)

 そんなドナルドの目の前で、ついに『古き戦士(アルトクリーガー)』の剣が弾かれ、がら空きになった胴に『ファントム』の一撃が炸裂した。
〈それまで! 41番『ファントム』の勝ち!!〉
 耳を聾するほどの歓声が上がった。
〈激戦についに決着! 頂点に立ったのは41番『ファントム』でしたあっ!!〉
〈いやあ、これは歴史に残る名勝負でしたね!〉
 司会と解説も、まだ興奮冷めやらぬ様子。
 会場は万雷の拍手に包まれている。

*   *   *

「やっぱり『ファントム』が勝ったか……」
 蓬莱島では、仁が独りごちていた。
「ドナルドの『古き戦士(アルトクリーガー)』もずば抜けた性能だったんだがなあ」
「それよりも上、ということは、『ファントム』、侮れない?」
「そうだな。……このあと、各賞を決めたりもするから、一旦『分身人形(ドッペル)』の操作をこっちでやるとするか」
御主人様(マイロード)、わかりました』

*   *   *

 優勝は41番『ファントム』。それは動かない。
 これまでの総合得点は900点、ダントツの優勝だ。
 2位『古き戦士(アルトクリーガー)』は740点、3位『ザーベラー』は500点となる。
 それ以外にも、『努力賞』『技術賞』『敢闘賞』などがある。もちろん『魔法工学師マギクラフト・マイスター賞』も。
 それらの賞は、審査員や大会役員が相談して決めることになるのだ。

「自分としては、1番『鋼鉄騎士(シュタールリッター)』に『魔法工学師マギクラフト・マイスター賞』を贈りたく思います」
「ほう、『崑崙君』、それはなぜに?」
 大会役員の1人が興味深そうに尋ねてきた。
「ええ。『鋼鉄騎士(シュタールリッター)』は、限られたパワーソース……『魔力貯蔵庫(マナタンク)』の出力を、その都度瞬時に最適な配分に変更できるようですので、それを評価しました」
 仁の説明を聞き、何人かが驚きを顔に表す。
「何と!」
「そんな機能が!」
「言われてみれば思い当たる節もあるが……見抜くとはさすが魔法工学師マギクラフト・マイスターですなあ……」

 こうして『魔法工学師マギクラフト・マイスター賞』は1番『鋼鉄騎士(シュタールリッター)』に与えられることとなった。
 また、『努力賞』は35番『鉄戦士(アイアンウォリアー)』に、『技術賞』は2番『ザーベラー』に。
 そして『敢闘賞』は16番『蒼天の騎士(ブルーナイト)』に贈られることになったのである。

*   *   *

「うーん、短かったが、見応えはあったな」
「ええ、有意義な一時でした」
 観客席ではヴィヴィアンとルコールが話をしていた。
「それで、何かわかったことはあるかね?」
 だが、ルコールの問いにヴィヴィアンは首を横に振った。
「いえ、私には何も。ですが、『語り部』としては、古の戦いに勝るとも劣らぬ試合を見ることができて満足です」
「そうか。それはよかった。ところで、聞いた話では優勝した41番だがな、飛び入り参加らしい」
「……とすると?」
 少し声をひそめる2人。だが、周囲の歓声があるので、そこまでせずとも立ち聞きするような者はいないのだが。
(41番こそが、我々が追って来た目的(ターゲット)ではないだろうか?)
(すると、ジックスがガンノ・アッシャーだと?)
(そうだ。……あるいはその協力者か)
(このあとどうします?)
(表彰式のあと、なんとか接触できないかと思っている)
(そうですね、そのタイミングしかないですねえ)

*   *   *

〈優勝、41番ジックス殿とそのゴーレム『ファントム』。おめでとう〉
「光栄です」
 拍手の嵐の中、表彰式が行われた。
 優勝者、準優勝者、入賞者の順である。
〈準優勝、40番ドナルド・カロー殿とそのゴーレム『古き戦士(アルトクリーガー)』。おめでとう〉
「ありがとうございます」
〈3位入賞、2番ヤルイダーレ殿とそのゴーレム、『ザーベラー』。惜しかったですね〉
「精進します」
魔法工学師マギクラフト・マイスター賞、1番エーリッヒ・ジフロ殿とそのゴーレム、『鋼鉄騎士(シュタールリッター)』。お見事でした〉
「恐縮です」
〈努力賞……〉
〈技術賞……〉
〈敢闘賞……〉
 一通りの表彰が終わると、セザール王からの祝辞が述べられた。
『……皆、優劣のつけがたい優秀なゴーレム揃いであった。この技術があれば我が国の将来は明るい。より一層の精進を望む』
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160326 修正
(誤)リシャール王からの祝辞が述べられた。
(正)セザール王からの祝辞が述べられた。

(旧)残念賞
(新)敢闘賞
 3箇所修正。

(旧)41番こそが、我々が追って来た目的ではないだろうか?
(新)41番こそが、我々が追って来た目的(ターゲット)ではないだろうか?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ