挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

29 世界会議と賢者の足跡篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1058/1679

29-23 ハンナの成長

「他に、このカイナ村で農業や牧畜をして貰うのもいいな」
 バロウとベーレに向かい、仁は先を続けた。
「もちろん、ショウロ皇国で何か店でも開くというなら全面的に協力するし、故郷に帰りたいというならそれもいいだろう」
 今の仁なら、大抵の希望を聞いてやれる、と思っている。
「もちろん、今のまま執事と侍女を続けてくれるというのもありだ。まあ、すぐに決めなくてもいい。俺としてはこの村に住んでもらえると嬉しいけどな。強制はしないよ」
「はい、わかりました」

 時刻は午後4時半といったところ。
 夏の日の午後はまだまだ明るい。
 バロウとベーレに、今度こそ休暇を出した仁は、ハンナとエルザを前に考え込んでいた。
「今夜の夕食はどうしようかな……」
「おにーちゃん、うちへおいでよ!」
「そうだな、そうするか」
 ハンナの家の真向かいには仁の家があるうえ、エルザの実の母、ミーネはハンナの祖母、マーサと一緒に暮らしていた。
「うん」
 母親に会えるというので、エルザもご機嫌である。

*   *   *

「ジン、七夕以来かねえ。世界会議とかいうのやったんだろう? どうだったんだい?」
 午後6時半。
 仁たちはマーサ宅で食卓を囲んでいた。
「ええ、おかげさまでうまくいきましたよ」
「そうかい。それはよかったね」
「あたしも行ってみたかったなあ……」
 残念そうにハンナが呟いた。
「そうだな、次回はハンナも助手として連れて行ってもいいかな」
「ほんと?」
 ハンナの知識を考えると、十分に助手はできるだろうし、何より得難い経験が得られるだろう。
 それに、顔見知りのリースヒェン王女もきっとまたやって来るに違いない、と仁は考えていた。

「エルザもお役に立ったのですか?」
 エルザの実の母、ミーネはエルザに問いかけた。
「……うーん、あまり」
 だが、これを聞いた仁はすかさずフォローする。
「そんなことないさ。エルザは『コンロン3』でお客たちの引率を務めてくれたし、何よりいてくれることで俺が助かっているよ」
「……そう?」
 仁からの言葉に、少し顔を赤らめるエルザ。そんな彼女を見て、マーサが一言。
「ジン、エルザちゃんとの式はいつ挙げるんだい?」
「え?」
「え」
「あんまり待たせたら可哀想だよ?」
 村長夫妻、つまりギーベックとサリィは、仁たちよりも後から出会って、先に一緒になってしまった、というマーサ。
「で……でも、バーバラさん、とエリックさん、は」
 真っ赤になったエルザの口から2人の名前が出た。
「ああ、そりゃあね、あの2人はまだ生活基盤ができていなかったからさね。あんたたちはもう十分じゃないかね?」
「あ、う」
 口籠もるエルザとは裏腹に、仁は顔を赤くしながらもきっぱりと言った。
「来月、挙式をしようと思っています」
「え」
 エルザが仁の顔を見る。
「エルザ、待たせてごめんよ。ミーネさんのいる前ではっきりしておきたいんだ」
 いつもはミーネ、と呼び捨てにしていたが、今回はエルザの母としてミーネを扱う仁。
「お義母さん、とお呼びしないといけませんね」
「やめて下さいよ、ジン様。……でも、ありがとうございます。エルザを、よろしくお願いいたします」
「はい、もちろん」
「あ、あ、う」
 自分そっちのけで話が進み、エルザは慌てている。だが、決して嫌がっているわけではなさそうだ。その証拠に、目元が笑っている。

 その時であった。
「お父さま、ちょっと」
 礼子が、仁の服の裾を引っ張った。
「うん? どうした、礼子?」
 仁はそう尋ねながらも、礼子に従ってマーサ宅の外へと出た。
 外に出、マーサに聞かれていないことを確認した礼子は、口を開いた。
「たった今、報告が入りました。旧レナード王国北部の海岸で、『賢者(マグス)』の手掛かりが見つかったそうです」
「何!?」
 朗報であった、
魔法工学師マギクラフト・マイスター』アドリアナとも深い関係があった『賢者(マグス)』。
 礼子にとっては祖父ともいえる『賢者(マグス)』。彼の足跡を辿ることはまた、先代魔法工学師マギクラフト・マイスター、アドリアナ・バルボラ・ツェツィの足跡を辿ることにもなるのだ。
「そうか、このあとゆっくり聞かせて貰おう」
 仁はそう告げて、マーサ宅へと戻った。

「おにーちゃん、どうしたの?」
「ジン、なにかあったのかい?」
 ハンナとマーサが同時に仁に質問を投げ掛けた。
「ああ、いえ、礼子が、表に……」
「『バトラー』が来ている、とお父さまにお教えしたのです」
 仁が言い訳を考えていたら、礼子がフォローしてくれた。
「そうかい。彼も村長の補佐で忙しいようだねえ」
 ここでいう『バトラー』はバトラーAのことで、仁の代理である。仁がいない時は村長の補佐を務めているのだ。
 因みに、二堂城に詰めているのはバトラーBとCである。Dはロイザートの『屋敷』勤務だ。
「今ね、村長さんのところは診療所も兼ねているから忙しいの。近々診療所を増築するんだって」
「ふうん、そうなのか。それは援助しないといけないな」
 領主として、村民の福祉に関する事柄であるから、全面的にバックアップすることに決めた仁であった。
「それにしても……」
「ん?」
 ハンナの喋り方から幼さが抜けていることに、仁は気が付いた。
『おにーちゃん』『おばあちゃん』と呼ぶ時は昔のままだが、それ以外の言葉が大人っぽい発音になっていたのだ。
 七夕で帰って来た時はそれほどとは感じなかったのだが。
(いつの間にかハンナも成長しているんだなあ……)
 しみじみと思う仁であった。

「おにーちゃん、今夜はどこに泊まるの?」
 そんなハンナからの質問。
「そうだな、こっちの家で寝るよ」
 ハンナの期待に満ちた顔を見ていると、二堂城で、とはとても言えない仁であった。
「わーい、それじゃもっとお話できるね!」
 無邪気に喜ぶハンナと、仕方ないですね、という苦笑を浮かべるミーネ。そしてマーサはやれやれ、と溜め息をつき、エルザは少し肩を落としていた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20160127 修正
(誤)だが、これを聞いたすかさず仁がフォローする。
(正)だが、これを聞いた仁はすかさずフォローする。

(旧)「今夜はどっちで泊まろうか」
(新)「今夜の夕食はどうしようかな……」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ