挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/142

番外編 その6 「紡錘型メロンパン」の皮は固いのだが、しっとりしている。

 防水型メロンパン。

 どんなに強い雨が降っても大丈夫。
 海水浴中でも、サーフィン中でも楽しめます……

 ではなくて。同じ発音でも大違いの「紡錘型ぼうすいがたメロンパン」。

 ニシカワ食品さんの「白あん入りメロンパン」。同社HPの説明によると、フムフム。

 神戸で親しまれてきたメロンパンは、メロン型のパンに、白あんが入ったものでした。懐かしい味のするおいしいパンです。

 メロン型のパンって……ニシカワ食品さんは兵庫・加古川市の会社なので、神戸の紡錘型メロンパンが「デフォルト」なのでしょう、きっと。

 さあ、深呼吸。
 袋を開けました。
 メロンパンの香りやいかに。

 目を閉じて、メロンパンの袋に鼻を突っ込んでいる姿。それも、深夜の台所。目撃したくないですね。されたくもないですが。

 むむ?
 メロンの香り(フレーバー)はしません。丸いメロンパンのような強いバターの香りもしません。固い小麦の層を連想させる、少しくぐもった感じの香り。あと、ほのかにイーストの香りもするような……

 では早速計測タイム。
 重さは133グラム。片手で持つと、ずっしり。十分に伝わる存在感。

挿絵(By みてみん)

 縦(一番長いところ)は約14センチ、横幅の最大は約8センチ。高さは最高点で約5センチでした。

 このメロンパンの特徴でもある、マクワウリのように縦方向に入っている表面のくぼみの数は計7本。なので、両端を除いて、畑のウネのように盛り上がっている部分が6つできています。……表現力がなくてすみませんです。

 包丁を手に裂ぱくの気合で切りつける。
 ザクッ。
 真っ二つになった胴から、白あんがのぞいた。

 皮は丸いメロンパンのようなビスケット生地ではないです。グラニュー糖がまぶされている訳でもありません。ボディの部分よりは、やや固い生地。固いのですが、みずみずしく、しっとりしています。

挿絵(By みてみん)

 このしっとり固い皮は、一番厚いところで約4ミリ。薄いところでは約1ミリとなっていました。測ってみると思ったよりもぶ厚いです。

 さて、パンの身体測定もこのあたりにして、
 それではイタダキマース。

 頭? 顔? 先端の部分から、ほおばりました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ