挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

90/309

  波乱の幕開け10

 ソメイヨシノによく似た一重咲きの白い花が、久しぶりの青空にほころんでいる。五分差きくらいか。
ヘンリーのアパートメントのすぐ近くにあるハイド・パークで、飛鳥は大きく深呼吸する。
「やはり、まだ早かったね。イースターに来るといい。その頃なら辺り一面満開だよ。」
「十分だよ。やっと囚われの身から解放されたしね。」
飛鳥はヘンリーと並んでベンチに腰掛けた。

「じっとしていると寒い。鬼ごっこしよう! 」
デヴィッドが、手を振って呼んでいる。
飛鳥が、ヘンリーを見ると、
「僕はいいよ。」
と、煙草を取り出して火を付ける。
飛鳥は、みんなの方へ駆け出した。

 「随分、ごゆっくりじゃないか。」
隣に腰かけたロレンツォに、ヘンリーは開口一番嫌味をぶつける。
「掃除に忙しくてね。」
ロレンツォは、しれっと答え、眼前に広がる芝生の上を、エドワードやデヴィッドと元気に走り回る飛鳥を目で追いながら、心配そうに眉をひそめる。
「アスカは、あんなに走って大丈夫なのか? 」
「問題ないだろ。先生の話じゃ、脳震盪を起こしたのは一瞬で、そのまま過労と寝不足で爆睡していたらしいから。」
ヘンリーも、紫煙を燻らせながら、ぼんやりとその様子を眺めている。

「掃除の報酬を払おう。グラスフィールド社と、マーレイ銀行に空売りを仕掛けるといい。」
「おいおい、たかだか、中小企業に提訴されたくらいで株価は下がらないぞ。裁判の結果がでるのなんて、早くても、半年は先だろ。」
 ロレンツォは、呆れたように感情の読めないヘンリーの横顔を眺める。
「当然だ。僕の祖父が、持ち株を売るんだよ。スキャンダルが出てくるのは、それからだ。」
「スキャンダル? 」
「知りたきゃ、自分で調べろ。」
「マーレイ銀行もか? 」
「これからの銀行は全部売りだ。この1年で、資金を作る。」
「アスカの問題は、もう、済んだんだろ? 」
「馬鹿言っちゃいけない。ゲームはこれからだ。」

 ヘンリーは、煙草を揉み消しロレンツォに顔を向けると、
「もう少し機敏に動かないと、アデル・マーレイも、僕のフットマンが片付けてしまうよ。」
と、酷薄に笑い、
「デイヴ、オ二を替わるよ!」
と、負けてオニばかりしているデヴィッドに声をかけ、立ち上がって駆け出した。
歓声があがり、散らばっていた仲間が集まってくる。

 ロレンツォは、両腕を広げてベンチの背もたれに身を預け、未だ寒々とした澄んだ青空を見上げた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ