挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
胡桃の中の蜃気楼 作者:萩尾滋

序章

7/345

ハ―フターム

 待ちに待ったハーフタームになり、ヘンリーが帰ってきた。
「サラ、なんだか熱いよ。熱があるみたいだ。」
 正面玄関で出迎えてくれたサラの頬に、ただいまのキスをしたヘンリーは、眉根をしかめて顔を離した。
 サラは、小首をかしげる。
「寝てないの?」
 首を横に振る。ヘンリーは、サラの手首を掴んだ。やはり熱がある。
「部屋に戻ろう。」
 そのままサラの手を引っ張って歩き出す。
 サラは、素直に従いながらも、潤んだ瞳でじっとヘンリーを見つめている。
「熱だけかな?頭は痛くない?咽喉は?」
 サラはまた首を横に振った。
 来たばかりの頃のサラに戻ったみたいだ……。
「サラ、何かしゃべって。」
 ヘンリーは、困惑した表情を見せて言った。
 サラは、立ち止まり、長身のヘンリーを見上げて、甘えた声で小さく呼んだ。
「ヘンリー。」
 ヘンリーの表情が和らぎ、笑みがこぼれる。
「ヘンリー。」
 もう一度呼んだ。サラの頬も、自然にほころんでくる。
「ヘンリー。」
 ヘンリーは嬉しくなって、サラのこめかみにキスした。
「サラ、淋しかった?」
「ヘンリーも、ファッジを食べる?」
「ファッジ?サラは、ファッジが好きなの?」
 サラは嬉しそうに頷いた。

 案の定、サラは風邪をひいていたらしい。薬を飲ませるとそのまま、夕食も食べずに寝てしまった。どうも、サラには薬が効きすぎる気がする。ここに来たばかりの時も風邪をひいて、風邪薬を飲ますと、まる一日爆睡していた。

「楽しみにしていたのに。」
 夕食を終え、自室に戻ったヘンリーは、不機嫌そうに呟いて、ヘンリーの荷物を片付けているメアリーに声をかけた。
 メアリー・ボイドは50代の小太りの女性で、マーカスと同じくヘンリーが生まれる前からこの屋敷で働いているベテランの家政婦だ。
「原因は何?また、水のシャワーを浴びたんじゃないだろうね。」
 サラは綺麗好きで、毎朝5時頃にシャワーを浴びる。インドでの習慣なのだろうが、ここではさすがに無理があった。夏でも、朝晩のイギリスの気温は低く、水浴びには向いていない。サラはてきめんに風邪をひいた。
「疲れがでたんじゃないですかねぇ。2週間もの間、地下室に籠っておられたので。」
「そう、それも聞きたかったんだ。」
 ヘンリーは、ベッドにごろごろと転がりながら、メアリーに顔を向けた。
「スミスさんと、もう一人来ているって?」
「スミスさんも、エンジニアの方も昨日帰られましたよ。」
「そのエンジニアがファッジか!」
「ファッジ?」
 ヘンリーは、勢いよく起き上がるとベッドに腰かけて息巻いた。
「菓子でサラを釣るなんて!」
 メアリーは、片付けの手を止めて、身体を揺すって笑った。
「おや、まぁ、坊ちゃん、焼きもちですか?」
「笑うなよ。メアリー。……。僕も何か買ってくれば良かった! 」
「私はよくは知りませんけどね。マーカスさんの話じゃ、地下の機械が出来上がる頃には、同じテーブルでお茶を飲むぐらいに、仲良くおなりだそうですよ。」
 メアリーは、愉快そうに言った。
「あ~あ、サラにいろいろ聞きたいのに、風邪だなんて……。すぐ、治るかなぁ、メアリー? 」
「治りますとも。」



 「できたか?」
 ノックの音とほとんど同時に、ジョン・スミスが部屋に入ってきた。
「まだですよ。勿論。」
 ロンドン市内にある自宅フラットの書斎で、デスクトップパソコンに向かって作業していたエンジニアは、振り返ることすらせずに返答した。広い机には、大きく引き伸ばされた写真が散乱している。サラと共に組み立てていた基板の写真だ。
「あと15台分です。」
 エンジニアは、写真の基板配置を画面上に置き換えて設計図を画いている。
「まぁ、先に食べろ。冷めてしまう。」
 スミスは、瓶ビールの栓を抜きグラスに注ぎながら言った。
 やっと、エンジニアがこちらを向いた。
 ローテーブルに置かれたフィッシュ&チップスを見て、
「お、『ジョージズ』ですか。」
 と、立ち上がりスミスの向かいの一人掛けソファーに腰かけ、注がれたばかりのビールを一気に飲んだ。
「見本と、おれが組んだ16台の、合わせて17台以外、全部使われているパーツの種類と数が少しずつ違うんですよ。」
 エンジニアは、イライラをぶつけるように少し冷めたフライに大きくかぶりついた。
「配線を見るまで、気が付かなかった。」
「お陰で、こっちは夜中に写真撮影会だ。」
スミスは、ゆっくりとビールを飲みながら嫌味たらしく呟いた。
「なんだって、そんなこそこそと隠れて写真を取らなきゃいけないんです?同時進行でやっていけば早かったのに。」
「あの子は、フラッシュとシャッター音が嫌いなんだ。パニックを起こす。」
「魂を抜かれるとか?」
 エンジニアは、食べかけのフライを置いて、2本目のビールを、そのままぐびぐびと飲んだ。
「殺されたんだよ、祖父を。目の前でな。」
 エンジニアは、むせそうになりながらビールを飲み下す。
 スミスは、食べるのを止め、煙草に火をつけた。
 その間、エンジニアは、話の続きを待っていた。
「まだ聞きたいのか、食事中に? 」
「ここで、止められるわけがないでしょう! 」
「なら、先に食べてしまえ。食欲がなくなるぞ。」
「平気ですよ。教えて下さい。」

 「もともと、この廉価版スーパーコンピューターの設計は、うちの会社が、あの子の祖父に依頼したものだったんだ。」
 スミスは、思い出すのも苦々しそうに話し始めた。
「お前が組んだ16台、あれと同じ物を50台組むはずだった。ところが、途中から変更になり、チームの皆が締め出しをくらって、極秘で進められることになった。彼は、いつも孫を同伴してきていた。彼が設計者でチームの責任者だ。誰も、文句を言わなかった。邪魔にもならなかったしな。」
 スミスは、煙草を深く吸い込み、ゆっくりと吐き出す。
「だが、そのせいで、あの子は誘拐されたんだ。産業スパイの雇ったマフィアにな。スパコンの設計図と引き換えだ。だが、その要求を聞いて、あの男は泣き出したんだよ。そんなものはないと。」
 エンジニアは、顔をしかめたままじっと聞き入っている。
「設計していたのは、サラだ。サラは、設計図がかけないんだ。いや、正しくは、サラの画いた設計図は、誰にも読めない、理解不能だ。だから、サラの祖父もパーツを直接組ませて、そこから図面に起こしていたんだ。俺たちみたいにな。」
 スミスは、煙草をもみ消し、グラスを手に取った。
「それで、どうなったんです。」
「ん? サラの祖父はマフィアと交渉に行き、あと少しというところで、先走った警官が発砲して、銃撃戦になって死んだよ。あの子を庇ってな。」
 エンジニアは、身じろぎもせずに聞いていた。歯を食いしばっているのか、唇が震えていた。
「おれも、その場にいたんだよ。報道陣も何人かいた。銃撃が止むと、あの子の安全を確認するよりも先に、あの子と、その上に覆いかぶさって死んでいるあの子の祖父に向かって、大量のフラッシュが焚かれたのさ。」
 エンジニアは、その大きな両手で顔を覆った。
「あんなに、小さいのに、そんな惨い目に……。」
「いまだに、あの時の血だまりが、目に焼き付いて離れない。」
「行きで、話していたこと、冗談だと思っていました。」
 エンジニアは、手で顔を覆ったまま、絞り出すように言った。
「冗談さ。」
「今の話が、本当なんですね。」
 スミスは、答えなかった。
「サラがもう一度やる気になってくれて助かったよ。
あのままじゃ、うちは大損害だった。」
エンジニアは驚愕して、顔を覆っていた手を下して握りしめ、スミスを睨み付けた。
「ランチを済ましてしまえ。『ジョージズ』のだぞ。」
「捨てて下さい……。」
 スミスは、二本目の煙草に火をつけた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ