挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

90/541

  波乱の幕開け7

 『きみがフェイラーだって知っていたら、特許の話はしなかった』

 ヘンリーは、自室のベッドの上に足を伸ばして座り、唇を噛んでもう一度飛鳥の言葉を思い返していた。
 飛鳥は、このところ図書室で勉強しているため、消灯前の点呼までこの部屋にはいない。
 膝の上に置いたノートパソコンで、記憶に引っかかった言葉を検索していく。

『ベンジャミン・フェイラー大量保有株式一覧』
『マーレイ銀行大量保有株式一覧』

 杜月飛鳥、保有特許。『三次元空中映像表示装置』『レーザー媒質用石英ガラス、およびその製造方法』『光導波型ガラスレーザー増幅器、およびその製造方法』

 三つの特許のうち、一つしか飛鳥は言わなかった。蛍の映像を見せ、これが僕の望む特許の内容だと言った。

『きみだって、特許の内容を知らずに言っているじゃないか!』

 あの時、カマを掛けられて、誘導されたのだとしたら……? 
 僕はあの時、何て言った?
 特許の使用権の許可を思いつきで口にして、飛鳥はすぐにOKした。
 その後、確か、そんな大事なことに即答するな、と詰ったはずだ。
 そのとき、その特許の内容は空中映像のことだと、思い込まされた。それ以外の特許について調べようともしなかった。本当に守りたいのはこれではないとしたら……?

 いや、それ以前に、一番初めに僕が特許の話を聞いたのは、エドからだった。
 なぜ、エドがこのことを知っていたんだ?
 特許なんかに興味を持つ奴じゃないのに……。

 ヘンリーは、残り二つの特許内容に目を通す。医療用レーザーに使用する特殊ガラスの製造方法で、特にガン・エデン社や、祖父、マーレイに繋がるとは思えない。それに、エドワード……。
 レーザーガラス、ガラス、レーザー……。
 そうか! 判った!

『杜月』、フェイラー、ガン・エデン社、マーレイ銀行が一つの線で繋がった。それに、エドも。
 ヘンリーは、悲痛な面持ちで眉を寄せて、瞼を閉じた。湧き上がってくる怒りをなんとか押しとどめようと、奥歯をぎゅっと噛み締めた。
 こんなことが許されていいはずがない。
 飛鳥、僕を信じろ。
 僕を、頼ってくれ。
 ヘンリーは、祈るような気持で呟いた。


 Aレベルの試験期間中は、何事もなく平和に過ぎて行った。
 二月も半ばに近づき、もうじきハーフタームに入る。冬期Aレベル試験を終え、校内の緊張も緩やかに溶けてきていた。

「杜月先輩、Aレベルはどうでしたか?」
 授業を終え、艶やかに磨かれたオーク材の階段の先を行く杜月飛鳥を追いかけて、ウィリアム・マーカスは、終わったばかりの試験のことを訊ねた。
「うん。思ったより簡単だった。きみは?」
「ええ、なんとか」
 ウィリアムは上品な笑顔で答える。飛鳥は少し驚いたように目を見開いて、
「前から思っていたんだけれど、きみ、ヘンリーに似ているね。笑い方とか、ちょっとした仕草とか。時々、錯覚するよ」
 と、困ったように首を傾げた。
「え……。そんなふうに言われたのは初めてです」
「そう? じゃあ、僕だけなのかなぁ。もしかしたら、又、ヘンリーに怒られる! と思ってびくびくしているからかなぁ……」
「怒る? ソールスベリー先輩が?」
 飛鳥は頷いて、眉を上げお道化て言った。
「ネクタイの結び方が汚いとか、髪がぐしゃぐしゃだとか、爪が汚いとか。きみもだよ。ヘンリーみたいに煩く言わないけれど、さりげなく直すだろ? 気付いていた?」
 ウィリアムはクスクス笑って、
「ここはやはり、ソールスベリー先輩を見習って、僕も口うるさくなるべきかな?」
 と、飛鳥に優しい視線を向ける。
「勘弁してよ。お母さんが何人もいるみたい、」
 最後まで言い終わらない内に、飛鳥の身体は階段から離れ真っ逆さまに落ちていく。咄嗟にウィリアムは、段を蹴って腕を伸ばし、宙を舞うガウンを掴むと巻き込むように引き寄せ、その長い指で飛鳥の頭を庇うようにしっかりと抱きしめると階段を転がり落ちていった。



 聞き慣れた声がする。柔らかい、ひびきの良い優しい声。
「申し訳ありません。油断しました」

 これは、ウィリアム?

「十分だよ。飛鳥も、きみも、無事で良かった」

 ああ、やっぱりヘンリーの声だ……。

「杜月先輩は?」
「軽い打撲と脳震盪で、二週間は安静だそうだ」
「申し訳ありません」

 どうして、ウィリアムが謝っているの?

 飛鳥は目を開くと、声の方へ顔を向けた。
「アスカ、気が付いたかい」
 ヘンリーはほっとしたように微笑むと、そっと飛鳥の髪を撫で、
「先生を呼んで来る」
 と、急いで席を立った。

 飛鳥は、隣のベッドに横たわるウィリアムに目をやる。
 腕に包帯が巻かれ、綺麗な顔にガーゼが幾つも張られている。
「ごめん。ウィリアム。僕のせいで……」
 ウィリアムはいつもの柔らかい笑顔で首を横に振った。
「僕は、ここにいるだけでみんなに迷惑をかけているみたいだ」
 飛鳥は、今にも泣きだしそうな顔で声を震わせる。
「それは違います。先輩が僕に取って大切な存在だから、思わず手が伸びて捕まえていただけです。どうせなら、褒めて下さい」
「あり、が、と、う」
 飛鳥は声を詰まらせながらウィリアムに礼を言った。

 ヘンリーが校医を連れて戻ってきた。飛鳥は、いろいろな質問をされ、おそらく問題ないだろうと、言われたが、六時間以内は異変が出る可能性があるので、今夜一晩は医療棟に泊まって、明日、寮に戻ることになった。



「ルベリーニの名も地に落ちたな。守るという意味が判らないらしい。アスカに怪我をさせて、僕がそんな不手際を許すとでも思っているのかい?」
 ロレンツォの部屋の前までわざわざ来て、そんな嫌味を言い捨てて、ヘンリーは一言の弁解も聞かず立ち去っていった。
「くそっ!」
 ロレンツォは、自室に入るなり、本棚にあった本を片っ端から床に投げつけていった。
 肩で息をして歯ぎしりし、大きく深呼吸すると、大きな手を広げて顔覆い、今度はくっくっと笑い出した。
「俺のマスターは、容赦がないな。全く」

 ルベリーニがルベリーニである所以を見せてやる。


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ