挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

28 世界会議準備と遺跡調査篇(続)

1009/1475

28-20 発想の転換

「うーむ」
「……」
 仁とエルザはまだ悩んでいた。
「形が決まっているなら比較的簡単なんだがなあ」
 プラズマソードなどは、形状を決めているからこそ、剣の形に結界を維持できているのだ。
「バリアか……まてよ?」
「ジン兄、バリアクッションカー」
 2人とも何か思いついたようである。
「病原体から守るだけならできるかもしれない」
「やわらかバリア」
「え?」
「え?」
 2人とも、それぞれちょっと違うことを考えついたようだった。
「ええと、エルザからどうぞ」
「……ジン兄から」
「そ、そうか?」
 ここで押し問答しても仕方ないので、仁はアイデアを口にする。
「既存のバリアにこだわる必要はないんだ、と思ったんだ、つまり、『滅菌結界(ステリライズバリア)』を作ればいい」
 つまり、効果範囲の中に入って来たものを滅菌する結界である。
「なるほど、わかる」
 頷いたエルザに、今度は仁が質問した。
「エルザのアイデアは?」
「バリアクッションカーで使ったような、柔軟性のあるバリアを、縮めていく」
「なるほど……そうすれば、設定にもよるが、体の表面に沿ってバリアが形成されるな」
「ん」
 仁とエルザは再度協議を始めた。老君も参加する。
『当初の目的である、ミロウィーナさんをアルスに招く、という目的に限定するのでしたら、御主人様(マイロード)の『滅菌結界(ステリライズバリア)』がよろしいでしょうね』
 実現性が高く、確実である、という老君。
 それについては仁もエルザも異論はない。というより、それでいくつもりだった。
 問題は、エルザのアイデアの応用性である。

「……そうやって、体表面に沿ったバリアを基準にして、もう一層、バリアを発生させれば……」
「さすが、ジン兄。私の言いたいことはまさに、それ」
御主人様(マイロード)、その方法でしたら、どんなバリアでも、体表面に沿って発生させられますね』
 つまりは、発想の転換である。
 強度の弱いバリアは変形する。バリアクッションカーはその性質を利用して、地面の凹凸を吸収しているわけだ。
 対象者を包んだバリアの大きさを縮めていけば、いずれは対象者の身体に接触することになる。
 更にバリアを縮めたらどうなるか。
 バリアが空気を通す種類のもので、かつ固体は通さないものであれば、バリアは変形を始める。対象者の身体に沿って。
 もし服を着ているなら、服の表面にも沿うだろう。
「このバリアはもちろん、『自由魔力素(エーテル)』の作用で発生しているわけだ」
 仁は自分でも確認するように、エルザに説明していく。
「ん。だから、別の結界の起点にすることが、できる」
「いやあ、エルザ、すごいな! その発想はなかったよ」
 この考え方を応用したなら、多層結界……いや、複合結界が簡単にできそうだ、と仁は考えた。
『ですね。今現在は、起点が結界発生用の制御核(コントロールコア)ですから、2種類以上の結界を同時展開しようとすると、微小な誤差が出てしまい、完全一致はできませんから』
「それが、エルザ様の考え方を応用すれば誤差をなくせるというわけですね」
 礼子も感心する。
 仁とエルザ、礼子、それに老君は、この方法の可能性をしばし語り合ったが、まずは当初の目的を追求することにした。
「まずは『滅菌結界(ステリライズバリア)』からだ」
「ん、それはジン兄の考え方が、適している」
 同じ結果を出せるならば、よりシンプルな方が優れている、という考えである。
「オータムの剃刀、だったっけ」

 正解は『オッカムの剃刀』である。別名を『ケチの原理』ともいう。
 同じ結果を出せるなら、より単純なものの方が優れている、という考え。
 法則などを説明する際、不要なものをそぎ落とすという意味での『剃刀』である。

 閑話休題。
 ミロウィーナを連れて来たいが、おそらく彼女にとってはアルスは、耐性のない病原菌だらけのはずだ。
 そのため『滅菌結界(ステリライズバリア)』を開発しようとしているわけである。
「固体内部の菌も考慮する必要があるかな」
 食べ物、という意味合いである。
『でもやりすぎると味が落ちませんか?』
 老君がいうのは発酵食品のことだ。
「それは大丈夫だろう。食べても腸内細菌が増えることもないが」
 液体も同じ。ただ、生体内部には効果がないようにしないと、ミロウィーナ自身の腸内細菌などまで滅菌してしまうことになる。
「エルザ、どうだ?」
「……ん、できる、と思う」
 エルザはメモ用紙に魔法制御の流れ(マギシークエンス)をさらさらと書いて見せた。
「うん、なるほど。これなら大丈夫だな。元々、治癒魔法なんかを除いて、魔法は生体内に影響を及ぼせないんだし」
「そう。治癒魔法は特別。でも、工学魔法としての『殺菌(ステリリゼイション)』は……」
 元々、人体内には影響を及ぼさないのであった。

 こうして、『滅菌結界(ステリライズバリア)』はその日の夕方には完成した。
 ペンダント型で、首から提げるタイプ。
「これって、外科的手術にも有効そう」
「ああ、確かに。サリィ先生のところにも持って行こうか」
「その場合は、もう少し汎用性を持たせて、部屋の中を滅菌できるようにするのがいいかも」
「なるほどな」
 さらに応用した魔導具、『滅菌結界発生機(ステリライザー)』までもが完成したのであった。
「これでミロウィーナさんを呼ぶ目処が立ったな」
「『滅菌結界発生機(ステリライザー)』はサリィ先生も喜ぶと思う」

 満足した仁とエルザは、夕食にすることにした。
「……今夜も用意できなかった」
 代わって、今夜の担当はミーネである。
「母さま、ありがとう」
「いいのよ。ジン様と何やら忙しそうだったしね」
 献立は大麦の粥、オムレツ、白身魚のフライ、野菜のスープ、フルーツサラダ。
「母さまの味、やっぱり美味しい」
 本人から習っているエルザであるが、同じ味が出せない、という。 
「やっぱり年季の差、というのはあるのかな」
「ふふ、そうかも知れませんわね」
 仁の呟きに、ミーネは笑って同意した。
「……頑張る」
「ええ、頑張りなさい」
 年長者の余裕を持って、娘をいなすミーネ。そこには母と娘の絆が感じられた。
 そんな2人を見た仁が、少しだけ羨ましく思ったのは秘密である。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20151201 修正
(誤)効果範囲野中に入って来たものを滅菌する
(正)効果範囲の中に入って来たものを滅菌する
 orz

(誤)やっぱり年期の差
(正)やっぱり年季の差

(誤) 当初の目的である、
(正)(消去)
 消し忘れです orz

 20161225 修正
(誤)「やっぱり年季の差、というのもはあるのかな」
(正)「やっぱり年季の差、というのはあるのかな」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ