挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/142

番外編 その4 「メロンパンの皮焼いちゃいました2」が本家とバトル、その結果は。

 本家本元のメロンパンの皮を味わいます。
 あの硬い部分。普段それほど味を意識したことはないけれど……

 意外なことにメロンフレーバーはほぼ感じません。けれども生地の甘さはきちんと伝わってきます。また、あの硬い部分は「皮焼いちゃいました」より柔らかでした。
 口解けは、もっちり。舌の上でホロホロと崩れていくような感じではありません。

 続いて「皮」と「本家の皮」を同時に食べ比べます。
 口内直接バトルの結果はいかに。

 もはや「焼いちゃいました」の味しかしません。バターの風味、メロンフレーバーともに本家を圧倒。食感でもインパクトが残っちゃいました。

 いやはや、「焼いちゃいました」恐るべし。

 一連の試食を終えて、台所を一旦退出。
 10分くらい経ってから、再び台所に入りました。
 すると、甘いメロンフレーバーが部屋を埋め尽くしています。

 これは……

 強い香りにさらされ続けて、嗅覚がオーバーフローしていたようです。本家メロンパンの香りがあまりしなかったのは、このせいかもしれません。

 「メロンパンの皮焼いちゃいました2」は、本家の皮よりもハードで、ゴージャスでリッチでした。
 大きさは本家よりも二周りほど小さいです。

 しかし、味と香りの存在感はそれを補ってあまりあるインパクトのあるものでしたとさ。

挿絵(By みてみん)

(参考情報)
「メロンパンの皮焼いちゃいました 2」=山崎製パン
 JR大阪駅構内のコンビニ「ハートイン」で購入。80円

「ヤマザキ メロンパン バターの豊かな香り」=山崎製パン
 大阪市内のスーパー「ライフ」で購入。116円(いずれも税込み)

読んでいただいてありがとうございます。1月23日に「番外編」を2話投稿させていただきました。1月24日は諸般の事情でアップすることができません。申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ