挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

28 世界会議準備と遺跡調査篇(続)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1011/1741

28-22 蓬莱島の休日

「ああ、これが海なのね……」
『バリアクッションカー』で景色を楽しみながら、ゆっくり時間を掛けてやって来たのはタツミ湾。
 潮の香りも強すぎては不快になるかもしれないと、『滅菌』に加え、弱い『脱臭』効果も付け加えたため、いまのところ何の問題もなくミロウィーナは蓬莱島を満喫していた。
 そこに置かれたリクライニングチェアに腰掛けて、ミロウィーナは海を眺める。
「ユニーから見下ろしていた、これが海。青くて、綺麗ね。空の青と海の青、同じ青でも違う青……」
「暑くないですか、ミロウィーナ様」
 お付きのゴーレム、『カイ』が気遣う。
「ええ、大丈夫よ。風が心地いいわ」
 遮光結界に加え、日除けの大型パラソルも差し掛けられており、海風も吹いているのでじっとしていれば暑くはないだろう。
「海に入ってみたいけれど、それは駄目よね……」
「お身体のことを考えますと了承できかねます」
 厳とした声でカイに言われ、ミロウィーナは苦笑した。
 ほぼ無菌状態で生まれ育ってきた彼女である。仁とエルザが開発した『滅菌結界(ステリライズバリア)』がなければ、アルスに呼ぶ事も叶わなかったのだ。
「仕方ないわね。この景色を見ることができただけで満足しておくわ」
 蓬莱島の海と空は青く、どこまでも続いていた。

「美味しいわ」
「お好きなものを召し上がって下さい」
 ペリドリーダー渾身の昼食が並んでいる。
 お粥と梅干し、それに海苔の佃煮。
 サンドイッチ。具は卵、ハム、野菜など。
 釜揚げうどん。稲庭風の細い麺で、薬味としてヤマネギのみじん切りを添える。
「まあまあ、嬉しいわ。地上の食材、料理ね」
 小食と聞いているのでどれも少量ずつである。
 ミロウィーナが1番気に入ったのはお粥で、2番目がうどんであった。和風が好みなのかもしれない。
 仁とエルザはミロウィーナが手を付けなかった分を平らげた。食べ物を無駄にしない仁である。
 食後のデザートは熟したペルシカ。
「ああ、甘くて美味しいわ!」
 先程もいできたばかりの完熟ペルシカである。
「ありがとう、ジン君。来てよかったわ」
 柔らかな笑顔を浮かべたミロウィーナは、本当に嬉しそうに微笑んだ。

 ただ海を眺めるだけではつまらないだろうと、仁は『梓』を呼び寄せた。100メートル級の巡洋艦である。
「まあ、船ね! 乗せてもらえるのかしら?」
「ええ、もちろんです」
 ミロウィーナは『梓』を見ても特に驚いたりはしない。技術的なものには耐性ができているのだろう。
『梓』を砂浜に寄せるのは無理なので、バリアクッションカーの『力場発生器フォースジェネレーター』を使って飛んでいくことにした。
「まあまあ、楽しいわね」
 少女のようにはしゃぐミロウィーナである。
 100メートル級の船上は緩やかに揺れるが、急遽甲板上に設けられた休憩スペースでは重力魔法を使い、揺れを感じないようになっている。
 これは船酔いしやすい仁自身のためでもあった。
「『梓』、発進」
 艦長のマリン11が号令を掛け、『梓』が動き出す。
「ああ、素敵! 海っていいわねえ」
『梓』の最高速度は、魔法型水流推進機関マギウォータージェット推進で時速50キロ。力場発生器フォースジェネレーターを使えば時速200キロ近く出る。
 今回は魔法型水流推進機関マギウォータージェット推進だ。
「潮風、っていうのかしら? 気持ちいいわ。……生きているうちにアルスに戻ってくることができるなんて、私は幸せ者だわ」
 目を輝かせて海を見つめるミロウィーナは、20歳も若返ったように見えた。

 2時間ほどのクルージングを堪能したミロウィーナと共に、仁は転移門(ワープゲート)で研究所へ帰った。
 研究所の前庭には、お茶の準備が整えられていた。
「まあ、素敵」
 金色のソレイユと銀色のルーナを見て、ミロウィーナが微笑んだ。
「お茶も色々用意してみました。お試しになって下さい」
 緑茶、ほうじ茶、玄米茶、紅茶、そば茶、麦茶。
 ペルヒャ茶、クゥヘ。
 お茶請けとして、ポップコーン、トポポチップス、アレ(大学芋)。
 ホットケーキ、みつ豆、プリン、それにせんべい。
「まあまあ、目移りしてしまうわ」
 そう言いながらもミロウィーナは全部を少しずつ味わっている。
「食べ物、飲み物って、こんなに色々な種類があったのねえ……」
 ユニーでは限られた食材しかないため、おのずとメニューも限られていたのであろう。
「そうね、ほうじ茶が好みかしら。それとみつ豆が美味しいわ」
 完成したばかりの求肥を美味しそうに頬張るミロウィーナ、仁も嬉しい。
 これで大分、ミロウィーナの好みが明らかになった。
 後は夕食である。

 その前に入浴してもらう。
「エルザ、礼子、頼むよ」
「ん」
「はい、お任せ下さい」
 介添えとして、カイだけでなく礼子も付く。
「まあ、これが温泉?」
「ええ、そうです。足元に気をつけて下さい」
 カイと礼子にそれぞれの手を引かれてミロウィーナは浴室に足を踏み入れた。
「お湯に浸かるのね」
 ユニーでは水が貴重なのでシャワーだけであった、という。
 掛け湯をしてからゆっくりと浴槽に入るミロウィーナ。
「ああ、いい気持ち」
 普段は熱い湯が好きな仁のために、摂氏43度から45度くらいなのだが、今日は、少し温度をぬるめにしている。だいたい摂氏39度くらい。
 ミロウィーナはお湯の中で手足を伸ばした。
 その横にエルザも入る。
「こんなお湯が地面から湧いてくるなんて不思議ね」
 理論的に知ってはいても、実際に目にすると、やはり不思議なのであろう。
「はい、私も最初はそう思いました」
「まあ、うふふ」
 ミロウィーナの肌は張りがあって、61歳とは思えない。
「お背中、流します」
「あらあら、ありがとう」
 十分に温まったあと、流し場でエルザはミロウィーナの背中を流す。
 使っているのはカイナ村特産の重曹から作った石鹸である。
 トパズが、うろ覚えな仁の記憶と、ミツホから持ち帰った石鹸を参考に、苦心の末作り出したものだ。
 その他に『ぬか袋』も置いてある。
 米糠を目の細かい布に包んだもので、これをお湯を張った洗面器に入れておき、そのお湯で洗顔すると顔がつやつやになる。
 髪を洗った後にもリンスとして使える。潮風でぱさついた髪に優しい。
「ああ、気持ちいいわ」
 温泉に浸かり、ミロウィーナは幸せそうに呟いた。

 1時間ほどの長湯のあとは、冷たいシトランジュース。
 飲み過ぎると胃腸に悪いので、一杯だけだ。微炭酸に仕上げてあるので、喉越しもいい。
「あら、これ美味しいわね」
 咽せることもなくコップ一杯を飲み干したミロウィーナ。
「来てよかったわ」
 それは心の底からの言葉であった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20151202 修正
(旧)飲み過ぎると胃腸に悪いので、一口だけだ。
(新)飲み過ぎると胃腸に悪いので、一杯だけだ。

 20151204 修正
(旧)堪能したミロウィーナを、仁は転移門(ワープゲート)で研究所へ連れ戻した。
(新)堪能したミロウィーナと共に、仁は転移門(ワープゲート)で研究所へ帰った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ