挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/36

助言

 半ば逃げるように家を出たマナミは、自転車に乗るとやけくそになって立ち漕ぎで走る。
 秋口の、夏の残り香がする風を一身に受けて、ようやく頭がすっきりしたマナミは今夜、タカヤにあの女将について問いただすことに決めた。

 大遅刻のマナミは店長にこってり絞られると這々の体で、昼食の弁当を買い求める客でごった返す店内を抜け、持ち場につく。

「マナミちゃん、珍しいわね遅刻なんて」

 一瞬客の切れた合間に、隣のレジのマルヤマが声を掛けてきた。

「すみません、ご迷惑をお掛けして……」

 忙しい時間帯に遅れてしまい面目ないマナミは、返事もそこそこに、列をなす客を自分のレジへ誘導しひたすらレジ打ちに徹する。まるで機械のように、とにかく次々に客を捌いていった。
 ピークを過ぎてやっと一息ついた頃、マルヤマが自分のレジを離れてマナミのレジへと来た。

「今日のマナミちゃん、何か鬼気迫るものを感じるんだけど。何かあった?」

 マルヤマは年長者だけあって流石に鋭い。思わず、マナミは事の顛末をすっかり話してしまった。

「ふうん。そっかそっか。それは穏やかじゃいられないわね」
「私、タカヤのことそんな風に考えたことがなくて……どうしたらいいか分からないんです」
「マナミちゃんにもそんな可愛いところあったのねえ」

 からかうようにマルヤマは笑うと、優しく言った。

「自分の気持ちに素直になれば良いだけなのよ」

 それだけ言いおいて、マルヤマは休憩に入った。
 一人残されたマナミは、仕事をこなしつつも言われた言葉を自分の中で繰り返す。
 自分の気持ちに、素直に。
 今まで気付かない振りをしていたこの気持ちを、マナミはやっと受け入れることができた。

 仕事が終わりスーパー裏の駐輪場に向かうと、何者かがマナミの自転車の所に立っている。
 マナミは身構えたが、よく見るとそれはなんとタカヤであった。

「……何でここに居るの」

 タカヤにはどうしても可愛くない反応になってしまう。これまでの事を考えれば無理もない話だが。
 つっけんどんにマナミに言われたタカヤだったが、まるで気にも留めない様子でマナミを黙って見つめている。
 マナミはタカヤの視線をかわすように自転車を出し、押して歩き出した。タカヤはそんなマナミの背中を見ている。
 信号のない交差点まで来たところでマナミは立ち止まり、振り返らずに言った。

「何をぼーっとしているの。置いていくわよ」

 初めて会ったあの日の夜に戻ったように、タカヤはマナミの後について歩く。
 それだけで、マナミは泣きたいくらい嬉しくなってしまった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ