挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

第二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/541

  ガイ・フォークス・ナイト6 

 「おいハリー、このパンフレット、お前が言っていた内容と違うぞ」
『ガイ・フォークス・ナイト』を5日後に控え、エドワード・グレイが馬場から戻る途中のヘンリーを捕まえ、小声でささやいた。
 ヘンリーは、眉をひそめて、刷り終わったばかりの、きついインクの臭いのするパンフレットを眺めながら、
「やっぱり、仕掛けてきたね」
 と、小さくため息を付いて言った。
「なんだって、同じ寮内でこんな馬鹿なマネするんだろうね」
「全くだな。お前にケンカ売るなんて気が知れないな」
「まだ、自覚が足りないんだ。相手は僕だってことが判っていない。残りの日数でどのくらいできる?」
「予定通りさ」
 エドワードはヘンリーの肩を組んでクスクス笑った。
「せいぜい楽しい祭りにしようぜ」




「映画班のロレンツォ・ルベリーニさん?」
 ノックの音でドアを開けると、噂の東洋人が立っていた。
「ご相談したいことがあるんですが」
「入れよ」
 ロレンツォは、顎をしゃくって部屋に入るように促した。

 ロレンツォ・ルベリーニは、最終学年のイタリアからの留学生で、ダ・ヴィンチの描く洗礼者ヨハネによく似た、黒髪に生き生きとした黒い瞳の長身の若者だ。
 どこにいてもすぐに判るほがらかな笑い声と華のある雰囲気で、寮でも、校内でも人気者だが、「これは人間の食べ物じゃない」と、寮の食堂で食事することはなかったので、飛鳥と顔を合わすことは滅多になく、言葉を交わすのも初めてだった。

「映画のラストシーンに手を加えたいんです」
 飛鳥は手にしたノートを開き、手描きの絵コンテを見せた。
「セリフはないので、映像処理だけでも。もしも難しかったら、僕が……」
 渡された絵コンテをじっと睨み付けるように凝視していたロレンツイオは、眉根を寄せて視線を飛鳥に移す。
「本当に、これをやる気か?」
 飛鳥は神妙に頷いた。
「ブラヴォー! この閉鎖的で陰気臭い英国にも、お前のような奴がいるんだな!」
 飛鳥は腰かけていた椅子から曳き立たされ、思いっきり抱きすくめられていた。
「やろうぜ! まかせろ! 最高のラストシーンを作ってやる!」
 ロレンツォは、飛鳥を放すと椅子に座り直し、まだ驚きから覚めずに心臓をバクバクさせている飛鳥に、しかめっ面の、それでいて真剣な顔を近づけて言った。
「あいつらにバレないように、計画の詳細を詰めようぜ。バレたら絶対邪魔される。当日まで、隠し通すんだ」
 そして、楽しくて堪らなそうに破顔一笑すると、片目を瞑ってみせた。




「あとは……」
 自室に戻った飛鳥は、ベッドに倒れるように寝ころがって思考を巡らせる。
「疲れた。糖分が足りない……」
 目をぎゅっと瞑ると急激に眠気が襲ってきた。

 どのくらい眠っていたのか、次に目を開けた時には、ヘンリーが戻って来ていた。
 久しぶりに、窓辺でヴァイオリンを弾いている。彼には、音色が聴こえているみたいだ。聞こえない僕の耳の方がおかしいんじゃないかと思えてくる。ヘンリーは、何度も演奏を止め、時計を見ては紙に何か書きこんでいた。
 飛鳥は、ずっしりと重たく感じる自分の身体を無理やり曳き起こした。
「邪魔してごめん、ヘンリー。砂糖、持っていない? できたら、角砂糖」

「あるけど……。お茶を入れようか?」
 ヘンリーは、ヴァイオリンを置いて、飛鳥のベッドへ歩み寄った。
「砂糖が食べたい。頭が働かないんだ」

 ヘンリーは、棚からシュガー・ポットを持ってくると、蓋を開けて飛鳥に渡し、そのままベッドの端に腰を下ろす。
 飛鳥は疲れた顔で壁にもたれたまま受け取ると、中から角砂糖を摘まんで口に入れ、ガリガリとかみ砕いた。
「ありがとう。助かった。僕は糖分がないと駄目なんだ。このところ、食べるペースが速すぎて、在庫が切れちゃった」
「そんなに角砂糖食べていたっけ?」
 飛鳥は首を振って、
「いつも食べていたのは、日本から持ってきたブドウ糖。こっちでも、買えるのかなぁ?」
「日本から輸入したら?」
「そうだね。そうしようかな、食感が変わると嫌だし……」
「随分と、疲れているみたいだ。無理をしすぎじゃないのかい?」
 ヘンリーは腕を伸ばして、熱を測るように飛鳥の額に触れる。
「最後の部分が、納得できないんだ。もっとこう……。炎を、こう……」
 疲れと、眠気で頭の中で炎がクルクルと回り出した。
 飛鳥は、また、ズルズルと倒れ込むと、
「ヘンリー、さっきは、上掛けを掛けてくれて、ありがとう。お陰で暖かかったよ」
 と、寝言のように言って眠りに落ちた。

 ヘンリーは、飛鳥に上掛けを掛け直し、倒れたシュガーポットを拾って飛鳥の机の上に置いた。
 何かに打ち込むと夢中になるところ、それなのに体力がなくてすぐにヘタってしまうところ、角砂糖をガリガリかじるところまで似ているなんて……。

 ヘンリーは、飛鳥の顔にかかる髪を軽く指で梳いて、柔らかい笑みを浮かべた。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ