挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

過去篇 肆 アドリアナの冒険

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1086/1740

018 間奏3/『福音』の氏族

 ちょうど蓬莱島では今を盛りと咲く白百合を一輪手にし、仁は礼子だけを連れて先代の書斎を訪れた。
 その白百合を、礼子が持って来た一輪挿しに飾り、机の上に置く。
「先代がこの花を好きだったかどうかはわからないけど」
「いえ、お母さまはきっと、白い花がお好きだったと思います」
 自信ありげな礼子の物言いに、仁は疑問を持ち、問いかける。
「どうしてそう思う?」
「……いえ、なんとなしにそう思えただけです」
「そう、か」
 もしかしたら、そうした記憶が僅かながら制御核(コントロールコア)に残っているのかもしれない、と仁は思った。
 そして、本棚に目をやると、『我がふみあと 三』と書かれた日記を取り出す。
 この日記は、先代の目を通して、1000年前の世界のことを知ることができる貴重な資料である。
 仁は留め具を外し、そっと表紙を開いた。

『森羅氏族の協力により、私の知識は飛躍的に向上した。だが、まだ目指すところは遠い。聞けば、奥地に『福音』という氏族がいることを聞いた。そこには、更なる向上への鍵が眠っているかもしれない。……』

*   *   *

「『始まりの地』ですって? それはいったいどのような所なのですか?」
 世間話の折りに、ふと聞いた単語を、アドリアナは聞き返した。
「我々の祖先が初めて降り立った地……と伝えられている」
 返すは『森羅』の氏族長、サイトス。
「初めて降り立った……ですか。どういう意味でしょう?」
「我等の祖先は『天翔る船』に乗って天空から来たり、この土地に定住した、というような伝説があるんですよ」
 説明してくれたのはバシャーコ。
「『天翔る船』……空を飛ぶ船、ということでしょうね。それに乗って天空から来た、ですか」
 アドリアナは考え込んだ。
 父シュウキの元居た世界にはそういう『作り話』があることを聞いてはいた。
 そして、この大地が平らではなく丸いこと、太陽の周りを回っていることも知っている。
 さらに、シュウキの元居た世界では『スプートニク』という、人工の天体を飛ばすこともできるということを。

 とはいえ、今のアドリアナには、まだ空への野心はない。
 むしろ、そうした『空飛ぶ船』を作り出せる技術と知識への関心があるのみだ。
「そこへ行ってみたいんですが」
 それで、自然とそういうセリフも出てくる。
「1人では無理かもしれんな。どうしてもと言うなら、案内を付けよう」
 アドリアナの技術に深く心酔した森羅氏族は、全面的に協力を申し出た。
「ありがとうございます」
 まさに渡りに船、一も二もなくアドリアナはその申し出を受けた。

*   *   *

 それから2日後、アドリアナはゴーレム、Fー002、Mー002を連れて『森羅』氏族の集落を出発した。
 道案内役はバシャーコである。すっかり慣れ親しんだ彼となら、アドリアナも安心である。
「バシャーコさん、よろしくお願いします」
「こちらこそ。4〜5日掛かるかと思いますが、御了承ください」
「それはもちろんです」
 荷物は全てゴーレムが持ってくれるので、体力的にはかなり楽だ。
 万が一の時にはゴーレムに乗ることも可能。
「では、行ってまいります」
「気を付けてな」

 季節は夏、北の大地にも草が萌え、花開く頃。旅にはもってこいの陽気である。
 昼の時間は長く、夜は短い。
 バシャーコの案内は確かで、アドリアナたちは一度も道を間違うことなく、内陸を目指していった。

 3日目。
「アドリアナさん、予定より1日早く着けそうです」
「ほんとですか!?」
「ええ。荷物をゴーレムに持ってもらえたのが大きいですね。夕暮れ頃には着けると思います」
 ほとんど空身なので、1日の移動距離が長く取れ、なおかつ疲労が少ないことが幸いしたようだ。
 その言葉どおり、日が沈む前には、集落が見えてきたのである。

「あれですか?」
「ああ、そうだ。……ほら、こちらを見つけたらしいですよ」
 その言葉どおり、集落から3人ほどがこちらへ向かってくるのが見えた。
「今回は、紹介状はないですが私が同行しているので御安心を」
『森羅』の氏族を訪ねた際には、『蒼穹』の氏族からもらった紹介状があったため、アドリアナもすぐに信用してもらえたのであった。

「……何か御用かな? ……おや、そちらは『森羅』のバシャーコではないか?」
 近付いて来た3人の1人、1番年長に見える男は、バシャーコを知っていたようだ。これで話が早くなる。
「ご無沙汰しております、ハーキラー殿」
 ハーキラーと呼ばれた男は身長は180センチくらいか。すらりとした初老の男であった。
 その左右には40歳くらいに見える壮年の男がついており、護衛のようだ。
「珍しいこともあるものだ。そちらのお嬢さんに関係があるのかね?」
 ハーキラーはアドリアナをちらと見て言った。
「ええ、そうなんです。こちらはアドリアナ殿と言いまして、『魔法工学師マギクラフト・マイスター』なんです」
魔法工学師マギクラフト・マイスター? 何だね、それは?」
 この疑問に答えたのはアドリアナ。
「ええと、魔法工学師マギクラフト・マイスターといいますのは、『魔法工学』を全て修めた者という意味です」
「ほう、魔法工学とな? 察するに、魔法でものを作るという学問だな? それは興味深い。で、ここへは何をしに?」
「もちろん、『福音』の氏族が有する知識や情報、それに遺物ですよ」
 これはバシャーコ。
「何せ彼女は、我が『森羅』氏族に伝わる古代遺物(アーティファクト)を全て解析し、動かなかったものを動くようにしてくれたのですから」
 この言葉は効き目があった。
「何と? 確か、『森羅』に伝わる古代遺物(アーティファクト)は20ではきかなかったと思うが?」
 さすがのハーキラーも驚きを隠せない様子だ。
「ええ、そうですよ。全部で38台を修理してもらいました」
「なるほど……」
 そこでハーキラーは、立ち話をしていることに気付く。
「これは失礼した。アドリアナ殿と仰るか、私は『福音』氏族のおさ、ハーキラー。歓迎しますぞ」
「アドリアナと申します、よろしくお願いします」
 自己紹介するハーキラー。アドリアナも名を名乗り、頭を下げた。
「では、今宵は我が家へお泊まりあれ」
「ハーキラー殿、よろしくお願いする」
 バシャーコも軽く頭を下げ、一行は『福音』の集落へと向かった。

「え……」
 アドリアナが驚いたのも無理はない。
 『福音』の氏族長は、集落内ではなく、その背後にある巨大な岩山に横穴を穿うがって、その中に住んでいたのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160224 修正
(誤)『福音』の氏族が有する知識や情報屋、遺物ですよ
(正)『福音』の氏族が有する知識や情報、それに遺物ですよ

(誤)その左右には40歳くらいに見える壮年のの男がついており
(正)その左右には40歳くらいに見える壮年の男がついており
 orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ