挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

05 旅路その1 エリアス王国篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

111/1680

05-20 リベンジャー

 その男は元貴族だった。
 侯爵家の3男に生まれ、何不自由なく育った。家は兄が継ぐ故、比較的自由に育てられた。
 魔法の才能には乏しかったが、勉強は良くできた方であった。
 だが、いつの頃からか歪みが生じる。
 最初は、与えられた玩具を遊んでいる最中に壊した時だった。
 叱られると思ったがそんなことはなく、すぐに新しい玩具が与えられた。
 しばらくしてその玩具に飽きた子供は、わざと玩具を壊してしまう。
 そうしたらやはり叱られることはなく、新しい玩具が与えられたのだった。

 勉強は家庭教師が付ききりで教えた。
 頭は悪くなかったため家庭教師達はベタ褒めし、彼は教師の言を信じた。
 立場故、彼に挑もうとする者はおらず、それは彼の根拠のない自信を育てる。
 甘やかされた心は増長し、おべっかを聞き続けた耳は諫言が聞こえなくなる。失敗を知らない自我は己を過信する。
 金の浪費を憶え、女を弄ぶことを知り、弱者をいたぶる事に愉悦を感じる。

 そしていつの頃か、侯爵家が欲しいと思うようになった。
 彼はそのために何をすべきか考えを巡らす。
 男はそんな歪んだ内面を巧みに隠し、他人にはちょっと気障な男を演じて見せることを憶えた。

 そして弱冠20歳にして領主補佐の地位を手に入れる。
 それと時を同じくして、男に謎の協力者が現れ、新たな『力』をくれた。
 金、女、権力。その次に男が得たもの、それはすなわち暴力であった。
 代償は、簡単なこと。
 男の権力と財力を使い、とある宝石を、とある組織から、とある別の組織へ流すだけ。
 何も問題はない、筈であった。

 だが、1年前、初めて失敗の味を知った。
 宝石は国の専売であった。故に疑問を持たれ、当局の追求に合う。
 取引に使われた証書は、たまたま目に付いた、変わった形の船に隠した。すぐに回収し、証拠隠滅するはずだった。

 しかし、そこに齟齬そごが生じる。

 その船は消えてしまっていた。
 再度見つけた時は、地元の有名な競技に出場すべく、公の目に触れる場所にその船は浮かんでいたのだ。
 船を手に入れるか、最悪船ごと証拠を消すか。
 そのいずれも失敗した。思った以上に相手は強敵だったのだ。
 失敗の味は苦い。
 男はその苦渋を味合わせた者へ復讐を誓う。逆恨みであるとは微塵も思っていない。
 その相手の行動はすぐに知ることが出来た。帰国する貴族に同行してその国へ行くという。

 謎の協力者は、男に更なる『力』を与えてくれた。
 これで憎い相手に復讐できる。

 その相手の名は『ジン』と言った。

*   *   *

 国境の砦を通り抜けた馬車は、なだらかな道を下っていった。
「その先にある谷を過ぎれば、半島から大陸へ抜ける」
 エルザがそう言って教えてくれた。
 街道は、切り立った岩と岩の間に続いており、その間隔が最も狭まる場所がこの先にあるという。
 これは魔導大戦の折、魔族の侵攻を防ぐためにこのような道の付け方をしたらしい。
 それが最後の難所で、あとは平坦な土地に付けられた街道をのんびり進むだけだ、とエルザは説明した。

「ブルーランドはどんな町なんだ? 俺は中に入ったことないから教えてほしい」
 そう仁が言うと、エルザはちょっと考えてから、
「ブルーランドは城塞都市。エゲレア王国の経済の中心」
 と説明を始めた。
 ブルーランドからは四方へ街道が延びており、周囲の都市や町、村との交易が盛ん。
 更にはエリアス王国との貿易窓口でもあり、領主であるブルウ公爵はエゲレア王の従兄である。
 周辺の土地は農場・牧場、そして鉱山に分かれており、それぞれ2人の伯爵が治めている。
 そう言って言葉を切り、
「私は説明が下手。でも何か聞きたいことがあったら何でも聞いて」
 と締めくくった。
 何となく気になった仁は、
「その、……伯爵の名前ってわかるか?」
 と聞いた。エルザはすぐに、
「農場と牧場のある土地を治めているのがクズマ伯爵。鉱山は確か……ガラナ伯爵だったと思う」
 内心仁はやっぱり、と思った。まあ、ガラナ伯爵には顔を知られてはいないし、何とかなるだろう、とも思う。
 その時、馬車が急停止した。考え事をしていた仁はあやうく席から転げる所だったが、礼子が即座に仁を支えてくれたので落ちずに済む。
「どうしたの?」
 エルザが御者に尋ねると、
「お嬢様、落石らしいです。道を塞いでしまっているようで」
「え?」
 窓を開け、前方を見ると、確かに大きな岩が前方を塞いでいる。
 仁もそれを見、礼子と共に馬車から降りた。
 1つ前の馬車のラインハルトも降りてきてその岩を見る。
 高さ3メートル、幅も3メートル。街道の幅もちょうどそのくらい、両側の切り立った岩の高さは20メートルくらい。
 どかすにしても、どかす先が見あたらない。
「これはまいったな」
 ラインハルトがぼやく。仁もこれは普通にどかすことは出来ないだろうと思い、礼子に何か言おうとした時。
「ジン、僕のゴーレムも見せてあげよう!」
 ラインハルトがそう言い、後方の荷物を積んだ馬車へと近づき、
起動せよ(ウエイクアップ)!」
 魔鍵語(キーワード)を口にした。
 荷馬車の覆いが外れ、人型が身体を起こす。
 身長2メートル、漆黒のゴーレム。
「立て、『黒騎士(シュバルツリッター)』」
 ゆっくりとゴーレムが荷馬車から降り、立ち上がった。
「ジン、これが僕の『黒騎士(シュバルツリッター)』だ。古代遺物(アーティファクト)であるレーコ嬢には及ばないかも知れないが……」
 ラインハルトがそう言いかけた時、後方から地響きが聞こえた。
「何だ!?」
 振り向くと、立ち上る砂埃の中、2体のゴーレムが見えた。崖の上から飛び降りてきたらしい。
 20メートルはある崖から飛び降りて何ともないということは、かなり高度なゴーレムである。
 そのゴーレムはいきなり、最後尾の食料を積んだ馬車を殴りつけた。一撃で馬車は破壊され、積んであった食料、水などが飛散する。
「何をする!」
 ラインハルトはすかさず黒騎士(シュバルツリッター)を向かわせる。
黒騎士(シュバルツリッター)! 奴らを止めろ!」
はい(ヤー)
 短い返事を残し、黒騎士(シュバルツリッター)は2体のゴーレムへと向かって行った。
 相手のゴーレムは身長は黒騎士(シュバルツリッター)と同じくらい、色は鈍い銀色。だがその外見は、仁が良く知るものであった。
「あれは……」
 仁がカイナ村にいた時、納税の際に襲ってきたゴーレムと同類。だが、その動き、力は当時のものとは段違いである。
 だが、ラインハルトの黒騎士(シュバルツリッター)も、ただのゴーレムではない。
 自律型のみに出来る動きの柔軟さで、2体のゴーレムを1体ずつ相手取る事に成功する。
 まず1体の後ろに回り、強烈な蹴りを叩き込んだ。そのゴーレムは馬車から離れる方向へと吹き飛ぶ。
 残った1体へ黒騎士(シュバルツリッター)は迫る。相手は両手を伸ばし、掴み掛かってきた。
 黒騎士(シュバルツリッター)はその腕を躱し、背後に回りゴーレムを捕まえ、そのまま頭の上に高々と持ち上げた。
「よし、そのまま投げ飛ばせ!」
 ラインハルトの指示を待つまでもなく、黒騎士(シュバルツリッター)は迫り来るもう1体のゴーレム目掛け、持ち上げていたゴーレムを投げ付けたのである。
 それを見た仁は、まずは自分とエルザの安全を優先、礼子にも危険になるまで守りに徹するよう指示を出したのだった。
 その男って誰でしょうね(棒
 さて、ラインハルトの戦闘用ゴーレムも出しました。次回、いよいよゴーレム同士の決戦か!?
 お読みいただきありがとうございます。


 追伸
 引っ越しが順調にいけば本日夜帰宅できているはずですが、不測の事態があったら明日4日昼ころまでレスできません、ご了承下さい。


 20130617 20時57分 表記修正
(旧)その相手の名は仁と言った。
(新)その相手の名は『ジン』と言った。

 バレンティノ側の地の文なので悩みましたが、引用する形式が一番と判断しました。

 20160218 修正
(誤)周辺の土地は農場・牧場、そして鉱山に別れており
(正)周辺の土地は農場・牧場、そして鉱山に分かれており
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ