挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/36

インターバル

「まーちゃん、朝だよ」



 誰かが私の肩を揺さぶる。



「ん……もうちょっと……」



 はっきりしない頭。身体も上手く動かない。



「遅刻するよ? 今日早いって言ってなかった?」



 遅刻……? 早いって……仕事はシフトだから時間は決まっているのに。
 今何時だろうか。



 私は枕元の目覚まし時計に手を伸ばした。
 ……あれ……こんなお洒落な時計使ってたっけ……。
 寝ぼけ眼で文字盤を見ると、七時前だった。いつもより一時間以上早い。

「八時の電車に乗るんでしょ! 起きて準備しないと間に合わないよ!」

 え? 電車? 私、電車になんて乗る予定無い……。
 職場へは自転車だもの。何言ってるの……?

「また寝ぼけてるの? 昨日飲み過ぎたんじゃない?」

 そういえば、何だかお酒臭い。
 そっか、昨日は飲み会だったっけ。

「はい、お水。それ飲んだら急いでシャワー入っちゃいな。全く、あんまり強くないんだから、程々にしろって言ってるのに」

 はい、すみません。
 言葉にならない声で夫に謝ると、私は手渡されたコップの水を一気に飲み干した。
 ようやく頭がはっきりしてきた。
 もう一度目覚まし時計を見ると、既に七時を回っている。

「うわあ!」

 慌てて立ち上がったら、足元にいた猫の尻尾を踏んづけた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ