挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
34/36

 私は相変わらず、猫を探している。
 あれからもう三ヶ月くらいになったろうか。
 どこからも連絡は無く、手がかりさえも掴めないでいる。
 あの子が居ない部屋はどこかひっそりとして、もの悲しい。
 やんちゃして叱ったことさえ、思い出しては泣けてくる。
 何とか普段通りに生活しようと、外では明るく振る舞うが、家に帰って玄関を開けてもあの子の姿が無いことに、毎日打ちのめされる。

 そんな私を見かねた夫に、ペットショップへ連れて行かれた。
 新しい猫など欲しくはない。そう言って帰ろうとしたのだが、夫は夫であの子が居なくなったことへの負い目や喪失感を、埋められないでいたらしい。
 気は乗らなかったが、それでも小さな可愛らしい子猫を見ると、心の痛みが少しだけ和らいだ。夫も、久しぶりに猫を抱き、その温かさに癒されたようだった。

 ペットショップの帰り道、自宅とはかなり離れた場所であるにも関わらず、私はあの子を探してみようと夫に言った。
 猫にはテリトリーがある。うちの猫は飼い猫とは言え元野良なので、テリトリーの外に出ることは無いだろうとこの辺は捜索範囲から外していた。
 だが心の奥底で、ここを探したらいるかもという考えが頭をもたげる。徒労に終わるかもしれない。しかし、どうしても探さなければとしか思えないのだ。
 夫はやはり、テリトリー外ということで期待は薄いと言った。しかし、心配なのは自分も一緒だと、この界隈を探すことに同意してくれた。

 時間はすでに午後を回っていたので、あまり長い時間は探せない。それに加えてやや霧がかかってきたので、捜索は難航した。
 ましてや歩き慣れない街だ。どこを探せばいいのかさえ分からない。それでもあの子を見つけたい。──会いたい。
 霧は徐々に濃くなり、数メートル先を見通すことさえ難しくなってきた。
 これ以上は無理かと諦めかけたその時、どこからともなく猫の鳴き声が。
 夫と顔を見合わすと、私達は声だけを頼りに霧の中を歩く。ほとんど視界はないのに、不思議と進むべき方向が分かる。
 私は確信した。あの子が呼んでいる。

 声に導かれ、かなり歩いたように思う。無我夢中だったので、実際はそれほど経っていないのかもしれない。
 突然、猫の鳴き声がぴたりと止んだ。
 すると、今まで目の前を遮っていた霧が吹き消されたようにさっと晴れ、私達は広い空き地の真ん中に立っていた。
 そして。
 草むらの中に、見覚えのある灰色の毛並みが見えた。

 私は思わず叫んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ