挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/36

倦怠感

 寝室のドアをしきりにひっかく音が、ぼんやりと夢を見ているマナミの耳に聞こえてくる。猫の可愛らしい鳴き声もする。
 連日の睡眠不足で全く頭が働かないマナミは、それが夢か現実かも区別が付いていなかったが、とにかく音のする方へ向かって布団から這いずり出た。
 何とかドアを開けると、先ほどの可愛い鳴き声に似合わぬ丸々とした猫が、何やら恨めしい顔でマナミを睨んでいる。
 それがマロだと認識できるまで、マナミはやや時間を要した。

「……あ、マロか。どうしたの」

 ようやく主人を起こすことができたマロは、自分の皿の前に座り食事を催促する。
 壁の時計は昼を過ぎていた。この日は休日なので先日のように慌てる必要はなかったが、マナミはあまりの体のだるさに、流石に寝過ぎたと感じた。
 マロの皿にキャットフードを入れ、新しい水に換えてやると、待ってましたとばかりにマロはがっつく。マナミはとても食事を食べられる状態ではないので、コーヒーで済ませることにした。
 湯を沸かし、マグカップに牛乳を半分ほど注ぎ電子レンジで温め、その間にコーヒーを落とす。挽き豆の上に湯を掛けると、かぐわしい香りが立ち上る。
 インスタントが苦手なマナミは、ハンドドリップでコーヒーを淹れるのが好きだ。バリスタのような技術はないが、素人でもペーパードリップならそこそこ美味しいコーヒーを淹れられる。
 温まった牛乳に、落としたてのコーヒーを注いだ。

「ねえマロ。タカヤはもう帰って来ないのかな……」

 ソファーに座ってコーヒーを一口飲んだあと、マナミは食事をすでにたいらげたマロに呟く。
 マロは日当たりの良い窓辺に寝転がって素知らぬ様子だが、尻尾だけ振ってそれに応えた。マロが何と言ったのかはマナミには分からないが、何となく「元気出して」と励ましてくれたように感じ、ほんの少し、笑うことができた。
 温かいものを飲んでお腹が落ち着くとやっと頭もすっきりし、気持ちが上向きになり久々に街に出ようかと思えて、マナミは身支度を整え家を出る。
 二月ふたつきの間に季節は進み、もうすぐ冬が来る。
 冷たい風にコートの襟を立て手袋をすると、自転車には乗らず、家から歩いて十五分ほどの所にある駅に向かって歩き出した。

 もしかしたら、この道のどこかでタカヤを見つけられるかもしれないと、淡い期待を抱きながら。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ