挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

83/270

  波乱の幕開け8

 ヘンリーのロンドンのアパートメントに招待された。
「でも、きみ、いつもマナー・ハウスに帰るんじゃ? それに、もう大丈夫だよ。頭痛も収まったし、めまいも起こさなくなったし。 」
 飛鳥は困って、断る理由をいろいろと探してみる。
「きみは、絶対安静って単語を知らないみたいだからね。僕が傍にいて、教えてあげるよ。」
 ヘンリーは有無を言わさぬ態度で、ぴしゃりと言った。
「それに、エドやデイヴも来るから、気楽に、遊びに行くくらいに思ってくれたらいいんだ。それとも、僕からラザフォード家に、きみを絶対安静にさせるようによく頼んでおく方がいいのかな? 」
 ハーフタームの間、寮に残る訳にはいかないのだから、どちらにせよ誰かの世話にならなければならない。事情を知らないアーネストたちに心配をかけるよりは……。、飛鳥は渋々ヘンリーの申し出を受けることにする。
「そういえば、ロレンツォも家に招待してくれたんだ。ロンドンで会えるかな? 」
「きみは、絶対安静、外出禁止だよ。ルベリーニを、招待するよ。」
「ありがとう、ヘンリー。」
 ヘンリーとロレンツォの間の寒々とした関係は相変わらずらしい。昨日、部屋にお見舞いに来てくれたロレンツォが、相変わらず愚痴っていた。ヘンリーを見ている限りは、そんなふうに見えないのに。



 ロンドンのナイツブリッジにあるヘンリーのアパートメントは、ヴィクトリア朝の外観とは打って変わって、洗練された白とセピア色を基調にしたモダンなインテリアの内装で、飛鳥は何故か、ほっとして嬉しそうに笑った。
 ヘンリーが怪訝そうに見ている。
「やっと、現代に戻ってこられた気分だよ。ウイスタンにいると、ずっと中世の中に迷い込んでいるようだったから。それに、きみは、お城に住んでいるのかと思っていたよ。」
「城は、こんな街中じゃなくて、領地にあるに決まっているだろう!」
 エドワードが、大笑いしながら口を挟む。
「きみの部屋に案内するよ。しばらく、休むといい。」

 案内されたのは、やはり白い壁にセピア色のベッドの置かれたシンプルな部屋で、机も椅子も垢抜けた北欧家具だ。
 ヘンリーの家って、感じがしないな。でも、生活感がないところは、やっぱりヘンリーらしい……。
 飛鳥は、ベッドに身を投げ出すとそのまま目を瞑る。
 寮にいる時よりも、ほっとする……。ヘンリーの領域テリトリーだってだけで安心できる……。僕は、随分と弱虫になったみたいだ。
 奥歯にぐっと力を入れて噛み締めても、我慢できずに涙が滲んでくる。
 一人なら、もっと楽に耐えられるのに……。

「これはもう、僕たちの手には負えないよ。父に頼む? 」
 アーネストは心配そうにヘンリーを見つめた。
セピア色の毛足の長い絨毯の敷かれたリビングルームで、ヘンリー、エドワード、アーネストは緊張感を漂わせ、難しい顔を突き合わせいる。少し離れた、暖炉の前の一人掛けのソファーでは、デヴィッドが携帯ゲームで遊んでいた。

ヘンリーは、アーネストの問には答えず、
「年が明けてから、飛鳥への嫌がらせが増えたのは、うちの、『杜月』への買収交渉が漏れているからだ。」
 イライラとした口調で、臍を噛む。
「家族を傷めつけて圧力を掛けるなんて、とても上場企業のやり方とは思えないな。それで、買収交渉は進んでいるのか? 」
「全然駄目だ。外国企業は、まるで信用できないみたいだな。まぁ、想定内さ。買収はカモフラージュだし。本筋の方は、交渉成立だ。この休み中には、新聞で詳細が読めるよ。」
 エドワードは、ぐりっと大きな目を見開いて、
「本気で、祖父さんに喧嘩を売るのか? 」
 と、呟いた。
「まさか! ちゃんと手は打ったさ。」

 ヘンリーはすかした顔で笑い、先ほどまでの緊張をほぐしてエドワードに向き合った。
「それにしても、きみにはまんまと騙されたよ。知っていて、黙っているなんて。」
「国家機密だからな。ちゃんと、飛鳥を守るように言っただろ?お前だって、俺に、何も言わないじゃないか。お互い様さ。」
 エドワードは、にやにや笑いながら答える。
「おかげで、随分と回り道させられたよ。」
 単純そうに見えて、本当に、食えない奴……。
 ヘンリーは眉を寄せて苦笑し、真剣な眼差しで真っ直ぐにエドワードを見つめた。
「それで、国防省は、乗ってくれるのかい? 」
「親父に聞いた分には、大丈夫だ。英国は、今の均等が壊れることを望んでいない。」
「英国自体が欲しがることは? 」
 ヘンリーは、慎重に質問を重ねる。
 エドワードは首を振った。
「飛鳥が英国内にいる分、有利だしな。それ以上は、今は望まないそうだ。アメリカみたいに焦った真似をすると全てを失う羽目になる。」
「完璧な解答だ。」
 ヘンリーは、ソファーにもたれてくっくと声を殺して笑った。
「アーネスト、頼めるかな? これで、後のことは大人が解決してくれる。」



 飛鳥は、あてがわれた部屋の窓から、すぐ下方にある中庭を見下ろしていた。
ここに来て、もう1週間? のんびりし過ぎて日にちや曜日の感覚が判らなくなる。
「はい。」
 ノックの音に、飛鳥はドアを開けた。
ペールブルーのシャツに同系色のざっくりとしたセーターを着たヘンリーが立っている。
「おはよう。今朝は天気がいい。朝食を温室で食べないかい? 」
その誘いに飛鳥は頷いて、後に続いた。

 アパートメントの温室は、温室と言っても植物を育てているわけではない。
中庭に面したガラス張りの一室で、暖かい室内からガラス越しに、庭の緑を一望できる。
石塀に囲まれた狭い庭の所々に植えられた常緑の植物の間に、ラッパ水仙や、クロッカスが可憐な花を咲かせていた。
 「もうじき、春だね。日が昇るのも早くなってきたし。」
飛鳥は、のんびりと庭を眺めながら、紅茶のカップを口に運ぶ。

「クロッカスが咲くと、スノードロップは終わり、春が訪れる。知っているかな? スノードロップは、辛い冬の終わりと、春の訪れを告げる、『希望』と『慰め』の花なんだよ。今年も、無事その役目を果たして春を届けてくれた。午後から、桜を見に行くかい? もう咲き始めているそうだよ。」
「まだ、2月なのに! こっちじゃ、こんなに早くに咲くんだ! 」
「今年は暖かいからね。今咲いているのは、日本の桜とは種類が違うらしいけど。日本の桜はもう少し遅いらしいよ。それで構わないなら。」

 ヘンリーは、先に朝食は済ませていたが、お茶だけ飛鳥に付き合いながら、新聞を読んでいる。
「絶対安静。外出禁止はもういいの? 」
「調子も良さそうだしね。」
 顔をあげ、飛鳥を見て微笑んだ。そして、新聞を差し出すと、
「ここに、きみの家の会社の記事が載っている。」
と、長い指で、小さな記事を差し示した。

『日本の中小企業が、米ガラス最大手グラスフィールド社を提訴』

 飛鳥は、新聞を掴むと食い入るよう見つめた。
「どういうこと? 」
「法律用語が判らない? 」
ヘンリーの問いかけに飛鳥は首を振ると、
「どうして、こんなことをしたのかが……。 僕は、何も聞いていない。」
「契約違反と、特許侵害だろ。別に変じゃない。当然の権利だ。」
「うちには、裁判に持ち込めるだけのお金がもう……。」
「勝てる裁判なら、やりたがるやつもいるってことさ。1億ドルの賠償請求だろ? 裁判費用ぐらい、すぐ取り返せる。」
 ヘンリーは、流れるように返答する。
飛鳥は、新聞から目を離し、ヘンリーを凝視した。

「きみ、何かした? 」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ