挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

28 世界会議準備と遺跡調査篇(続)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1013/1737

28-24 帰郷とその結果

 二堂城で1泊したミロウィーナは、翌日午前中もカイナ村を散歩してまわっていた。
「おばちゃん、お話しして!」
「あらあら、いいわよ」
 その途中で、村の子供たちに捕まり、その度にいろいろな話……主に旧レナード王国に伝わる昔話をしてやったのである。
「へえ、そうなんだー」
「むかしって、どのくらいむかし?」
「ふしぎだねー」
 ミロウィーナも、子供たちとのふれ合いは楽しいようで、仁からも生き生きしているように見えた。
「きっと、子供を見たのも初めてなんじゃないかな?」
 月……ユニーの施設では、ミロウィーナより若い世代はいなかったであろうからだ。
「ん、きっと、そう」
 子供たちに囲まれ楽しそうなミロウィーナ。
「エルザ、ミロウィーナさんの健康状態はどうなんだ?」
「うん、とてもいいみたい。こっちへ来て、若返った感じ」
 精神的にいい影響が出ているのではないか、とエルザは言った。
「だといいな」
「ん」
 子供たちに昔話を聞かせるミロウィーナを見て、心の底からそう思う仁とエルザであった。

*   *   *

「そうですな、聞いたところによりますと……」
 ミロウィーナは何か気になったことがあったらしく、今、村長ギーベックと話をしていた。
「……ご先祖様は東の山を越えてやって来た、という話もありますな」
「……やっぱり」

 ギーベックから村の昔の話や先祖の話を聞いたミロウィーナは、納得がいったような顔をしていた。
 何かに気が付いたのだろうと思ったが、彼女が話してくれるまでは無理に聞くことはしない仁であった。

*   *   *

「ねえジン君、レナード王国に連れて行って下さらない?」
 マーサの家で昼食を食べ終わると、ミロウィーナがそんなことを言いだした。
 仁に否やはない。
「いいですが……どこにします?」
「そうね、やっぱり首都のあったところかしら」
 以前ハンナたちと訪れた、旧首都ディアアを希望するミロウィーナ。
「わかりました。そこならある程度把握してますし」
 そこで、『コンロン3』で向かうことにした。

 距離にして300キロくらいなので、『コンロン3』に乗り、1時間で着く。
 同行するのはエルザと礼子、カイ、操縦はエドガー。
 仁は、不慮の事態を想定して、老君に命じ、ランド隊20体をあらかじめ送り込ませ、付近を調査させておくことにした。

 旧首都ディアアは、以前訪れたときと変わっていなかった。
「ここが首都……」
 上空から眺めるのではなく、自らの足でそこに立ったということには、やはり特別な感慨があるのだろう。ミロウィーナはしばらくの間、無言で立ち尽くしていた。

 10分ほどもそうしていただろうか、ミロウィーナは仁たちの方を振り返った。その目が少し潤んでいるように見えたのは、仁の気のせいではないだろう。
「ありがとう、ジン君。……その、地下室というのはどこなのかしら?」
「あ、はい。こっちです」
 資料館と思しき2階建てのがっしりした建物へと案内していく仁。ミロウィーナが続き、カイが寄り添っている。
 最後尾はエルザとエドガー。礼子は遊撃ポジションといった感じで、一行から少し離れ、あたりに気を配っていた。
 蔓が刈り払われた入口もそのままだった。
 中に入れば、壁画の群れ。仁は『光の玉(ライトボール)』を灯した。
「まあ……」
 ミロウィーナは驚いたようだ。
「これは……創生神話ね。こっちは、人々の暮らしを描いたものでしょう。それに……」
 一つ一つ、ゆっくりと見回るミロウィーナ。予想に反して楽しそうだった。

 一通り壁画を見終わったミロウィーナに、
「地下室も行ってみますか?」
 と仁は尋ねた。
「ああ、そうね。メッセンジャーがいるんだったわね。お願いするわ」
「分かりました」
 仁は礼子に指示を出し、起動用の魔石(マギストーン)に魔力を流した。
 仁たちは念のため、障壁(バリア)を張っておいたが、何ごともなく地下への通路が開いた。
「さあ、行きましょう」
 カイが先頭、その後から仁とエルザがミロウィーナの手をそれぞれ引いて、地下への階段を下りていった。礼子は殿しんがりである。

「『ようこそ、皆様』」
 メッセンジャーの声が響いた。
「あなたがメッセンジャーね。私は脱出した王国民の末裔よ」
「『……!!』」
 その瞬間、メッセンジャーからの音声が途絶えた。そして。
《お帰りなさいませ》
 明らかに異なる音声が聞こえてきた。
《まさしくあなた様はレナード王家直系のお方》
 何らかの方法でミロウィーナの魔力パターンを読み取ったのだろう。
 メッセンジャーに代わって、別の魔導頭脳が目を覚ましたようだ。
《私が建造されて235年、ついにお仕えすべきお方が帰ってきて下さいました》
「あなたも魔導頭脳なの?」
《そうです。私は『*u@k+』と申します》
「え?」
《『*u@k+』です》 
 名前の部分が聞き取れない。
「あなたの名前が分からないわ」
《それは些細なことです。さあ、ご命令下さい》
「何を?」
《この地に再び、レナード王国を再建せよ、と》
 だがこの要望に対し、ミロウィーナは首を横に振った。
「そのつもりはないわ。もう生き残っているのは私一人だし」
《ですから、大陸を平定し、あなた様が頂点に立たれればよろしいのです》
「もうそんな気はないのよ」
《いいえ、是が非でも頂点……女王陛下になっていただきます》
「そんな無茶は止めてちょうだい」
《無茶ではありません。私の力を以てすれば可能です》
「だから、私はそんな気はないの」
《いえ、これが私の使命ですから》
「やめてちょうだい!」
《世界をあなた様の手に!》
 その時、軽い振動が生じた。
「何だ?」
 訝しむ仁に、礼子からの報告が入る。
「……お父さま、魔物が地表に現れたそうです」
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 いきなりネットが使えなくなりました。
 次回更新は未定です。もうしわけもございません。
 詳しく? は活動報告に。

 これからもよろしくお願いいたします。

 20151207 修正
(誤)メッさんジャーの声が響いた。
(正)メッセンジャーの声が響いた。
 誰 orz

(誤)そうな、やっぱり首都のあったところかしら
(正)そうね、やっぱり首都のあったところかしら

(旧)そうですね、そこならある程度把握してますし
(新)わかりました。そこならある程度把握してますし
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ