挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

81/302

  波乱の幕開け6

 「アスカ、その手はどうしたんだ? 」
 ヘンリーは、パソコンのキーボードを叩く飛鳥の右手に巻かれた包帯を見咎めて、顔をしかめた。
 飛鳥は、大きな明るい瞳で振り返ると、
「化学クラスの実験で、フラスコが爆発して火傷したんだ。でも、大したことないよ。ほら。」
 と、手を握ったり開いたりしてみせる。
「ウィリアムのお陰で助かったよ。」
 ウィリアム・マーカスが咄嗟にガウンを翻して庇ってくれたので、この程度の怪我で済んだ。ウィリアムは、いっこ下で理系科目とスポーツ選択が飛鳥と被っていて、最近良く話すようになったのだと、飛鳥は嬉しそうに説明する。
「彼も、元エリオット生なんでしょ? 知っている? 」
「優秀だからね。」
 と、ヘンリーは軽く頷いた。
「優秀といえば……。Aレベル、来週からだね。ヘンリーは、もう終わっているんだったね。僕も、頑張らなきゃ……。」
「邪魔しないように、もう黙るよ。」
 二人は顔を見合わせて微笑むと、互いの机に向き直った。
 机についたまま、窓から中庭を眺めていたヘンリーは、暫くして立ち上がり部屋を出た。

 Aレベル試験が近いせいか、いつもなら数人の生徒に占拠されている談話室には、誰もいない。
 チェス盤を挟んで対座するソファーに腰かけ、ヘンリーは、ウィリアムに問いかける。
「何回目だ? 」
「厩舎を含めると4回目です。」
「何か、おかしいと思わないかい? たんに僕への嫌がらせとは思えなくなってきた。」
 ヘンリーは、チェスの駒を動かしながら、眉をひそめる。
「それに、アスカも変だ。厩舎の時にしろ、度重なる怪我にしろ、誰にやられたって、絶対に言わないし、訊ねない。相手を恨んでいる様子もない。スゥイフトとすれ違った時だって、顔も覚えていないようだった。」
「トヅキ先輩は、自分が狙われている自覚があるようですね。自分の傍にいない方がいい、と言われました。」
 ウィリアムはポケットから折りたたんだ紙片を取り出すと、ヘンリーに渡し、黒の駒を動かす。
「今までの加害者リストです。」
「階級は、ばらばらだな。」
 ヘンリーは、紙片にちらりと目をやりポケットにしまう。
「ガイ・フォークスから、2回目は年明け、間が空いているな。」
「1回目は、警告でしょう。杜月先輩は、何か脅迫されているのではないですか? 」

「教えてやろうか?マイ・ロード 」
 戸口にロレンツォ・ルベリー二が立っていた。
 ヘンリーは眉をひそめて冷たく、
「結構だよ。」
 と、顔を逸らす。
「相変わらず、俺の忠誠は信じて貰えないんだな。」
「高くつくって知っているからね。」
「そんなもの!」
 ロレンツォはジェスチャーで大げさに嘆いてみせ、
「じゃ、アスカは俺が守るよ。」
 と、態度を変えて真剣な顔でヘンリーを鋭く見据えた。
 ヘンリーは黙ったまま伏せていた睫毛をゆっくりと上げ、ロレンツォを睨め付ける。
「きみの手は借りない。」
 冷たく睨みあった後、ヘンリーは話を打ち切るために立ち上がった。
「あんたの手には余る。アスカは、俺がもらう。」
「結構。お手並み拝見しようじゃないか。できるものならね。」
 ヘンリーは、もうロレンツォと視線を合わすこともなく部屋を後にした。
 ウィリアムは、ロレンツォに軽く会釈をしてその後に続く。

 「さすがだな。ルベリーニの情報網は。」
自室に向かう階段を上がりながらヘンリーは誰にというでもなく呟いた。
そして、一歩後ろから続くウィリアムを振り返ると、声をかけた。
「もう一度、資料を洗い直せ。」

 何かを見落としている。
 飛鳥には、ルベリーニすら欲しがる何かがあるはずだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ