挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/142

21.ばん、ダん、バン、ダン、バん・・・2人の愛は、真実の愛。

 パンの生地をちぎると、滑らかになる。

 あなたは、誰と、ちぎ・・・
 JASRACさまのお世話になりたくないので、
 これくらいにしておきましょう、ね。

 生地をこねる作業は案外、単調です。
 ばん、ダん、バン、ダン、バん・・・
 台所にはこんな音が規則正しく鳴り響いています。
 そんな感じでこねていると、たわいもないこと、
 いや、私的に飾らず正確に表現すると、
 「しょーもないこと」を考えてしまいます。

 今は昔、ですが、洗濯機がまだ二層式のころ、
 洗剤の泡がこんもりと盛りあがった、あの渦巻きを
 ぼお~っと眺めている時に、
 頭にグルグル浮かんでは消える--そんな感じの思考です。
 ・・・いや、どんな感じやねん。例えは古いしねえ・・・

 別れ別れになった生地が再び一つになる。
 一つになった生地は、しなやかに、かつ強くなる。

 別れの苦しみ。本当は別れたくないのに・・・
 けれど、それを乗り越えて、再び一つになった時、
 その2人の愛は真実の愛となるのだ。愛となるのだ。のだ・・・

 ちぎっては、一まとめ。それにつれ、
 キメがどんどん細かくしなやかになっていく生地に、
 思わずこんな「別れと再生の愛の物語」を考えてしまうのです。

 そんな感じで「グリとレザンの物語」が作られたのでした。
次からは、こねる作業に並行して醗酵、つまり、イーストについて書こうと思います。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ