挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
2/36

それからしばらく、タカヤは姿を現さなかった。
 鍵を付け替えたことを知らせていないのだから、当然といえば当然なのだが、それなら家の前で待っていてもおかしくはないのに未だ帰らない。携帯の番号も変えているので、もちろん連絡などあるはずもない。
 ちょっとやりすぎたかな……などと、マナミは根っからのお人好し思考であれだけ迷惑を被った元凶の心配を始めた。



 それは土砂降りの日曜日のことだった。
 夏も終わりに近づき、夕方の空気はすでに秋になっている涼しさで、特に雨の日は肌寒さを感じるほどである。

「ねえ、入り口にいるのって、タカヤ君じゃないの?」

 この天気のおかげで閑古鳥が鳴いている『スーパーあべ』の中で、マルヤマが驚いた声を上げた。
 マルヤマは何度かタカヤと会っているので、その風貌を覚えていたのだろう、スウェット上下のむさい男を一目見てそうとわかったようだ。

「ああ……そうみたいですね」

 マナミは、心配が安心に変わったと同時に、急に怒りが沸いてそっけなく答えた。
 いつも気が付いたらいなくなり、気が付いたら帰ってくる。今までと同じなのに、何故か今日は腹立たしい。

「そうみたいって、どう見てもタカヤ君じゃないの。あんな格好でこの辺歩き回る人なんて、タカヤ君しかいないもの」

 大きな街から少し離れたこの場所は、しかし田舎というにはそこそこ人口が多いため、割と『お金持ち』な人々が集まるちょっとセレブな街として最近注目を集めている。
 そのせいかあまりだらしない格好で出歩く人間がいないものだから、自然、タカヤは目立つのであった。

「あらあ。傘もささないでずぶ濡れじゃないの。風邪引いちゃうから、中に入ればいいのに」
「何言ってるんですか。あんな格好で入られたら床が濡れるでしょう。他のお客様にも迷惑ですから、帰るように言ってきます」

 レジから出て入り口に向かおうとしたマナミの腕を、マルヤマがむんずと掴んだ。

「お客なんてどこにいるのよ。ケチくさいこと言ってないで早く入れてあげなさい」

 そう言われ、マナミは一応客を探して反論を試みたが、徒労に終わったことは言うまでもない。
 マルヤマに目線で促され、仕方なくマナミは、タカヤが軒から激しく降り注ぐ雨水をできる限り避けようとよしかかるガラスを、中からノックした。
 濡れ鼠になったタカヤはガラスの向こうにマナミを認めると、まるで迷子の子供が母親を見つけたような目を向けてきた。

 マナミは、そういえばマロを拾った時もこんな天気だったな、と一瞬、家で待つ猫を思ってクスリと笑った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ