挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
おいしいパンを作りましょう。 作者:パン大好き
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/142

1.パン作りは人を育てるのと似ている。

 パン作りは、人を育てるのと似ている。

 パンが好き。食べるのも、そして作るのも。
 「食べる」に関しては、食パンもアンパンもデニッシュパンも、とにかくなんでも好き。

 しかし「作る」となると基本的に食パンだけ。とは言っても食パンの型を使わないことが多いので……これは、単に邪魔くさがりなだけなのですが。

 実際には、レシピが食パンの「大型丸型パン」を焼いています。

 食パンしか作らない理由は、ひとえに技術がつたないから。
 それはもう何年も前のこと。
 パン作りに取り掛かった当初、同じ方法なのに、なぜか同じ焼き上がりにならない。

 粉が多いのか、水が多いのか、それともこね方が悪いのか?

 パンひとつ焼くにしても、いろんな要素がが重なり合っています。
 初心者にとっては何が問題となって、そんなパンが焼きあがっているのかまったく見当がつきません。

 こんな状況を脱するために、シンプルな食パンにレシピを固定。何度もパンを焼いて問題点をひとつずつ焼き直していこうと考えたのでした。

 少し大げさですが、現在もそんな方向性を維持したままで、「パンを焼くとなれば食パン」が続いています。

 そういえば書き始めて思い出しました。

 食パン作りに慣れたころ、メロンパンを作ろうとして、本物のメロン、それも夕張メロンの果汁を仕込みの水に使ったパンを。

 香り高く、甘くておいしいパンができるはずが……
※「ですます調」に書き直しました
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ