挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/142

20.「ちぎり分け」→「ひとまとめ」を数回。驚くくらいに滑らかな生地に。

 「グリは無茶ばかりなんだから」

 ソファーに身を預ける。
 鼓動のたびに、鈍くうずく右頬。
 大きく見開かれたレザンの瞳。
 少し揺れながらも、しっかりと俺を捉えている。

 殴り合いなんてしたことはなかった。
 「レザンを守る」
 ただ、その想いしかなかった。

 迫り来る相手の拳。
 狂気をはらみ固く握られた指の壁。
 曲がりなりにも剣道で十年以上もまれたからだろうか。
 一瞬たりとも目はそらさなかった。
 妙に冷静に、その拳を受けた。

 ガンッ

 重量のあるものが、したたかに打ち付けられる感覚。

 脳に火花が散った。
 レザンが叫んだ。

 視界の端に通りがかりの女性たちが反応するのが見えた。
 騒ぎになってはマズイと考えたのだろう。
 3人組は悪態をつきながら立ち去った。

 差し出されたレザンの手を握りよろよろと立ち上がる。

 紺碧の空と潮の香り…
 つながった手の温もりが呼び起こした場違いな記憶。
 こんな時に…。俺は静かに手を離した。

 何も話すこともなく、レザンとともに店に戻った。

 よく冷えたタオルをほおに当てる。
 大きな傷でなかったのは、幸いか。

「レザン、俺は・・・」

 次の言葉を探しているうちに、レザンが言う。

「グリ。あなたは言い訳しなかった。
 あの日も。
 私が別れるって伝えた時も。
 そして、さっき襲われた時も、あなたは逃げなかった」

「レザン、俺は・・・」

「殴られるっていうのに、目をそらさなかった。
 まっすぐに、ただまっすぐに見ていた。
 いつも守ってもらっていたのに・・・
 逃げようとしていたのは、私の方だったのね」

 震える瞳。大粒の涙がこぼれる。
 そして、震える唇がまっすぐ近づいてくる。

 レザンを優しく抱き寄せ、俺は静かに眼を閉じた。

--------------------------

 さて、本題は、
 「パン生地をこねているとき、ふと気が付いたこと」でした。

 前振りの話が長かったので結論からいいましょう。

 こねの時、生地を数個にちぎってはまとめる作業を繰り返すと、驚くほど短時間で滑らかな生地になります。

 私は一回あたり強力粉400グラムのレシピで作ります。
 材料を合わせると小ぶりなメロン位の大きさの生地となります。

 混ぜ合わせの初期は生地はぐちゃぐちゃです。
 観念して、しばらくこねていると段々生地がまとまってきます。
 混ぜ合わせから10分はかからないと思います。

 生地がまとまったら、6分割になるくらいに生地をちぎります。
 ぐわしっ、もしくは、むしっ、といった感じで生地をちぎり分けます。
 ちぎると、生地はべしゃべしゃになります。
 手にもべたべたついてきます。

 ちぎり分けた生地を、また一つにまとめるようにこねます。
 しばらくすると、またまとまります。
 また、6分割になるくらいに生地を、むしっ、とちぎり分けます。

 この「ちぎり分け」→「ひとまとめ」を数回こなすと、驚くくらいに滑らかな生地となることが分かりました。
 もちろん、これだけでは不十分なので、通常のレシピ通り生地を伸ばしたり、叩きつけたりもして仕上げています。けれども、経験上「ちぎり分け」を数回入れた方が、非常に短時間で滑らかな生地になります。

 えっ? それとグリとレザンの話と何が関係あるのかって?
 それは・・・長くなったので、次回に書きたいと思います。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ