挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

30 謎のゴーレム篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1095/1717

30-05 変形動力

「仮に……」
 エルザが口を開いた。
「ん?」
「仮に、ジン兄だったら、どんなものを試してみる?」
「俺だったら? ……それは、生体由来の素材を使わずに、ということでか?」
「うん」
「そうだなあ……」
 しばし、沈思黙考する仁。エルザは邪魔しないよう口を閉ざし、自分も考えてみた。
「やっぱり、『変形動力(フォームドライブ)』かなあ」
「私も、そう思う」
 魔法を使うことが大前提にあるので、その結論は順当である。

「でも、ジン兄、1つ、気になってることがある」
「何だい?」
「『変形動力(フォームドライブ)』のこと。あれって、確かジン兄が魔族領で……敵のゴーレムを動かしている方式に名付けた、でいい?」
「ああ、そうだったな」
「でも、先代は、『森羅』氏族のところで『変形動力(フォームドライブ)』と名付けよう、といっていた」
「あ」
 そう、先代は1000年前に、『変形動力(フォームドライブ)』を『森羅』氏族のところで発見していたのである。
「確かに、記録にはそう書かれていたな……」
「でも、それって、ジン兄が『変形動力(フォームドライブ)』と名付けた方式と同一とは限らない、かも」
「なるほど……」
 1000年という時間を挟んで、初代と2代目とが同じ名前『変形動力(フォームドライブ)』を付けたとはいうものの、内容が同じであるとは限らない。
 エルザはそう言っているのである。
「それは、確かに……」
 仁は考えてみる。地下で資源を採掘しているゴーレム、あれは仁が言う『変形動力(フォームドライブ)』ではなく、工学魔法『変形(フォーミング)』の延長線上にあるものだ。
 メンテナンスフリーで、自由魔力素(エーテル)がある限り動き続ける。
 一方、仁が名付けた『変形動力(フォームドライブ)』は、『変形(フォーミング)』をベースにしながらも、動作に特化した魔法技術だった。
「……ああ、そうか」
 仁は突然理解した。
「先代が『変形動力(フォームドライブ)』と名付けたそれは、地下で動いているゴーレムと同じものなんだ」
 おそらくは、先代がそれを使って採掘用のゴーレムを作り上げたのだろうから。
「ステアリーナがクリスタルゴーレムに使っているのも先代が名付けた『変形動力(フォームドライブ)』だな」
「と、すると?」
「俺が名付けたものは、先代が名付けたものとは似て非なるもの、ということさ」
 そう考えればすっきりする。
 仁には、おそらくそれが最も真実に近いのだろう、という確信めいたものがあった。
「……ん、わかった」
 エルザも納得してくれたようだ。
「でも、ジン兄。最初の質問の答えは、出てない」
「ああ、そうだな」

変形動力(フォームドライブ)』を突き詰め、生体素材よりも優秀な結果を出せるか、という疑問。
 仁はもう一度考えてみた。
「……まず、整理するため概念をはっきりさせよう」
変形動力(フォームドライブ)』という名称は、先代に敬意を表し、蓬莱島の採掘用ゴーレムやステアリーナのクリスタルゴーレムを駆動している方式をそう呼ぶことと決める。
「じゃあ、『ゴルグ』が使っていた方式は?」
「……うーん、『流体変形式動力フルードフォームドライブ』かな……」
「流体変形式?」
「ああ。つまり、金属を固体ではなく仮想液状化してから『変形(フォーミング)』しているみたいだから、そう呼ぼうかと思ってさ」
 そしてこれを切っ掛けに、仁も『流体変形式動力フルードフォームドライブ』に興味を持ったのであった。

*   *   *

 エゲレア王国中南部の町、ホホド。
 ここは、北にラアホ鉱山、東にブルーランドを望む、小さな町である。
 鉱山が近いのでそれなりに賑わってはいるが、大きく発展するには至っていない。
 それは、鉱山一帯を管理しているガラナ伯爵のせいである。
 一言で言うと、かなりの搾取を行っているために人々の生活に潤いがないのだ。
 それゆえ、町の雰囲気もかなりすさんでおり、ガラの悪い者も多く、中には犯罪者さえ紛れていた。

 そんな中、『懐古党(ノスタルギア)』から派遣されてきた警備隊が、町中を見回るようになり、随分と治安はよくなっていた。
 とはいえ、警備隊の全員が懐古党(ノスタルギア)党員というわけではない。
 人数にも限りがあるため、最低1名が懐古党(ノスタルギア)党員で、残りは雇った者、という構成が多かった。
 ここホホドでは、警備隊責任者が懐古党(ノスタルギア)党員で、6名が別の町で雇った者。
 他に、警備用に3体の汎用ゴーレムが派遣されていた。

「今朝連絡が入った。ミダトーナ、ジーダゾ、ルブの町で、連続して荒くれ者が襲われ、重傷を負っているらしい。犯人は不明。気を付けるように」
 早朝のミーティングで、責任者がメンバーを前にそう伝えた。
「町の位置を考えると、こちらへ近付いて来ていると考えられるからな」
「わかりました」
 メンバーは、元兵士や兵士の経験者であり、それなりに腕は立つ。ミーティング後、担当部署に分かれ、2名一組で町へ。
 1日3交代制、2人一組、1体の警備ゴーレムを帯同。これが彼等のスタイルであった。

「襲われたのが荒くれなら、あまり気にする必要もないんじゃないかなあ」
「まったくだ。だが、狙いがわからん以上、油断できないと思ったんだろうさ」
 そんな会話をしながら、町を巡回する警備隊。
 朝、昼……ホホドの町は平和だった。

 そして夜が来た。
 午後9時から午前5時までが夜担当の割り当て時間である。
「それじゃあ行ってくる」
「おう、行って来い」
 これまで通りの夜が過ぎる……はずだった。
 深夜、午前0時。月……ユニーは南中する。
「ん?」
 町の入口に警備員を遮るようにして立つ2つの影。
 1つは人間の、そしてもう1つはどう見てもゴーレムのものだ。
「……何か用か?」
 朝のミーティングで聞いた話を思い出し、警戒する2人。
「人間に用はない。あるのはそっちのゴーレムだ」
「何? どういう意味だ?」
 意味が分からず、聞き返す警備員だったが、その答えは予想外のものだった。
「こういうことさ。……かかれ!」
 いきなり、男の連れたゴーレムが襲いかかってきたのである。
「何!?……ぐあっ!」
「げふっ!」
 ゴーレムは警備隊2人を殴り飛ばし、警備隊のゴーレムに殴りかかっていった。

「な……何を……」
 殴られたとはいえ、さほど力を込めてはいなかったようで、2人とも無事のようだ。
 しかし、その衝撃はかなりのもので、意識ははっきりしているものの、しばらくは立ち上がれそうになく、警備ゴーレムと謎のゴーレムの戦いを見ていることしかできなかった。

 警備隊員2人が危害を受けたため、警備ゴーレムは相手を敵性認定し、迎え撃つ。
 謎のゴーレムは身長1.8メートルほどで、兵士が着るような重鎧じゅうよろいまとっていた。
 対して警備ゴーレムは身長2メートル。汎用とはいえ、ベースは統一党(ユニファイラー)のゴーレムであるから、人間の5倍以上の力を持っていた。
 だが。
「……なに!?」
 驚愕の光景がそこに展開されたのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160304 修正
(誤)金属を個体ではなく仮想液状化してから
(正)金属を固体ではなく仮想液状化してから

(誤)『変形動力(フォームドライブ)』と名付けた方式を同一とは限らない、かも」
(正)『変形動力(フォームドライブ)』と名付けた方式と同一とは限らない、かも」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ