挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
31/36

行動

 猫が家出して、六日が経った。
 毎日行けるところは虱潰しに探したが、見つけるのは知らない猫ばかり。
 こんなに長いこと帰って来ないことは今まで無かった。せいぜい三日で帰って来たのだ。
 自力で探すのにも限界を感じたので、チラシを作り近所中の郵便受けに片っ端から入れて回る。うちの猫は日本猫と違い、長毛で変わった毛色なので、見ればすぐに分かるだろうという希望的観測を持っていた。

 チラシを配って二日、三日、とうとう十日が過ぎても、一向に連絡は来ない。事故にでもあったのか、はたまたあの子を気に入った誰かに連れて行かれたのか……。
 心配のあまり食事もろくに取らない私を心配して、夫は言った。

「まーちゃんが倒れたら、彼が悲しむよ。帰ってきた時に笑顔で迎えてあげようよ」

 夫の優しさはありがたかったが、何故だろう、頭の片隅であの子がもう帰って来ないような予感がするのは。
 必死で振り払おうとしても、あとからあとから涌いてくる。
 中々見つからない焦りがそうさせるのか。それとも、虫の便りというやつなのか。
 ベッドに入ってもしっかり眠れない日々が続いていたが、寝不足がピークに達し気絶するように眠ったある日、夢を見た。

 夢の中で私はいつもの女性になっており、ファミレスで先輩らしき人と一緒にいる。行方不明の彼について、先輩は人づてに情報を得たらしい。
 私は彼と別れた時を思い出して、大泣きしてしまった。
 涙でぐちゃぐちゃの私に先輩が「今からそこに行ってみよう」と、思い切ったことを言ってくる。
 私は驚いて拒否したが、先輩は「逃げてばかりじゃ、彼は絶対に戻って来ない」と、強引に私を隣の駅まで連れて来た。
 気の進まない私の背中を一発叩いて「彼が欲しいなら取り返してきな」と、送り出してくれた。
 駅前から長く続くアーケードの下を、人混みをかき分けながら進む。一足ごとに心臓の音が高なっていく。早く会いたいけど、会うのが怖い。
 あと一ブロックで、飲み屋街に入る。私は立ち止まって大きく深呼吸した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ