挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
32/36

鉢合わせ

 マナミは飲み屋街の入り口に立っている。
 マルヤマに強引に連れて来られた、スーパーの常連客がタカヤを目撃したという場所だ。
 しかし無理矢理にでもなければ、マナミは自分から来ようとはしなかっただろう。今だって、足がすくんで中々前に進めない。
 だが、タカヤに会うためにはこの難局を乗り切らねばならない。その次にも高いハードルがあるのだから。
 意を決して、マナミは酔っぱらい達の海に身を踊らせた。
 何人か顔見知りの店員に会ったが、皆うちには来ていないと言う。やはりタカヤはあの女将のところなのか。マナミの心臓は今にも破裂しそうな勢いで鳴っている。
 一軒の焼鳥屋の店主に小料理屋の場所を尋ねると、丁度この店の真裏だという。今度飲みに来ると情報の礼を言って、マナミはアーケードを抜け、すぐ横の路地に入った。

 にぎやかな繁華街から一本道を外れただけなのに、細い路地は人通りが少なく街灯もまばらだ。よく見ると、ぽつんぽつんと飲み屋が点在しており、穴場のような雰囲気を醸し出している。
 薄明かりを頼りに、さっきの焼鳥屋の裏あたりを目指して歩く。一歩進むごとに緊張は高まり、バッグを握る手に力が入る。
 あと数メートル、というところでマナミはふと、タカヤに会って何を言ったらいいのかという疑問が頭をよぎった。
 あの夜、一方的にタカヤを責めたことへの謝罪か。それとも、女将との関係を今一度問いただすのか。はたまた自分の元へ戻るようへりくだって頼むのか。
 ぐるぐるとあらゆるパターンを考えてはみたものの、結論は出そうになかったので、結局『当たって砕けろ』が一番と腹を決めた。
 そうして足を踏み出したとき、小料理屋の引き違い戸が開いて店内の明かりが路地に漏れ、中から誰かが出て来る。
 心の準備がまだできていなかったマナミは、慌ててすぐ横の電柱に身を隠す。顔だけ出し、様子を窺っていると、出て来たのはサラリーマン風の男と、見送りの女将だった。
 タカヤでなかったことに何故かほっとするマナミであったが、店に入りかけた女将と目が合ってしまった。

「あら……?」

 女将がマナミの隠れる電柱に近づいて来る。
 マナミはとっさに逃げ出そうとしたが、女将に声を掛けられたので渋々足を止めた。

「あの、もしかしてタカヤさんの奥様?」
「……妻では、ないです……」
「そうなんですか? じゃあ彼女さん? あいにく、タカヤさんは今日お見えになってませんよ」

 意外な答えに、マナミは目を白黒させた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ