挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

92/309

春の訪れ

 校内の中庭の片隅にも、ラッパ水仙が咲き誇り、春の訪れを告げている。
 回廊の石段に腰かけた杜月飛鳥は、こちらへ向かってくるヘンリー・ソールスベリーとロレンツォ・ルベリーニを眺めて、クスクス笑う。
「またやっているよ……。」
 最近、ヘンリーとロレンツォはよく一緒にいる。大抵、ロレンツォが手を振り回しながら声高にしゃべっていて、ヘンリーが煩そうに、一言二言返す。
 それから、ほら、やっぱり、いつもと同じだ。
「もう、いい。」
 ヘンリーが立ち止まって冷たく言い放ち、ロレンツォはがっくりと肩を落としたかと思うと、飛鳥の所まで、靴音を高く響かせながら走ってくる。

「今日は、話は進んだ? 」
 飛鳥は、苦笑しながら立ち上がる。
「何も。」
 ロレンツォは、大げさに腕を広げてため息をつく。
「何だって、彼はあんなに気が短いんだ! 」
「きみが、いいかげんすぎるからだろう。」
 ヘンリーの冷たい声が、背後から追い打ちをかける。
「アスカは、どう思う? どっちの味方? 」
 ロレンツォは、飛鳥を盾にする。
「わからないよ。きみ達いつもイタリア語で話しているだろ。」
 この二人、本当に、仲がいいのか悪いのか……。でも、一緒に行動する時間は確かに増えて、ヘンリーにそっぽを向かれながらも、やっぱりロレンツォは、嬉しそうだ。
 それよりも、ヘンリーが判らない。寮の部屋に戻るのは、いつも消灯時間ぎりぎりで、最近、ほとんど話をしていないような気がする。
 僕よりも、ロレンツォの方が沢山話しているんじゃないかな……。
 少し寂しい気もするけれど、飛鳥は飛鳥で、自分を庇って利き腕を怪我したウィリアム・マーカスの世話を焼くので忙しい。

 ハーフタームが終わり、学校に戻ってみると、十数名もの退学生が出ていた。学寮の寮長のロバート・ウイリアムズもその一人で、暫くの間、新しい寮長の選定や空きがでた数名のセレクトの選抜やらで、ばたばたしていた。
 同じころ、オックスフォードのDクラブの起こした障害事件が大衆紙にスクープされた。
 その一つの事件をきっかけに、芋づる式にドラッグパーティーだの過去の傷害・暴行事件だのまで暴かれて、連日紙面を賑わせている。現在のDクラブに、ウイスタンの卒業生が含まれていたことから、まことしやかに、退学した生徒との関係性が取り沙汰され、校内はどこかぴりぴりしていた。

「パブリックスクールの名門校でも、物騒な事件があるんだねぇ。」
 と、自分がその渦中にいたことを忘れたような飛鳥の物言いに、
「滅多に表沙汰にならないだけで、よくある話だ。」
「みんな、金と暇を持て余して、なおかつ抑圧のはけ口を常に探しているからね。」
 ヘンリーと、ロレンツォは、顔を見合わせ苦笑する。
「お金と暇があって、やりたいことが、お酒を飲んで暴れることなんて、可哀想だね。叶えたい夢は、ないのかな?僕は、6月祭の化学発明コンクールのことでもう、頭が一杯だよ。お金も暇もないけど、やりたいことは山ほどある。」
 飛鳥の真っ直ぐな瞳を、ヘンリーは優しく見返した。
「そうだね。彼らは、夢を持つことを諦めていることの方が多いかもしれないね。」
「貴族だから? きみは? きみの夢は? 」

 ヘンリーは、一瞬驚いたように息を止め、少し考えてから、
「今は、あるよ。」
 と、微笑んで言った。
「何? 」
「復讐。」
「To be or not to be ? 」
 飛鳥は、怪訝な顔をして聞き返した。
「僕は、迷わないよ。」
「不健全な夢だね。」
飛鳥は、困ったように顔をしかめる。
「そうかな? 」
 ヘンリーは、穏やかな笑顔を崩さない。
 その笑顔が、余りにも静かで、言葉からイメージされるような恨みつらみを感じることができなくて、飛鳥はからかわれたのかと思ってしまう。
「ロレンツォは? 」
「世界征服かな。」
 飛鳥は思わず吹き出して、
「二人とも、僕は真面目に聞いているのに! 」
 と、わざとふくれっ面をしてみせる。
「大真面目だとも! 」
 ロレンツォは、いつものように大げさなジェスチャーで笑いながら言った。
「それより、コンクール楽しみだな。」
ヘンリーは、さりげなく話を逸らした。
「うん。奨学金を貰っているからね。結果をださないと。」
飛鳥は瞳を輝かせてヘンリーを見上げた。
「プレッシャーはないの? 」
ヘンリーの問いに飛鳥は首を横に振った。
「発表の機会チャンスを貰えることに感謝しているよ。」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ