挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

102/142

番外編 その25.秋を運んでくれた4種シチューパン。「シメジの恋は森の色」だった

 ■次の問いに答えなさい。

 1×ホクト= ? 

 (答え) パン!

 ババン!<効果音>

挿絵(By みてみん)

 ホクトは「きのこ♪」の歌でおなじみのホクト株式会社。「きのこの研究開発・生産・販売まで携わる日本唯一の『きのこ総合企業グループ』」(同社HPの社長メッセージを引用)です。スーパーでも地味なイメージだったキノコ売り場のスペースが、ホクト♪の登場でにぎやか、華やかになりましたね。



 陽光然としたスポットライトに包まれたひのき舞台。
 ブナピーは晴れがましくも、穏やかにしっとりと輝いていた。

 その傍らで、シメジはギリリと歯噛みする。
「キノコは、『木の子』なのだ」
 搾り出すように言い放つと、遠い空を見つめるように天井を見上げた。

 緑濃き静かなる森の奥深く。
 千年の木々がその身に蓄えた母なる水に育まれし命。
 万年を超え苔むした太幹の足元、日の届かぬ湿った陰の極みこそキコノが聖地。
 我らは「木の子」。陰なる者……

 だがしかし……

 どこまでも白く、柔らかく、そして艶かしくもあるブナピーの笑顔。

 シメジは思わず彼女に向かって、その彼女を包む光を掴まんとして手を伸ばした。
 ああ、俺は……
 シメジは今になって自らの想いが、もう、決して届かぬことに気がついた。

 じっと手を見つめた。
 掌に浮かんだ、悠久の緑を吸い込みし生命の珠を、じっと見つめた。

(「シメジの恋は森の色」から引用)




 うおっほん。
 さて、今回のパンは第一パンとホクトのコラボレーション、その名も「4種のきのこクリームシチュー」。

挿絵(By みてみん)

 パッケージに描かれています通り、ホクトのエリンギ、マイタケ、ブナシメジ、ブナピーの4種類のキノコ入りのクリームシチューが入っています。
 第一パン×ホクトのシリーズは、他に2種類あります(宣伝みたいになるので割愛しますが)。
 なんとなく季節的にシチューかな、と思いスーパーのカゴにインしました。

 いつもながら、台所にカメラと定規と重量計をスタンバイ。
 まずは袋空けの儀式で試食会は幕開けです。

 大きく息を吸い込んで、ビリリと開封。鼻を突きいれ、香りをチェック。
 少し酸味の効いた、ピザパンのような香り。
 この酸味は、ケチャップ? 原材料を見ても、それらしき名はありませんが。
 上面の皮にまぶされているキツネ色のパン粉の香ばしい香りが、ピザの焼き風味を醸し出しているのかも知れません。

 取り出そうとして、皮に触るとしっとりを通り越してペタペタしています。
 おおっ、ジメジメしたところを好むキノコを再現? などと一瞬考えましたが違います、よね。

 では、身体測定です。
 体重は85グラム。スリムですね。真上から見るとほぼ円形で、直径は約11センチ。
 皮の色は茶色の濃い部分と薄い部分に二分されています。
 なんとなく、濃い茶のところがキノコの傘をイメージしているような……ということで立てて写真を撮ってみました。どうでしょうか?

挿絵(By みてみん)

 視線を真横に移すと上面が傾斜していました。茶の薄い部分は3センチ程度と薄く、濃い部分は厚くなってゆき最大で5センチほどでした。

 レンジで温めてから食べるとおいしい、とのこと。

  温めてから斬るか、
  斬ってから温めるか、
  それが問題だ。

 しかし考えてみると、温めるとフィリング(詰め物)のシチューがとろけ出そうです。ということで斬りを先行させました。
 ギュギューゥゥゥゥ~~。刃先とドウ(パンの本体)の摩擦で聞いた事のない音が響き、驚くパン大好き。

 挿絵(By みてみん)

 土台部分はフィリングの水分対策でしょう。厚みが1.5センチ~2センチもあります。
 フィリングの香りは……むむっ、やっぱりケチャップの香りがします。そして、ピザパン感も濃厚です。Why?

 それではいただきま~す。
 あむっ。うおっ! 濃厚なシチューがねっとりまったり舌に絡みつきます。とはいえ、お味は控えめ。主役?の具材のキノコたちは小さいですが、コロッコロッと食感を楽しませてくれます。残念ながら、これがブナシメジや!などと弁別するのは不可能ですが。心なしかマイタケの香りがするようなしないような……

 生地の口どけも中々よろしいです。シチューとよく絡み、一緒に舌の上でとろけてゆきます。試しに生地だけを味わうと、これはバターロールの味。そして、こちらも薄味。シチューの味も薄めなので、もう少しシッカリ味があった方がよかったかも、などという思いがよぎりました。

 キノコなどの具材が密集している部分があらわれたので、思い切りほおばりました。
 ふわり。
 クリームだけでは出せない、深みのある風味に出会いました。


「星が輝いてきたわ。そろそろシチューの季節ね」
 風が啼き始めた深夜の街に、再びオリオンが輝き出す。


 天高き秋の香りを運んでくれるパンでした。そして願わくは、もう二周りくらい大きければ……大人男にとっては、少しもの寂しき秋でもありました。

 第一パン「4種のきのこクリームシチュー」大阪市内のスーパーで購入。105円(税込み)なり。
「シメジの恋は森の色」は架空の作品です。念のため。
とはいえ、このパートだけで2時間くらいかかってしまいました。

アシスのお話は執筆に手間取りすぎて……
別物にしてパンの連載に戻そうかと考えています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ