挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

73/468

  ガイ・フォークス・ナイト9

「学寮の上映会場は、ここで合っていますか? パンフレットにのっているのと違うんですが」
「ここですよ。パンフレットは、記載ミスで、雨天の場合の会場なんです。立ち見席しか残っていませんが、かまいませんか?」
 上映会受付では、会場時間になっていきなりチケットが飛ぶように売れ出して、用意した百席分が、完売したところだった。
「それにしても、よくここまで間違わずに来られましたね?」
 ロレンツォは逆に気になって、観光客らしい相手に聞いてみた。
「これです。帰る前にもう一度チェックしていて気が付いて」
 と、その男は、発売されたばかりのスマートフォンの画面を見せた。そこには、

 『ガイ・フォークス』学寮映画上映会
 ヘンリー・ソールスベリーBGM生演奏

 と、時間と場所が詳しい地図付きで記載されている。

「本当は、帰る予定だったんですけどね。あのアーサー王が演奏するんでしょう? これは、見なくちゃぁ。ほら、動画サイトでも生中継が始まっている。予告アップが遅かったのって、やっぱり混乱を避けるためですか?」
 ロレンツォは、狐につままれた面持ちで曖昧に返事をして、素早く辺りを見回した。次々と来る客の対応で気が付かなかった。あちこちにビデオカメラらしきものが設置されている。
 三方を石塀に囲まれ、小さなスタッフテントとパイプ椅子の並べられた僅かな客席で一杯の狭い空間は、すでに人で溢れかえっていた。
 もうじき始まるというのに、飛鳥はまだ戻らない。


「待て、ここからカメラの視覚に入る」
 会場前方に通じる細い裏道で、エドワード・グレイが小声で二人を制した。
「五分遅刻だ。ロレンツォが時間を稼いでいる。急げ」
 エドワードは、ヘンリーにヴァイオリンとガウンを渡しながら、
「それにしても、すごい恰好だな」
 と、苦笑した。

 ヘンリーは泥の散ったスラックスに、くしゃくしゃのシャツとウエストコート、ネクタイまで泥で汚れている。
 飛鳥に至っては、泥まみれのうえに、サイズの大きすぎるヘンリーのジャケットを着て、長すぎる袖を捲り上げていた。
「ほら、飛鳥、これを飲んでおくといい。少しはマシになるぞ」
 エドワードは、飛鳥に牛乳を渡した。
「ありがとう」
 飛鳥は顔をしかめて、我慢して生ぬるい牛乳を飲みほした。
「行くね」
「アスカ」
 テントまで駆けだした飛鳥が振り向くと、ヘンリーは小さな袋を投げてよこした。
「英国産だが、我慢しろ」
 飛鳥は頷いて、手の中のものをそのままポケットに突っ込んだ。

 飛鳥の姿を見つけて、何人かがバラバラと駆け寄ってきた。
 正面中央で挨拶していたロレンツォもほっとして、ラテン語の栄唱で挨拶を締めくくった。


 会場からの拍手の後、いよいよ上映会が始まった。
 ライトに照らされ、真っ暗な会場に、霧が立ち込めるようなスクリーンが現れた。細かく揺れる画面に、『ガイ・フォークス』の題字が映しだされる。
 まるでオーロラのような、光の上に再現されるガイ・フォークスの物語は、リアルなCGアニメーションだ。
 明度の高い画面の向こう側には古色蒼然とした石塀が薄っすらと透けて見え、何百年も昔の歴史を覗き見ているような錯覚を起こさせた。
 客席に配られた3D眼鏡をかけた観客は、時には余りの迫力に悲鳴を上げ、立ち見客は、食い入るように画面に見入っている。
 画面が変わる度、スクリーンが風に煽られるように揺れ、それはまるで歴史が、記憶のページを一枚一枚捲っているようだった。
 画面には、冒頭から、静かだが荘厳なヴァイオリンの調べが追従していた。全体を暗く、沈んだ音で満たしていたその調べは、ガイ・フォークスの処刑場面で最高潮に達する。
「呪われたもの!」
 客席で、誰かが小声で呟いた。
 ヘンリー・ソールスベリーを見に来た観客たちは、姿の見えない彼のことなどすっかり忘れて、画面に釘づけられていた。
 画面上でガイ・フォークスは、首に縄をかけられ絞首刑にされるが、縄の長さが合わず、地面に叩きつけられる。
 そこで、スクリーンごと映像は消え、画面は真っ暗になった。

 ほう、とため息が聞こえ、パラパラと拍手が起こり始めた。
 その時、正面スクリーンの手前に置かれた環状の機材から、いっせいに霧状の炎が燃え上がった。炎の中央には、幽霊のようにぼやけて歪んだガイ・フォークス人形が身もだえしながら、苦悶の唸り声をあげている。客席から恐怖の叫び声が上がった。

「ヘンリー、ごめん! 言っていなかった!」
 近付こうとする飛鳥を、ヘンリーは目で制した。
 飛鳥は、急いでポケットからメモを取り出すと走り書き、ヴァイオリンを弾くヘンリーに向ける。
『あと三分十秒』
 ヘンリーは視線で了解を告げ、曲の速さに若干の調節を入れ始めた。

 最後の場面は、僕とロレンツォしか知らない。
 ヘンリーがレクイエムを弾いてくれることを、僕も知らなかったけれど……。


 炎の後ろに、再びスクリーンが浮かび上がった。

『父よ、彼らをお赦下さい。自分が何をしているか知らないのです』

『イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出して下さい』

『あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる』

 画面に十字架上のキリストと強盗の言葉が、一行ごとに映し出される。キリストの十字架と死は、罪人の救いのためであることを教える、キリスト教徒ならすぐに判る場面の言葉だ。
言葉が入れ替わるたびに、前面の炎が小さくなり、遂には消えていった。

 残されたガイ・フォークス人形に、天から一筋の光が降りてくる。光は幾筋にも広がり辺りを照らしていった。光の中に、金紛が散り乱れ、ガイ人形の頭上には天使が降りてくる。

 ロレンツォ・ルベリーニを先頭に、上映会スタッフが進み出て一列に並んだ。
 その背後には、もうガイの人形も天使の映像もない。ただ金の光が舞っている。

「Quia tuum est regnum, (国と力と栄光は、)」
 ロレンツォに続き、スタッフ全員の声が栄唱する
「et potestas, et Gloria in saecula. (永遠にあなたのものです)」

 全員でガウンを翻し、深く礼をして上映会は終わりを告げた。
 再び暗闇に包まれた後、ポツリ、ポツリと明かりが灯されていった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ