挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/36

苦悩

 ピークを過ぎたファミレスは徐々に客が引き、マナミとマルヤマを除けばあとはぽつぽつと見えるだけになった。
 食事を終えて、コーヒーとイチゴのムースが運ばれてくると、居住まいを正してマルヤマが本題を切り出す。

「あのね、タカヤ君のことなんだけど」

 コーヒースプーンを回す手を止め、マナミはマルヤマの言葉を待った。

「タカヤ君、街中の飲み屋街で最近良く見かけるらしいの」
「飲み屋街って、アーケード通りの一番端にある所ですよね」

 この街の繁華街は、マナミ達が勤める『スーパーあべ』からかなり離れた、一つ隣の大きな駅の前にある。その駅前は六ブロックに渡って長いアーケードが延びており、数々の店が軒を連ねているのだが、その最果てにあるのが飲み屋街だ。ここには今まで散々タカヤを迎えに行っており、マナミも顔なじみが多い。
 そんな近くに居るとは思いもよらず、またどの店からも連絡が無かったことを、マナミは訝しく思った。

「それがね、タカヤ君は飲み屋街の店で飲んでるんじゃないみたいなのよ」
「え? どういうことですか」

 マルヤマは神妙な面持ちになると、マナミに顔を近付け声を低くして言った。

「どうやら、一つ裏道の小料理屋に出入りしているらしいのよ」

 小料理屋と聞いて、マナミにはすぐに思い当たる人物が頭に浮かんだ。マナミがタカヤと別れたあの夜のきっかけになった、はんなりとした和風美人だ。
 みるみるあの時の暗い感情が蘇り、手が汗ばんでいるのに冷たくなっていくのをマナミは感じた。

「マナミちゃん、大丈夫?」

 マナミの様子にマルヤマが、何か触れてはいけないことに触れてしまったと、恐る恐る顔をのぞき込む。

「いえ……ちょっと……」

 ぎゅっと絞まる喉からようやく声を出すと、勝手に涙があふれてマナミの顔を濡らしていく。
 マルヤマがそっと差し出したハンカチが、あっという間にくしゃくしゃになった。

「すみません……」
「私の方こそ、聞きたくないこと聞かせちゃったみたいね。ごめんね」
「いいえ、私がお願いしたんですから。只、タカヤが居なくなった日のこと思い出してしまって……」

 マナミはあの夜のことを、マルヤマに打ち明けた。

「そうか……。今まで苦しかったね。よく一人で我慢したね……」

 マルヤマの言葉に、マナミはやっと心が救われたような気がして、ますます涙が止まらなくなる。自分に責任があるとはいえ、ずっと誰かにこの苦しみを分かって欲しかったのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ