挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1096/1683

30-06 懐古党本部にて

「何だと? 汎用の警備ゴーレムがやられただと?」
懐古党(ノスタルギア)』本部にとある報告が入り、それは内容的にTOPへと回されていた。
「ううむ、確かに、国有の警備ゴーレムや戦闘用ゴーレムと戦えば負けるだろうが、あの町にそんな相手がいたのか?」
「は、ドナルド様。それが、相手は小型のゴーレムだったということです」
「うむう……」
懐古党(ノスタルギア)』のナンバー2、ドナルドは超一流の魔法工作士(マギクラフトマン)である。
 仁たち蓬莱島勢を除けば、この世界でもトップクラスだ。
 その彼が作ったゴーレムが、量産品とはいえ、易々とやられたというのが信じられないのである。
「その時の様子はわかるのか?」
「はい。それにつきましては詳細な報告が来ておりますので」
 仁が『懐古党(ノスタルギア)』に援助した『魔素通話器(マナフォン)』。イメージは大型のトランシーバーである。
 特定の2台の間で通話が可能な魔導具である。
 全員に行き渡ってはいないが、主要な都市……今回はブルーランドの支部に置かれていて、それを通じて詳細な報告が成されたのであった。
「なになに、謎のゴーレムは身長1.8メートルほどで、兵士が着るような重鎧を着ていたというのか……」

*   *   *

 謎のゴーレムと警備ゴーレムが激突した。
 体格は警備ゴーレムが上、当然、有利である……と思われた。
 が。
「なんだと!?」
 謎のゴーレムは、警備ゴーレムを弾き飛ばしたのである。
 仁が見ていたなら、3倍から5倍の重量差がないと不可能、と判断したであろう。
 警備隊員2人は、まだ身体がいうことを聞かず、見ていることしかできない。
 とはいえ、警備ゴーレムは、世界的に見ても高性能なゴーレムである。すぐに起き上がり、背に負った警棒——『硬化(ハードニング)』を掛けられた、直径5センチ、長さ80センチの鋼鉄製——を手にした。
 警備用なので、殺傷力の高い武器は携行していないのだ。
 だが、鋼鉄の棒は、十分な威力を持つ。それを振るう者が強力なゴーレムならば尚更だ。
「おお、そうこなくては練習にならん」
 謎の男が嬉しそうに笑った。
 その言葉の意味を警備隊員が考える間もなく、警備ゴーレムは警棒を振るい、謎のゴーレムに襲いかかった。
 があん、という金属音。
 謎のゴーレムは為す術もなく警棒に左肩を殴打されていた。
 当然、着ている重鎧じゅうよろいは凹む……と思いきや、無事。
 全くの無傷、というわけではないが、とにかくさほどのダメージにはなっていないようだった。
「いいぞいいぞ、どんどんやってくれ!」
 少し離れたところから、謎の男が声を放つ。
 その内容だけを聞いていると、どちらの味方かわからないほどだ。
 謎の男のいうことを聞いたわけではないが、警備ゴーレムは警棒での打撃を二撃、三撃と加えていく。
 だが、謎のゴーレムは黙って殴られるまま。
「……だが、何だ? この違和感は……」
 地に伏したまま、警備隊員はゴーレム同士の戦いを見、違和感を感じていたのである。
 十撃以上をその身に受けているのに、謎のゴーレムは平然と立っている。
「よし、そろそろ動け!」
 またしても謎の指示が飛ぶ。
 謎のゴーレムは、繰り出される警棒に対し、ガードを試み始めた。
 が、その技術は稚拙。さらに数撃をその身に受けてしまう。
 その時、警備隊員は、違和感の原因に気が付いた。
「警棒で殴られているのに、動いていない……!」
 この表現は稚拙だが、彼としては、この状況では他に言いようがなかったのだろう。
 そう、謎のゴーレムは、警棒の打撃を受けても、その身体をほとんど揺らすことがない。
 先程の激突時と同じく、謎のゴーレムはかなりの重量がある証拠だ。
 見れば、地面も凹んでいる。警備ゴーレムと比較して、その体重は5倍はありそうだ。
 それを察し、警備隊員は恐れを感じた。
(5倍……1トンの重さだと!? それでなおあの動き……)
「よしよし、いいぞいいぞ。……そろそろ反撃だ!」
 謎の男の声。
 途端に謎のゴーレムの動きがよくなった。
 警棒を腕で捌き、逸らす。そして一気に踏み込み、体当たり。
 最初の激突と同じく、吹き飛んだのは警備ゴーレムの方だった。
 だが、そこは高性能なゴーレム。すぐに起き上がり、立ち向かっていく。しかし、その手に警棒はなかった。
 謎のゴーレムが奪い取っていたのである。
「よし。試してみろ」
 謎の男からの指示を受け、謎のゴーレムは警棒を振り上げた。
「なん……だと……」
 警備隊員は目を見張った。
 謎のゴーレムは、警備ゴーレムに勝るとも劣らない技術で、警棒を振り回していたのだ。
 しかも、もっと速く、もっと軽々と。
 この時点で、警備隊員はようやく悟った。
 謎のゴーレムは、警備ゴーレムの技術を盗み覚えるために、最初はわざとその身に攻撃を受けていたのだと。
(だが、並の頑丈さではない……)
 あれだけの攻撃を平然と受け、なおかつ反撃することができる、というのは並大抵のことではかった。
 しかも、相手の技術を短期間で習得する、というのも、並の処理能力で成せることではない。
 結論として、謎のゴーレムの基本性能はとてつもなく高いということがいえた。
「……!!」
 どがあん、という音がして、警備ゴーレムの胴体がひしゃげた。その頭部も歪み、動作が不安定になりつつある。
「よし、とどめだ」
 謎の男からの指示により、謎のゴーレムは警棒を放り出し、拳で殴りかかった。
「何と!」
 その動作は洗練された拳士のようであった。
 轟音と共に吹き飛ぶ警備ゴーレム。
 10メートル以上吹き飛び、そのまま動作を停止した。

 この頃になると、深夜とはいえ、戦いの物音に気が付いた野次馬が集まってくる。
 中には、警備隊の仲間もいた。何ごとか起こったことを察し駆けつけてきたのだ。
 仲間に助けられた警備隊員が辺りを見回すと、もう謎の男も謎のゴーレムも消えていたのである。

*   *   *

「……」
 ドナルドは、懐古党(ノスタルギア)のマスコットであり、顧問でもある自動人形(オートマタ)、『エレナ』と共に報告を読み、出来事を再構成していた。
「ふうむ、俄には信じられんが、事実は事実なのだろうな」
 懐古党(ノスタルギア)のTOP、ジュール・ロランも同席していた。
「ええ、事実ですわ。謎の男の目的は、おそらく『教育』でしょうね」
「うむ、間違いないだろうな」
 エレナの意見に、ドナルドも賛成した。
「おそらくは、できたばかりのゴーレムに、手っ取り早く戦闘訓練をさせるためだと思うわ」
「同感だ。だが問題はそこではない。謎のゴーレムの性能と、謎の男の真の目的だ」
「そうね。おそらくだけど、謎のゴーレムは全部が金属なのだろうと思うわ。それもかなり重い金属ね」
「エレナのいうとおりだな。警備隊に供出している我々の汎用ゴーレムはおよそ200キロある。その5倍というなら、それ以外に考えられん」
「だがドナルド、そんなことができるのか?」
 ジュールの疑問ももっともである。重さイコール強さ、ではない。重いことは利点にもなるが、動きが鈍くなるという欠点も併せ持つことになるのだ。
「できるかできないかでしたらできますね。ですが、これまでの常識では、利点がみつからないのですよ」
 首を捻るドナルドを見て、エレナが言った。
「これは、報告すべき事案ですわね」
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160305 修正
(誤)、動きが鈍くなるという欠点み併せ持つことになるのだ。
(正)、動きが鈍くなるという欠点も併せ持つことになるのだ。

 20160311 修正
 エレナのセリフがタメ口だったのを敬語に直しました。
(旧)「でも、事実よ。謎の男の目的は、おそらく『教育』ね」
(新)「ええ、事実ですわ。謎の男の目的は、おそらく『教育』でしょうね」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ