挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

89/300

  春の訪れ3

 シナリオ通りなのに、ちっとも嬉しくない……。
 ヘンリーは、つまらなそうに、通りに面したカフェのテーブルに新聞を置いた。
「ロレンツォ、月曜日に、グラスフィールド社以外の空売りを一旦全部買い戻せ。」
「なんだ、もう終わりか? 潰れたのはマーレイじゃないぞ。」
 ロレンツォも、新聞の内容はよく知っていたので、納得いかない面持ちで眉根をしかめた。
 フィナンシャル・タイムズの一面トップに、『米投資銀行ポーラーズ社破綻』の文字がでかでかと印刷されている。
「終わりの始まりだよ。」
 ヘンリーは、テーブルを指先で小刻みに叩きながら、淡々と説明した。
「だが、まずは、米政府が救済処置を出してくる。これで一旦、市場は落ち着くよ。株価は反発する。7月、8月にもう一度全力で戻りを叩く。」
 ロレンツォは、ますます訳が判らないといったふうに、畳みかけて訊ねた。
「根拠は? 」
「7月の銀行の第2四半期決算前には売り直したい。間違いなく、巨額損失を出してくる。住宅市場の崩壊が、実体経済に波及するまでには時差があるんだ。今はまだ前奏曲、本編は夏以降だ。うちのコズモスがはじき出した数字は8月。コズモスは、決して間違わない。」
 説明は、理に適っている。
 ロレンツォはそれ以上何も問わず、黙ったままヘンリーをじっと眺めた。
 ヘンリーは、いつものようにロレンツォには目もくれず、優雅にティーカップを口に運び、退屈そうに通りを行き交う人の流れを眺めている。
 傍からみたら、こんな生々しい話をしているとはとても思えない静寂が二人のテーブルを覆っていた。

 ロレンツォが知っているだけでも、ヘンリーには、すでに1億ポンド以上の利益が乗っているはずだ。
 これだけの成功を収めているのに、何だってこんなにつまらなそうな顔をしているんだ?

「あんたのシナリオ通りに進んでいるのに、英国貴族は、金儲けが嫌いか? 」
ロレンツォは我慢しきれず、納得がいかない、とでもいうように、ヘンリーに問いただした。
「そんなことはないよ。うちは、もともと商家だしね。
 ただ、米国だけじゃなく、欧州という木箱の中の林檎がさ、ポーラーズ社という腐った林檎一つ取り除いて、自分たちは違うとばかりに装っているのが滑稽でね。どいつもこいつも、いくら表面を磨いてみせても、芯は腐りきっているくせに。」
 ヘンリーは、テーブルに飾られたラッパ水仙の花びらをそっと撫でて言った。
「ゲームを楽しめるのは始めた時だけだな。どの林檎も、もう取り除かれるのを待つだけ。腐っていくさまを眺めて楽しむほど、僕は酔狂じゃないんだ。」
 そして、おもむろに顔をあげると、
「ああ、失礼。きみも同じ金融屋だったね。」
 と、口の端を上げて皮肉に嗤った。

「アスカ! 」
 ロレンツォは、道一つ向こうを行く飛鳥を、大きな声で呼び止めた。振り返った飛鳥とウィリアム・マーカスに、こちらへ来るように合図を送る。
 道を渡ってきた二人に、休んで行けと声をかけ座るように促した時、ウィリアムが、ヘンリーにちらりと視線を送ったのを、ロレンツォは見逃さなかった。
「どうぞ。」
 ヘンリーは傍らの椅子を引いて、二人に座るように勧めている。

 ヘンリーのフットマン……。
 こいつのせいで、随分と出遅れてしまった。アデル・マーレイの件にしろ、飛鳥の扱いにしろ、余りにも鮮やかにこなしてくる。

「お前、ヘンリーの親戚かなにか? 」
 ロレンツォは、ウィリアムを睨め付けながら尊大な口調で聞いた。
「いいえ。」
 ウィリアムは、柔らかく微笑んだまま首を振った。
「その瞳、ソールスベリーの家系のものだ。」
「偶然ですよ。」
「僕も、最初驚いたよ。」
 ヘンリーも、素知らぬ顔をして否定してくる。
 きょとんとしている飛鳥に、ヘンリーは判るように説明する。
「ソールスベリー家の当主は、代々、ウィリアムみたいな明るい黄緑の瞳なんだよ。僕は、久々の異端なんだ。残念なことに、母親似でね。」
「へぇ、どこの家が何色の瞳とか、そんなことまで知られているの? 」
 飛鳥は、驚いたようにヘンリーと、ウィリアムを見比べた。
「うちは、特徴的だからね。」
「ヘンリーの瞳の色も、かなり珍しいと思うけどなぁ。」
「米国の親族は、皆、この瞳だ。」
 ヘンリーは苦笑して言った。
「そういえば、コンサートに来ていた妹さんもそうだったね。」
「妹? 妹が来ていたのか? 」
 怪訝そうな顔をするロレンツォに、飛鳥は、
「ほら、きみの前にヘンリーに花束を渡していた子。ヘンリーにそっくりな。」
 と、説明する。
「あー、なんとなく覚えている。似ていたか? 全然違ったぞ。いくら兄妹でも、こいつみたいなのが、そうそういる訳ないじゃないか。」
 ロレンツォが大真面目な顔で言うので、みんなして笑い出した。

 確かに、ヘンリーみたいな人が二人といるとは思えない。存在感が違う。纏う空気が違う。モノクロの世界の中で、ヘンリーだけが色が付いているみたいに、ひとを惹きつける。

 飛鳥は、テーブルに置かれた新聞にふと目を止めた。
 ポーラーズ社破綻……。世界は今、混乱の最中なのに、ここは時間が止まっているみたいだ……。
 日本は、お父さんたちは、大丈夫なんだろうか? 裁判は、進んでいるのかな……。
 心から信頼できる友人たちとテーブルを囲みながらも、飛鳥は、カフェテラスを吹き抜けていく、いまだ冷たさの残る春の風に、幾分か心を揺さぶられ不安を巻き戻されていた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ