挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

91/270

  春の訪れ5

 約束通り、ヘンリーはいつもより2時間早く部屋に戻ってきた。
 飛鳥は、やはりベッドの上に胡坐をかいて座っているが、今日は、その上にノートパソコンを載せている。
「ヘンリー、始めるよ。箱に付いているセンサーを見て、ペンを持って。」
 部屋の中央には、あの黒い箱が置かれている。箱の端中央に、小型のカメラのようなものが付いている。
「どのくらい、見ればいい? 」
「数秒でいいんだ。OK。」
 指示通りにペンを持ち上げると、丁度、胸元辺りに、15インチサイズのスクリーンが斜めに立ち上がった。
「へぇ、どういう仕組みになっているの? 」
「センサーで、視線を捉えて距離を測っているんだ。
 スクリーンに、絵を描いて。兎は、描ける? 」

「なんとなくは判るけれど、見本がないかな? 」
 ちょっと困ったように言うと、
「こんな感じで。」
 飛鳥は、机に置かれた自分のマグカップを指さした。そこには、兎のキャラクターが印刷されている。
「ああ、なるほど。それみたいに、服を着せるかい? どうせなら、ウイスタン校生ウイスティアンがいいかな。
カレッジ・スカラーだよ。」
 ヘンリーは、兎の絵に制服を着せ、ガウンを描き加える。
「うわ! それ、すごく可愛い! ちょっと待って、保存するから。」
 飛鳥は嬉々として、自身のパソコン画面上の、仮想スクリーンと同じ兎の画像を眺めながら、キーを叩いた。
「でも、今は駄目だよ。普通の兎のサンプルしか入れてないんだ。服なしで、お願い。
 でも、これ、本番までに動画を作るよ。ついでに、グッズも作って、6月祭のバザーで売ろうよ! 」
「こんなものがウケるのかな? 」
「ウケるよ、絶対! だって僕は、サマースクールでエリオットの制服を着たテディ・ベアのぬいぐるみ、弟のお土産に買って帰ったもの! 」
 飛鳥は、そんなものが好きなのか。
 ヘンリーは、唖然としながらも首を振って笑った。

「それより、続きは? 描き直せばいいんだね? 」
「画面の上の方に、画像編集ソフトがあるだろう?そこ、使って。」
 飛鳥も、気を引き締め直してパソコン画面を見つめ、指示を出す。
「黒で塗ってくれる? 」
 あっという間に描き上った黒兎を眺めながら、
「やっぱり、きみ、上手いね。」
 と、ため息をつく。
「これくらい上手いと、」
 飛鳥は、キーボードを叩きながら、ヘンリーに視線を向ける。
「こんな風にしても違和感がないんだ。」

 ヘンリーの描いた兎が、本物の兎になって画面から飛び出し辺りを跳ねまわった。
「ほら、ヘンリー、捕まえて! 可動範囲は、6フィート四方だよ! 」
 驚いて、立ち尽くしたまま兎を目で追っていたヘンリーは、慌てたように、兎に近寄り手を伸ばす。
だが、兎は手の間をすり抜けて逃げてしまう。そして、少し離れたベッドの上で、首を傾げてつぶらな瞳でヘンリーを見つめている。
 ひとしきり追い回したが、上手く捕まえられない。
「僕の勝ちだね。」
 兎に、いや飛鳥に勝利宣言され、ヘンリーはクスクス笑った。
「ああ、まったく敵わない。」
「いつも冷静で、物事に動じないきみを驚かせるのが、僕の生き甲斐になりそうだよ。」
 飛鳥は誇らしげに笑った。

「楽しいよ。すごく。これ、どういう仕組みだい? 可動範囲が随分と広がっているし、僕の動きにちゃんと反応していた。」
「兎を動かしているのは、僕だよ。」
 飛鳥は、ノートパソコンの画面をヘンリーに向けた。ヘンリーもベッドに腰かけ、画面をのぞき込む。飛鳥は、キーを叩いて、室内を映した画面上の兎を動かしてみせる。
「それから、あれ。」
 と、天井に取り付けたプロジェクターを指さした。
「ここで操作して、あれで投影しているんだ。」

 飛鳥は、言おうか言うまいか迷いながら、ヘンリーに、もどかしい視線を向ける。そして、ふっと目を伏せると、
「初めに作ったやつも見るかい? 」
 と、キーを叩いた。
 黒い箱の上に、手足の生えた丸い塊が出て来た。長い耳らしきものがついている。その丸いのが、辺りをぴょんぴょん跳ね回る。
「わかった! これは、トロールだね。」
 明るい楽しそうな声で、飛鳥を振り返る。
「兎だよ。」
 ヘンリーは、笑顔のまま一瞬固まって、今度は本格的に笑い出した。
「ある意味、才能だね。製図はあんなに正確に描くのに、生き物は、こんなに独創的だなんて!」
 飛鳥は、所在なさげにため息をついた。

「本番も、手伝おうか? 」
 ヘンリーは、いつもの柔らかい微笑みで、飛鳥を見つめている。
「そのために、今日、呼んだんだろう? 」
「構わない? 」
 飛鳥は、おずおずと遠慮がちに口を開いた。
「勿論。」

 ドン、ドン!
 荒っぽいノックの音に、ヘンリーは立ち上がって扉を開けた。
 顔を上気させたロレンツォが、ヘンリーの耳元で早口で囁いた。
「アスカ、続きはまた後で。」
 ヘンリーは、振り向きざま、それだけ言うとそのまま後ろ手に扉を閉め、足早に立ち去った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ