挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/36

発見

「え? あの、タカヤはあなたのところに通ってるんじゃないんですか?」

 マナミの質問に、今度は女将の方が面食らった表情になる。

「何度かはお見えになりましたけど、通っている、というほどではありませんねえ」
「じゃ、じゃあ……率直に聞きますけど、タカヤとはどういう関係なんですか?」

 一瞬目が点になった女将だが、ぷっと吹き出して言った。

「嫌だわ、どういうも何も、只の飲み屋とお客様ですよ。もしかして、私とタカヤさんが男女の関係になっていると思ってらっしゃる?」
「……思ってましたけれど……違うんですか?」

 女将は左手の甲をマナミに向けた。キラリと光るものがある。

「私、結婚してますのよ。この店は夫と二人でやってるんです」
「……ええ!?」

 予想外の答えにマナミはパニックになるが、女将とタカヤは深い関係でないことが分かり、一人であれこれ悪い方に考えていたことを恥じた。

「あの、すみませんでした! 変なこと言ってしまって……」

 冷静になると顔から火が出そうになり、マナミは女将に深々と頭を下げる。
 そんなマナミを、女将は優しく許してくれた。

「お気になさらないで。こういうことはよくありますから」


 いつか二人で来て欲しいと女将に見送られ、とぼとぼ駅に向かって帰る。
 結局空振りだった。女将とは何でもないということだけが収穫だったが、タカヤ本人に会えないことには、ここに来た意味がない。
 帰る道すがら、ひょっとしたらタカヤに会えるかもしれないと思い直し、目を皿にして辺りを見回しながら進む。
 端から見るとかなり怪しい人物だろうが、マナミはなりふり構っていられないのだ。今見つけなければ、永遠に彼を失ってしまうかもしれない恐怖に、マナミは突き動かされている。
 駅に近づくにつれ人の数は増し、視界を遮られる。人の間を縫って歩いていると、ほんのわずかな隙間から、見覚えのあるグレーのスウェットが顔を覗かせた。
 その一瞬の手がかりに向かって必死に人波をかき分ける。だが、背の高くないマナミは簡単に押し流されそうになる。進んでは戻り、また進む。
 死にものぐるいでようやく人ごみが切れた隙間に出ると、遠くに、懐かしいぼさぼさ頭が見えた。
 肺がはちきれそうなくらいに息を吸い込む。

 持てる限りの力を振り絞って、マナミは思い切り叫んだ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ