挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
21/36

インターバル・Ⅲ

「…………! ……ちゃん、大丈夫? まーちゃん!」

 夫に大声で起こされ、私は慌てて飛び起きた。

「何? 地震?」

 辺りを見回してみたが、棚から物が落ちた様子もない。

「まーちゃん、地震じゃないよ。うなされてたから起こしたの。何か怖い夢でも見た?」
「夢? ……覚えてない……あれ」

 何気なく顔を触ると違和感があった。濡れている。

「何で濡れてるのかな……」
「泣いてたよ、苦しそうに」

 泣いてた……?
 そう言われてみれば、心臓が締め付けられるようにきりきりと痛む気がする。何も覚えていないのに。
 でも、またあの人が居たことはうっすら記憶にある。何故だろう、何か意味があるのかしら。

「まーちゃん、温かいお茶でも飲もうか」

 まだぼんやりしている私に、夫が心配そうに言う。
 仕事の虫な私の代わりに専業主夫になってくれた優しい夫。結婚してからちょっとぽっちゃりになったけど、困ったような顔に見せる短い眉毛とも見事にマッチして、ますます良い人オーラを振りまいている。

「ありがとう。じゃあもらおうかな」
「オッケー、ちょっと待っててね」

 キッチンに向かう夫の背中を見送ると私はベッドに寝ころび、夢の内容を思い出そうとしてみたがやはり無理だった。
 最近よく夢に見るあの人は、一体何者なんだろう。彼の姿だけは、はっきりと脳裏に焼き付いている。いつも同じグレーのスウェットでぼさぼさ頭で。ちっとも私のタイプじゃないのに、どうして何度も夢に現れるの……?

「ニャア」

 不意に鳴き声がしたと思うと、ベッドの足元から猫がぴょんと乗ってきた。

「あれ、起きちゃった? ごめんね」

 私の胸元まで寄ってきた猫の背中を撫でてやると、気持ちよさそうにお尻を持ち上げる。顎の周りをくすぐると、ごろごろ喉を鳴らした。

「ねえ、あなたは彼って何者だと思う?」

 猫に分かるわけがないのを承知で、私は質問する。
 ところが猫は、そのきらりと光る眼をこちらに向けじっと私を見て、まるで何かを訴えかけているようだ。
 ややしばらく、私はその意図を読みとろうと見つめ返していたが、

「まーちゃん、お待たせ」

夫が扉を開けた音に驚いた猫は、さっと私の上から飛び降りてベッドの下へ潜り込んでしまった。

「あーあ、マサヒロさんが驚かすから逃げちゃったじゃない」

 完全なとばっちりを食らった夫は、そんな時でさえ優しい。

「ごめんね、ちゃんと君の分もあるからね」

 足元の猫にも、しっかりおやつを用意していた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ