挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
睡夢の人 作者:まつもと なつ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/36

悪循環

 タカヤがマナミの家にいつの間にか住むようになって、およそ二ヶ月がたったある日、マナミが仕事から帰るとタカヤは家に居なかった。
 元々タカヤの家ではないので当然と言えば当然なのだが、マナミは既に同居人として受け入れていたので、居ないことに不自然さを感じるようになっていた。

「どこに行ったのかしら。全く、メモくらい置いて行きなさいよ」

 その日はとうとう帰ってこなかった。そればかりか、次の日も、その次の日も、果ては一週間しても帰ってこない。余りにも戻らないので、マナミはもう自分の家に帰ってしまったのだと思ったのだが、そうではなかった。
 居なくなった次の週末、深夜に突然知らない番号からマナミの携帯に着信があった。普段なら登録していない番号には出ないのだが、この時はタカヤからだと思ってとっさに出たのだ。

「もしもし?」
「あの、タカヤさんのご家族の方ですか?」

 聞いたことのない男の声だ。マナミは緊張して答える。

「家族って言うほどの関係ではないですが……同居人です」
「実はタカヤさんがうちの店で酔っぱらって寝てしまったんです。どれだけ起こそうとしても起きないもんで、すみませんけど迎えに来てもらえませんかねえ」
「ええ? 何とかそちらで起こしてタクシーにでも乗せてくださいよ」
「いやいや、こっちは店が閉められなくて困っているんですよ。とにかく迷惑なので早く来てくださいね」

 一方的に店の住所を伝えると、電話はブツリと切れた。
 しばらく唖然としていたが、また催促の電話が来るのも煩わしいので、仕方なくマナミはタカヤを迎えに教えられた店へ向かい、ひたすら迷惑を詫び、飲み代を立て替え、タカヤをタクシーに突っ込むと自宅へと戻った。
 次の日、このことについてマナミが散々説教をし、その場では反省したように見えたタカヤだったが、結果は知っての通り、同じ事の繰り返しである。
 そして業を煮やしたマナミが、電話番号と鍵を変える決断をするに至ったのだった。




「何で一緒に住んでんのかますますワケわかんないわあ」

 経緯をすっかり聞いたカナぞうの心底呆れた声に、マナミは返す言葉もなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ