挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
5/36

友人

「マジパネェ。鍵まで変えるか? 普通。マジウケる」

 以前タカヤがいきなり連れ帰った三ギャルの一人『カナぞう』ことカナコがどぎつい紫色のネイルを塗りながら、マナミの話に驚愕した。

「だって、私の番号あちこちで勝手に教えてんのよ? 居酒屋だけならまだしも、キャバ嬢とか、ぼったくりバーにまで知れ渡ったら流石に身の危険を感じるでしょ!」
「マジ? そこまでいってんの? そりゃあマナミも激おこだわ」
「激おこじゃ済まないの、ええと、何だっけあの……一番上の奴」
「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」
「それそれ。毎回思うけどさあ、よく覚えられるね……」

 ギャルは元々住む世界が全く違う人なので、未だにカルチャーショックの連続だ。
 特に言語に関しては、マナミには外国語にしか聞こえない事が多い。いや、外国語どころか最早呪文である。
 この人種と地味なマナミが友人になれたのは奇跡に近い。

「毎日使ってれば嫌でも覚えるっしょ。アタシも最初パネェとか思ったけど、使わないとお客と話通じないからさ」

 カナぞうはネイリストだ。しかもギャルの間ではそこそこ名の通った人物らしい。大手チェーンから二十五歳で独立し、今や芸能人も通う程の人気ぶりなのだそうだ。
 マナミは仕事柄派手なネイルは出来ないため、カナぞうの事は知らなかったが、三ギャルの他の二人が絶賛していた。
 たまに遊びに来た時、宿代代わりなのかマナミの爪を整えてくれる。

「タカヤってホントヤバいよね。ルックス超だせぇし。……何で付き合ってんの?」

 突然向いた矛先に、マナミは飲んでいたビールを吹き出しそうになった。

「……! ゲホっ……付き合ってないから!」
「何言ってんの、一緒に住んでてさー」
「あいつが勝手に転がり込んできたのよ!」
「そうなの? え? 何で? 意味わかんねー。付き合ってないならそのまま追い出せばよかったじゃん、連れて帰らないで」

 ギャルの口から出た正論に一瞬言葉を詰まらせ、誤魔化すようにビールを一口流し込んでから答えた。

「……可哀想に見えたのよ。迷子の子猫みたいで」
「はあ? 猫? タカヤが? あんた頭大丈夫?」
「今となってはあの時の私は相当おかしかったと思うけど、どうしても放っておけなかったのよ。だって、ボロボロだったんだもの……」



 マナミは、タカヤと出会った夜の事を思い出していた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ