挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

1106/1540

30-16 1日目終了

〈『ゴーレム競技(ゴンペテイション)』午後の部は、『的当て』です。50メートル離れた的に玉を投げて正確さを競います〉
 円形の的の直径は3メートルあり、同心円が描かれている。
 3メートルの円の中に2メートル、1メートル、30センチと3つの円があって、それぞれで得点が異なる。
 一番外側の3メートルの円に当たると10点。2メートルの円で30点。1メートルの円で60点、30センチの円に当たれば100点がもらえる。
 1体につき、練習1回の後3回投げることができ、そのうちの高得点2回を集計して得点とする。

 まずは練習。ゼッケンの順に一回り。

〈さあ、各選手の練習が終わりました。まずは1番、鋼鉄騎士(シュタールリッター)からです! 構え……投げました! 30点です!〉
 1回の練習でコツを掴むのはなかなか難しいが、鋼鉄騎士(シュタールリッター)はいきなり的に当ててきた。
 的には青い跡が付くのでよくわかる。
〈続きますは2番、ザーベラー。投げました! 30点です!〉
〈1番・2番共当ててきましたね。優秀ですね〉
 このまま高得点が続くかと思いきや、3番、4番、5番、6番と連続で無得点。
〈やはり難しいのでしょうね〉
(よく見えないけど、投げている玉って丸くない気がするんだが、礼子、わかるか?)
(はい、お父さま。不規則な形をしています)
 それもそのはず、当たると的に色が付くようにしているので、構造としては芯になる鉄球、その周りにインクを含んだ布を巻き付けてあるのだ。
 因みに2投目は赤いインク、3投目は黒いインクの玉が用意されている。
 だがそれ故に空気抵抗を受けて、なかなか狙った所へ行かないということになっているわけだ。
〈15番、10点です!〉
〈16番、10点です!〉
 だが、ちらほらと1投目から得点を上げる者も出ていた。
 そして40番。
〈30点! 3人目の30点です!〉
 やはり、ドナルド・カローの古き戦士(アルトクリーガー)はいい性能をしている、と仁は思った。
 そして仁も注目する41番。
〈またもや30点です! これで4人!〉
(やはり、こいつも侮れないな……)
 さらに警戒する仁であった。

〈さあ2回目となります。2回目は41番から始めてもらいます!〉
『ファントム』が、今度は赤い色の玉を掴んだ。そして、投げる……。
〈おおっ! 100点! 100点が出ました!〉
(やはり学習能力が高いな……)
 特定の技術の習得だけが早いのではないということは、制御核(コントロールコア)の処理能力が高いということを物語っている。
 仁は、そばでじっくりと解析してみたいものだ、と思うのだった。

 試技は進んでいく。
〈やった! やりました! 40番古き戦士(アルトクリーガー)、100点です!〉
 古き戦士(アルトクリーガー)も2度目は精度を一気に上げたようだ。

 そして、35番鉄戦士(アイアンウォリアー)が30点、16番蒼天の騎士(ブルーナイト)も30点。
 上位陣は確実に点を取っていく。
 2番ザーベラー、1番鋼鉄騎士(シュタールリッター)は共に60点を上げた。

〈泣いても笑っても最後、3回目の試技です!〉
 今度は1番からである。投げるのは黒い色の玉だ。
〈惜しい! 1番鋼鉄騎士(シュタールリッター)、惜しくも30点に留まりました!〉
 1度目が30点、2度目が60点、3度目が30点なので、上位2回を足すと30+60=90点、これが鋼鉄騎士(シュタールリッター)の得点となる。
〈2番ザーベラー、またも60点!〉
〈16番蒼天の騎士(ブルーナイト)、30点!〉
〈35番鉄戦士(アイアンウォリアー)、60点を出しました!〉
〈40番古き戦士(アルトクリーガー)、残念! 60点です!〉
 前回は100点だったが、今回はインク玉が不出来だったようで、軌道が定まらず、60点に終わった。
 そして41番である。
〈投げました! ……やりました! またもや100点です! これはすごい!〉

 この時点で『ファントム』の1位が決まった。

 結局のところ。
 1位 ファントム  100+100=200点
 2位 古き戦士(アルトクリーガー)   100+60=160点
 3位 ザーベラー   60+60=120点
 4位 鋼鉄騎士(シュタールリッター)   30+60=90点
 4位 鉄戦士(アイアンウォリアー)    30+60=90点
 となった、4位は同率である。
 なお、人気の高い蒼天の騎士(ブルーナイト)は60点で8位。

〈さあ、的当てが終わり、本日の競技は終了です。……解説のトルフさん、大分上位陣が絞られてきました〉
〈そうですね。下位は得点がゼロですから、ここからの巻き返しは難しいでしょうね〉
〈明日は自由演技と模擬戦になります、楽しみですね〉
〈はい。特に自由演技は各製作者の特色が出ますからね〉
 時刻は午後4時近く。
〈それではそろそろ本日の放送を終わります。解説はトルフェデスト、通称トルフさんと、司会の私、エムサストンことエムシィでお送り致しました〉
〈それではまた明日〉

 こうしてゴーレム競技(ゴンペテイション)1日目は終わりを告げた。

*   *   *

「うーん……」
 仁は、用意された貴賓室でソファに座って考え込んでいた。
「ジン兄、何考えてるの? 少し休憩したら?」
 そこへ、深紅色をしたフレッシュジュースを持って、エルザがやってきた。
「お、ありがとう。喉が渇いていたんだ」
「ん」
 エルザからジュースを受け取った仁は、半分ほどを一気に飲み干した。
「ふう、美味いな、これ。でも初めての味だ」
「『グレナード』だって。セルロア王国産の『ザクル』って果物から作るらしい」
 そのままでは酸味がきついので砂糖を入れて調整するらしい、と説明するエルザ。
 砂糖を使うので、高級飲料に分類されるようだ。
「甘酸っぱくて、美味しい」
「うーん、でも砂糖が入っているんだろう? 元の果汁はきっと酸っぱいんだろうな……」
 正解である。
『ザクル』は、現代日本でいう『ザクロ』に近い果実であった。

 残り半分を飲み干した仁は、エルザにありがとう、と言った。そして続けて、
「……で、だな。さっき気が付いたんだが、今回飛び入りで参加した41番な。あれ、おそらくはエゲレア王国に現れたものとは違うぞ」
 と、昼間の競技で気が付いたことを述べた。
「え、どうし……ああ、『重さ』」
 仁は頷いた。
「正解。重力魔法を使っている感じもしなかった。あいつは少し重いくらいで、5倍も重いなんてことはない」
「……謎のゴーレムは何体もいる、ってこと?」
「それがわからないんで悩んでいたんだ」
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160315 修正
(誤)さあ、的当てが終わり、本日の虚偽は終了です。
(正)さあ、的当てが終わり、本日の競技は終了です。
 orz

(旧)練習1回の後、1人3回投げ、そのうちの2回を集計して得点とする。
(新)1体につき、練習1回の後3回投げることができ、そのうちの高得点2回を集計して得点とする。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ