挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

76/377

  クリスマス・マーケット2

 「今日は随分ご機嫌だね、ロレンツォ」
 飛鳥は、自習室でラテン語をみてくれているロレンツォに呆れ返りながら、小さなため息を付いた。さっきからこれじゃあ勉強にならない……。
 部屋に入って来た時から、全身幸せオーラを纏っていたロレンツォは、浮かれた口調で、
「聞いてくれるかい? その訳を!」
 と、大げさな身振りで飛鳥をじっと覗き込む。
 飛鳥は困って、頷くしかない。
「ヘンリー・ソールスベリーが、初めて話しかけてくれた!」

 まさか、今朝のあれ?
 飛鳥は顔を引きつらせながら、訊ねる。
「ロレンツォ、きみ、ヘンリーと知り合いだよね」
「ヘンリーのことは、昔から知っているよ。一方的にだけどね」
 と、ロレンツォは、内ポケットから写真ケースを取り出して飛鳥に見せた。
「うわ! すごく可愛いね。いや、綺麗っていうべきなのかな」
 柔らかな皮製のケースに入った写真の中には、古風なドレスを着て花冠を被った可憐な少女がいた。
「初恋なんだ」
「わかるよ。こんな子に出会ったら、速攻で恋に落ちちゃいそうだね」
「だろう! お前なら判ってくれると思っていたよ! ひと目惚れなんだ。すぐに抱えきれない程の、深紅の薔薇の花束といっしょにプロポーズしたよ」
 飛鳥は、その写真の少女に見とれながらも、何故か腑に落ちない感じがした。

 どこかで、会ったことがあるような……。

 ロレンツォは、思い出を噛み締めるように、目を細めた。
「彼女は、その中の一本を抜き取ると、俺のスーツのボタンホールに差して、こう言ったんだ。『聖ジョージの日、おめでとう』……。そして、周りにいたほかの奴らに、同じセリフを言いながら、俺の薔薇を一本一本配っていった……」

 まさか……。

「これ、ヘンリー?」

 かわいそうな、ロレンツォ……。

 飛鳥の同情的な視線に、ロレンツォは言い訳をするように手を振った。
「俺は、ゲイじゃないよ。でも、あの日の、可憐で、純粋無垢で、その上近寄りがたいほどに高貴なあの美しさが忘れられないんだ。あれから何度手紙を書いても、プレゼントを贈っても、全部送り返されるし。ただ、友達になりたいだけなのに……」

 日本じゃ、そういうのストーカーて言うんだよ。

 飛鳥は、顔を強張らせたまま言葉を呑み込んだ。
「それが、彼の方からこの学校に来てくれるなんて! 神よ、感謝します!」
 ロレンツォは、胸の前で手を組み合わせて天を仰ぐ。

 可哀想なのは、ロレンツォなのか、ヘンリーなのか?

 飛鳥は、
「でも、その写真の彼女は、ヘンリーだけどヘンリーじゃない。何かの仮装しているんでしょ? 今のヘンリーにそれを求めるのはおかしいよ」
 と、慰めとも諫言ともつかない言葉を口にした。
「そうじゃないよ。俺は、彼のあの高貴な魂に魅かれているんだ。男であろうと、女であろうと関係ない。アーサー王に忠誠を誓う円卓の騎士のようなものさ」
「ヘンリーに、好きな人がいても?」
「変わらない。それに、知っている。有名だからな」
「有名って?」
「これだろ?」
 ロレンツォは、左腕を持ち上げ、その内側に指で一本の線を引く。
 怪訝そうな飛鳥の表情に、
「なんだ、知らないのか?ヘンリーの女はカラードらしい。エリオット校の正餐会で、そのことを侮辱されて、その場で自分の腕を切り裂いて、皮膚の色が白だろうが黒だろうが、その下に流れる赤い血は人間、皆、同じだ。ブルー・ブラッドよりも、ノブレス・オブリージュこそが貴族の証だと啖呵を切ってエリオットを退学してきたんだ。お前らみたいな馬鹿どもとはいっしょにいられないってな」
 飛鳥は唖然と目を見開いたまま、かろうじて訊ねた。
「ブルー・ブラッドって何?」
 ロレンツォは、袖を捲って自分の白い腕を見せた。
「ほら、静脈が透けて見えるだろ? 日焼けしていない、労働していない白い肌の血脈、つまり貴族のことだ。要するにな、貴族の血統の上にのさばり返って、他を侮辱し、本来の貴族の所為である義務を果たす事を忘れた連中と、ヘンリーは、袂を分けたのさ」
「彼女を侮辱されたから?」
 ロレンツォは、頷いて自慢そうに微笑んだ。
「男なら、そんな風に愛を捧げてみたいだろ? 誰か一人に。俺にとっては、それがヘンリー・ソールスベリーだったてことだ」

 そんな風に愛されたいのではなくて、愛したい、ヘンリーのように……。

 怖いよ、僕は……。そんな風に愛されるのも、愛するのも。
 all or nothing (全てか無か) じゃないか、そんなの。
 これが、文化の違いってやつ?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ