挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
19/36

核心

 二人は、家までの道のりを一言も喋らずに歩いた。
 マナミには言いたいことが山ほどあったはずだが、それを全く言葉にできずにいる。タカヤはいつものタカヤで、マナミの後をくっついて歩くのが仕事でもあるかのように、黙々と足を動かす。
 そうしているうちに、あっけなく家に着いてしまった。
 マナミは自転車を駐輪場に停め、入り口の前で待っていたタカヤに、

「ねえ、家に入る前にそこの公園でちょっと話したいんだけど……」

 と持ちかけると、タカヤはすぐにそれに応じた。
 今来た道を少し戻り、大きな公園の入り口にある車止めを越えた脇にある、モダンなデザインのベンチにマナミが腰掛けると、タカヤはマナミの真向かいに立って、マナミの言葉を待っている。マナミは自分の横に座るよう、座面をぽんぽんと叩いてタカヤに促す。タカヤは素直に従うと、マナミの方に向き直った。
 やや躊躇った後、マナミはぽつぽつと話し始めた。

「……あのね……何て言うか、昨日のことなんだけど」

 心臓が今にも口から出そうなくらい、マナミは緊張した。頭も上手く働かない。指先が冷たくなっている。秋口とはいえ、まだまだ気温はそれほど下がっていないのに、マナミの体は震えていた。
 それを察したタカヤは、冷たいマナミの手を取ってぎゅっと握った。タカヤの手は、ほっとする温かさだった。

「昨日の……あの女の人は、誰?」

 言われてタカヤはしばし考え込んだが、あまり覚えていないのか首を傾げている。

「潰れたあなたを家まで連れてきたあの人よ。どういう関係なの? 私のこと教えていなかったでしょう。驚いていたわよ、私が家にいて。もしかして……恋人……?」

 タカヤのぱっとしない態度にじれたマナミは、一番知りたかった事をずばり聞いてしまった。言った後で激しく動揺したマナミはタカヤから身を離すと、発言を誤魔化すように早口でまくし立てた。

「いや、いいんだけどね? 私達そういう関係じゃないんだし、どうこう言う権利もないから。只ね、私のことを教えてない人って初めてだったからびっくりしただけ。だからタカヤの特別な人なのかなと思って……」

 そこまで言うと、マナミの目にみるみる涙が溢れ出す。

「あれ……? 私、何で泣いてるのかな。ごめんね、ちょっとおかしいね……」

 タカヤは只静かに、マナミを抱きしめた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ