挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
24/36

インターバル・Ⅳ

 私はまた夢を見ている。
 私と同じ歳くらいの女性が、来る日も来る日もあの男性を待っている。このところ、全く彼は現れない。
 この女性は男性の同居人だ。
 夢の中で私はこの女性になっていて、あちらの生活を送っている。高級そうな住宅地のスーパーでレジをしていて、自宅には猫が一匹。家の子とは違って、まん丸に太っていておじさんっぽい。額に眉毛のような斑があるから「マロ」という名前らしい。何となく夫に似ているかも。

 今見ている夢は、女性が、つまり私が一人で外出し駅に向かっているところだ。
 わざと遠回りしたりして、近所をあちこち調べている。彼がどこかに居るのではという、ほんのひとかけらの希望に縋ってしまう。
 やはり、というべきか、彼は居なかった。
 起きると忘れてしまっているが、夢の中では過去のことも思い出せる。
 だから、彼が去って行った夜のことも覚えている。なのにどうしても帰って来ると思わずにはいられない。あんな突き離し方をしておいて、虫の良い話だと分かってはいる。たとえ会えたとしても、許してくれるとは思えない。
 それでも、彼に会いたかった。
 この女性の悲痛な心の声が、私にも染み込んでくる。

 たった十五分の距離なのに、だいぶぐるりと回り道をしてきたため、一時間も掛かって駅に到着した。
 閑静な住宅地にある小さな駅は、学生が帰るまでほとんど人が居ない。歩き回ったせいで疲れた私は自動販売機で温かいお茶を買うと、誰も居ないホームのベンチに座り一息つく。
 特に目的も無く只、街に行こうとしか決めていなかったので、何をしようかぼんやり考えていると、いきなりけたたましい発車ベルが私の意識に殴り込んできた。
 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ