挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

姉と俺(と母と父)

湯舟の中に

作者:聖魔光闇
ねぇ
 風呂に入ると、湯舟の中に裸の父がうつぶせで浮かんでいた。
「ちょっと! 父さん、何やってるの?」
 不気味な父の行動に、どう対処すればよいか分からず、とりあえず声を掛けてみるが、父は無言で浮かんでいる。
「父さん! 父さんってよ!」
 何度か父を呼んだが反応は無かった。
『もういいや。身体洗お』
 頭を洗って、身体を洗っていると、突然父が立ち上がったと思うと、
「お前! 父親が死んでも、見てみぬふりか!」
 と、怒鳴り付けてきた。






『あのさ……。シュノーケル付けて浮かんでる人見て、しかも家の風呂で……、死んでると思うのか? シュノーケルから息の音、聞こえてるし……。父さん……馬鹿だな』




シュコー、シュコー、って音がずっと聞こえてるし……

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ