挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

05 旅路その1 エリアス王国篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/1717

05-09 vsゴーレム

 賊の首領は魔導士だった。
 ゆえに、前に出て戦うことはせず、配下をうまく配置して仕掛けたのだ。
 狙うは貴族の娘。容姿に秀で、魔法も使うという。とある筋から依頼された獲物だった。
 上手いことに、ゴーレムを使う従兄の貴族は別行動をしているという。絶好の機会であった。
 正面から狙うと見せかけ、背後に手練れ2名を配置。正面の配下を倒した時に生じる油断、それを突いて娘をさらう計画。
 正面の配下は捨て駒。魔法で操り人形にした食いつめ者、どうなろうと知ったことではない。

 だが、その策も易々と打ち砕かれた。

 残った戦力と言えば、以前謎の男から譲られたゴーレム。
 無償で譲られたそのゴーレムは、術者の魔力と引き替えに、とてつもない威力を発揮した。
 過去、試しにと思って使った時、1中隊をあっという間に皆殺しにしてしまった。自身は無傷で。
 以来、このゴーレムは賊の首領にとって最後の切り札となったのである。

*   *   *

 残った賊は魔導士らしかった。
我が魔力と引き替えにエクスチェンジ・フォア・マイ・オド
 手に持った赤ん坊の頭ほどもある透明な玉。それが輝く。
「『来たれ(サモン)』『従え(フォロウ)』『戦え(アタック)』」
 そしてその玉を頭上に掲げる、それと同時に、賊の背後から巨大な影が姿を現した。
「あれは……ゴーレム!」
 執事のアドバーグが驚いた声をあげた。まさか賊がゴーレムを持っていようとは思わなかったのだ。

「あのゴーレムは!?」
 仁が驚きの声をあげる。
「ジン君、知ってるの?」
 エルザはミーネを庇いながら、仁の発した言葉を聞き、そんな問いを投げかけた。
「ああ、以前、クライン王国で似たゴーレムを見たことがある。しかし、あれは……」
 そのゴーレムは、トカ村近くで遭遇し、ゴンとゲンの原型となったそれより、2倍は巨大であった。
 身長は4メートル、表面は銀灰色に鈍く光り、禍々しい雰囲気を漂わせていた。
「エルザ、3人をこっちに呼び戻すんだ!」
 不吉なものを感じた仁はエルザにそう叫んだ。エルザも、ただならぬものを感じたらしく、
「爺! ヘルマン! オットー! こっちへ!」
 オットーというのは下男の名前らしい。
 だが、エルザの呼ぶ声にも3人は従わない。あくまでもゴーレムを迎え撃つつもりらしい。少なくとも執事のアドバーグと護衛のヘルマンは。
「駄目だ! 人間の敵う相手じゃない!」
 仁も叫ぶ。礼子なら余裕だろうが、トカ村での例もある、他にゴーレムが現れないとも限らない。
 傷付いた乳母、ミーネとそれを庇うエルザ。礼子といえど、2箇所を同時には守れない。

「だめ。あの2人は言うことを聞かない」
 呼んでも戻らない2人にエルザが溜め息をつく。
「こうなったら、こっちから助けに行くしかないか」
「え?」
 冷静に考えて、1番攻撃力が高いのは礼子。そして、仁も特別製の腕輪を持っている。
 そして、防御力。仁は腕輪、礼子はペンダント、エルザも保護指輪(プロテクトリング)を付けている。
 どう考えても、礼子が救援に向かうべきだ。仁はそう考えた。
「エルザ、ミーネをしっかり抱いて、バリアと唱えるんだ」
「うん。『バリア』」
 そしてエルザは魔鍵語(キーワード)を唱える。周囲に障壁が張り巡らされた。それを見た仁は、
「礼子、出来るだけ急いで奴らを倒して戻ってきてくれ」
「はい、お父さまがそうおっしゃるならば」
 そして走り出す礼子。
 仁はあたりを警戒するように見回し、万が一、賊からの攻撃が来ないとも限らないので、エルザ達と賊の間に立ち、賊の動向に目を凝らし、警戒する。
 エルザはそんな仁の後ろ姿に縋るような視線を向けていた。

*   *   *

「くそっ!」
 ヘルマンの振るう剣は、ゴーレムに届くものの、表面に傷一つ付ける事さえ出来ていない。
「まさか……アダマンタイトかよ?」
 銀灰色の鈍い輝き、それはアダマンタイトのもの。だとすれば、自分の剣では斬れようはずが無い。
 だが、エルザの護衛として、ヘルマンは引く気はなかった。

 アドバーグは、ゴーレムを操っている敵を叩くつもりだった。だが。
「なんと!」
 鋼の芯が入った杖で殴りつけると、こちらの手が痺れるような手応え。
「ふふふ、術者が無防備だと思ったのか?」
 魔導士は自分の周囲に結界を張っていたのだ。
「こいつは……やっかいな相手ですな」
 アドバーグにも焦りが出る。
「しかし、狙いはおそらくお嬢様。ならばどうあっても倒さなければいけませ……お嬢様!?」
 その守るべきエルザの方を見た執事、アドバーグは背筋が凍るような恐怖を覚えた。

 エルザの背後に、ここにいるのと同じ型のゴーレムが迫っていたのだ。
「お嬢様!? それにミーネ!?」
 血だらけで倒れているミーネとそれを抱きかかえるエルザ。ゴーレムはそんなエルザ目掛け、突進していった。

「くっ、やはり2体いたか!」
 振り向いた仁が叫んだ。
 トカ村で襲ってきたゴーレムも2体だった。その予想は当たったが、襲ってきたのは反対側から。
「さっきの賊も後ろからだったな、ゴーレムも同じだったか!」
 僅かに後手に回ってしまった仁。その目の前でゴーレムがエルザ達を襲う。

「ふふふ、これで終わりだ」
 賊の首領は、一見無防備になった獲物を見て舌なめずりをし、更なる命令を下さんと口を開く。
「ゴーレ……」
 だがそこまでしか言えなかった。賊の天地がひっくり返ったのである。
「……あ?」
 賊の首領は宙を舞い、次いで地面に背中から叩き付けられる。
 ぐうとも言えずに賊は気を失った。

「簡単ですね」
 そう呟いたのは礼子。張られた結界を力業で強引にこじ開け、賊を投げ飛ばしたのだ。
 次いで、ゴーレムに正対、『桃花』を一閃。
「うおお!?」
 それを見ていた護衛、ヘルマンは目を疑った。
 自分がいくら攻撃しても傷一つ付けられなかったゴーレムが一刀両断されたのである。
 上下に分かれ、金属音を上げてゴーレムは倒れた。魔力回路も切断され、もう動くこともない。
「お父さまは?」
 そして礼子は仁を見返った。

 エルザとミーネにゴーレムの腕が迫る。
「きゃああ!」
「お嬢様あ!」
 思わずエルザとミーネは抱き合い、悲鳴を上げてしまった。
 だが、エルザの目に映ったものは、エルザの手前で止まったゴーレムの手。
「……?」
 青ざめながらもきょとんとした顔をするエルザに仁の声が、
「『光束(レーザー)』」
 それは仁単独で使える『光束(レーザー)』の数十倍の威力を誇る。
 太いレーザー光が通過した後には、下半身が蒸発して無くなったゴーレムが転がっているだけであった。

「ふう、役に立って良かった。その指輪は大抵の攻撃は防ぐんだよ」
 仁のチート装備の威力が。
 礼子の『桃花』、アダマンタイトのメッキなど問題にせずに斬ってしまいますね。なにせ仁の作ですから。
 そしてまだ謎が残りました。それはこの先、少しずつ明らかになっていきます。
 礼子が感知できなかった理由は今回書ききれませんでした、次回を御覧下さい。

 お読みいただきありがとうございます。

 20130523 13時30分 誤字修正
(誤)賊の動向に目を凝ら師、警戒する。
(正)賊の動向に目を凝らし、警戒する。

 20140530 08時00分
 ライト(レーザー)光束(レーザー)に変更。

 20151106 修正
(誤)「はい、おとうさまがそうおっしゃるならば」
(正)「はい、お父さまがそうおっしゃるならば」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ