挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/142

2.甘かったのだ。パン作りに対する考えも。そして夕張メロンも。

 結論から言うと、失敗でした。

 甘かったのです、何もかも。パン作りに対する考えも。
 そして夕張メロンも。

 食パン作りに慣れてきたある日。
 テーブルの上に立派なメロンが鎮座していました。

 夕張メロン。

 身内の誰かが誰かから贈られたのだけれど食べきれないからウチにもって来てくださいました……なんて理由がとろけるほどのいい香り。

 人工的なメロンフレーバーとは根本的に異なる、心を奥底から揺さぶる甘~い香り。
 恐らく、このキケンな香りにヤラレたのでしょう。

 何を思ったか、
「よし、このメロンを使って本物のメロンパンを作ろう」

 メロンやで、それも夕張メロン、高級やで。
 そんじょそこらのメロンやないで。
 これで作ったらまさに本物のメロンパンや。
 みたいなノリでした。

 せっかくなので、果汁をたっぷり使って焼いてみよう。

 デザートとして食べる分はココにおいといて(ちょっとネタ風に)、果肉を半月状に切り出します。
 心を鬼にして、果肉をつぶして果汁をぎゅぎゅっと搾り出します。
 記憶が定かではないのですが、小さなコップに半分位の果汁が取れました。

 おお~っ、やっぱりいい香り。

 この時、メロンパンを焼くのは初めてでした。
 ネットなどでレシピを検索。
 ふむふむ。
 本体のパン生地とは別に、上に乗せる部分を作らねばならないようです。

 この部分ほぼクッキーですね。予想のはるか上空をいくほどにたっぷりとバターと砂糖を使うレシピに驚きながら、上にかぶせるクッキー生地を作りました。

 ペタテカ。ぽってりと分厚い生地はペタペタとした感触でした。バターの油分が表面をテカテカさせていました。

 ここまでは順調だったのです。

 続いて、メロンパンの本体(土台部分?)に取り掛かりました。強力粉や砂糖や水などをレシピ通りの分量で混ぜてゆきます。続いて、意気揚々と先ほどのメロン果汁、意気軒昂に果肉も投入して、グイグイとその身をつぶしながら生地に混ぜ込んだのでした。

 今から思えば、どう考えても水分や糖分が多くなるので、最初からその分、強力粉を増やすか、あるいは水を減らすか、砂糖を減らすかなどの対応を取るべきでした。

「まあ、こねて生地が緩かったら粉を足せばいいか」ってな感じの、ユルユルな心持ちで作業を進めていました。

「異変」が現れたのは、その30分後でした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ